スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

iPhone 8/8 Plusの(PRODUCT) RED Special Edition発売 ドコモ/au/SoftBankでも予約開始

iPhone 8/8 Plusの(PRODUCT) RED Special Edition発売 ドコモ/au/SoftBankでも予約開始

新色かっこいい…!

iPhone 8およびiPhone 8 Plusに今年も春の新色として(PRODUCT) RED Special Editionが追加されました。

前回の7同様の(PRODUCT) RED Special Editionですが今回は前面パネルがブラックカラーになっているため、ホワイトの7よりも赤の映え方がより際立っています。

前面がブラックになったことでよりカッコよさを感じるデザインになっており、個人的には今のホワイト8を売って新たに買いなおそうかとも思っているほどにカラーリングを気に入っています。

こちらの(PRODUCT) RED Special Editionが各キャリアにおいても予約及び販売が行われるためそれぞれのスケジュールを確認しておきましょう。

スポンサードリンク

ドコモ

ドコモでは(PRODUCT) RED Special Editionの発売日が各キャリアの中では1日遅れでの販売になります。

  • 予約受付:4月11日 9時
  • 購入手続き開始:4月13日 10時
  • 発売開始:4月14日
販売価格 月々サポート 実質価格
iPhone 8 64GB 88,776円 ▲2,403円 31,104円
256GB 106,920円 ▲2,376円 49,896円
iPhone 8 Plus 64GB 100,440円 ▲2,376円 43,416円
256GB 118,584円 ▲2,376円 61,560円

https://www.mydocomo.com/onlineshop/products/iphone/index.html

 

au

auはドコモよりも早いタイミングでの予約及び発売となります。

  • 予約受付:4月10日 21時30分
  • 発売開始:4月13日
販売価格 毎月割 実質価格
iPhone 8 64GB 91,440円 ▲2,670円 27,360円
256GB 109,680円 ▲2,670円 45,600円
iPhone 8 Plus 64GB 103,200円 ▲2,670円 39,120円
256GB 121,680円 ▲2,670円 57,600円

https://www.au.com/iphone/

 

SoftBank

SoftBankでもauと同じように発表とほぼ同じタイミングでの予約開始と発売時期になります。

  • 予約受付:4月10日 21時30分
  • 発売開始:4月13日
販売価格 月月割 実質価格
iPhone 8 64GB 94,320円 ▲2,810円 26,880円
256GB 112,560円 ▲2,810円 45,120円
iPhone 8 Plus 64GB 106,080円 ▲2,810円 38,640円
256GB 124,560円 ▲2,810円 57,120円

https://www.softbank.jp/mobile/iphone/iphone-8/#price

 

ドコモ版以外は13日から発売開始です。

価格の変更等はなく、従来のiPhone 8と同一の価格を割引がそれぞれ適用されるようになっています。

 

機種変更をするならオンラインショップの利用をおすすめ

もしも機種変更で今回の(PRODUCT) RED Special Editionを契約するようでしたら、各キャリアでの契約はオンラインショップをおすすめします。

iPhone 8/8 Plus (PRODUCT) RED Special Editionに限りませんが、スマホの契約を店頭ショップで行おうとした場合、今回紹介している価格の他にも頭金の支払いが課せられることが良くあります。

この頭金については他の記事で詳しく書いていますが、要は頭金が付けられたスマホの契約はほぼほぼ値上げされたと同義であるため、頭金付きで機種変更をするとその頭金の支払い分だけ損をしてしまうことになります。

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について | スマホ辞典

ドコモやau、iPhone・スマホ契約時の『頭金』について | スマホ辞典

このため頭金を付けずに機種変更をするのがスマホの契約においては必須ではあるのですが、店頭ショップ契約だと頭金のないところを探すのが大変となっており、近くにショップの複数の選択肢がない場合にはある程度頭金の支払いが発生してしまうことが日常となってしまっています。

ですがオンラインショップであれば全国各地から申し込める上にこの頭金が0円の状態で契約できるようになっており、簡単に値上げされていない・損をしない機種変更というものが可能になっています。

特に機種変更となるとそもそも値引きなどがどんなショップでもまず期待できないものになっているため、その中で値上げ要素の頭金が発生してしまうとどう頑張っても高い契約になってしまうことになります。

そうした中でオンラインショップを使えば各キャリアの正規の価格でスマホの機種変更を実現できるため、こちらから申し込むことをおすすめしています。

デメリットは在庫が少なくなってしまいがちなのと、発売日当日の入手が申し込みのタイミングによっては難しい、という点がありますが、それさえ大丈夫であればオンラインショップのほうがメリットは強くなっているので利用をおすすめしています。

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top