スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

auとSoftBankでスマホの機種変更をするなら絶対試しておきたいポイント獲得術

auとSoftBankでスマホの機種変更をするなら絶対試しておきたいポイント獲得術

過去に何度も記事化していますが、改めて紹介しておこうかと思います。

auとSoftBankで機種変更しようとした場合、キャンペーン自体はドコモと比較すると少なめとなっており機種変更価格を安くするのは中々難しくなっています。

ですが、とある方法でポイントを獲得することによって、auとSoftBankの機種変更は非常に簡単に高額割引を得ることができる可能性があります。

このポイント獲得術は全てのユーザーに適用できるような性質のものではありませんが、獲得方法を知っているかいないかによってau/SoftBankのスマホ価格といったものが大きく変化するので、ぜひ今回の記事で再確認してもらえればと思います。

機種によってはポイント獲得によって実質価格が0円以下になったり、廉価モデルの場合は一括価格をも0円にすることが可能になってきます。

スポンサードリンク

auとSoftBankでは非公式ポイントがもらえる

今回紹介する「ポイント」の主だったものは、auとSoftBankでもらえる非公式なポイントのことになります。

ドコモと比較してキャンペーン自体は少ないことが多いものの、このポイントを獲得することができればauもSoftBankも割引額では簡単にドコモの契約よりも上回ることができます。

そのためau/SoftBankで機種変更をしようとするならば、契約を行う前にまずはこのポイントを獲得できるかどうかということを確かめたほうが良いということになります。

 

ただこの「ポイント」の注意すべき点は、この配布自体があくまでも非公式というところです。

ポイントが貰えることは貰えるのですが、公式ではないために取得できる条件などの詳細は不明ですし、時期によってポイント数というのも変わってきます。

共通しているのはある程度継続利用をしていて今後も利用が期待できるユーザーが貰いやすいということぐらいで、その他の細かい条件は詳しくは判明していません。

このため誰でもこのポイント施策を使えるわけではないというのは留意点として持っておいてください。

こうした前提・注意点を確認してもらったら、実際にどんな形の「ポイント」が今au/SoftBankで用意されているのかということを確認していきましょう。

MNP引き止めポイント

今回のポイント獲得術のメインとなるのが「MNP引き止めポイント」の存在です。

こちらを獲得することができればauでもSoftBankでも機種変更時に負担する金額というのを大きく削減することができるため、機種変更前には必ず狙っておきたいものになっています。

 

MNP引き止めポイントとはその名にも表れていますが、MNPでの他社への流出を引き止めるために自社機種変更に使えるポイントを配布する、という非公式に行われているポイント施策のことです。

MNP引き止めポイントは今回のauやSoftBankのみならずドコモやY!mobileなんかのキャリアを中心に行われている非公式施策です。どのキャリアでも機種変更を安くすることのできる方法として使えますが、特にauとSoftBankでは貰える金額が高いので、こちらを獲得することが出来れば非常に安い形での機種変更を実現できる可能性があります。

MNP引き止めポイントは自動でユーザー側に付与されるわけではなく、ユーザー側が特定の行動をとった時にユーザーがキャリアの定める条件を満たしている必要があります。

特定の行動というのは「MNPをしようとする」、ということです。

各キャリアの回線から157へと電話し、そのオペレーターにMNPをしたい旨を伝えて予約番号の発行をお願いしてみましょう。この時にキャリア側の定める条件を満たして「引き止める価値のあるユーザー」であると判断された場合、オペレーターからMNPをしない代わりに貰えるポイントについての提案がされます。

ポイント獲得方法としてはこの流れになります。まずは電話でMNP予約番号を発行してみて、そこで条件を満たせればポイント獲得・対象でなかった場合にはそのままMNP予約番号が発行されるということになります。

このMNP予約番号の発行自体はデメリットがありません。予約番号を発行したからと言って必ずMNPしなければいけないわけではなく、予約番号発行で手数料がかかることもありません。予約番号発行中は機種変更できませんが、15日経てば有効期限が切れて通常の状態に戻りますし、予約番号の廃止をすれば15日待たずに機種変更することも可能です。

 

電話をしてMNPをしようとしてみる、というのがこちらのMNP引き止めポイントを獲得する方法になります。

こちらのMNP引き止めポイントが付与される条件についてはいまだに不明なところが多いです。正確な条件というのはわかっておらず、時期的なものやタイミングといったもので付与のされやすさが変わっています。

auやSoftBankからのMNPが多くなっているタイミングであれば、契約から数ヶ月しか経っていない回線でもポイントが付与されるほどに緩くなりますが、商戦期などが終わってしまうと10年超回線や毎月の支払いが多い回線でないと望み薄という状況も珍しくありません。

とりあえずポイント獲得に関係している条件というのは以下の項目が一応挙げられます。

  • 契約年数
  • 毎月の支払い金額
  • キャリアの市場シェア状況
  • オペレーターの好み

なんとも整合性の無い条件ですが、これらの要素が複数絡んでポイントが貰えるかどうかの審査が行われるとされています。

契約年数に関しては最近でも契約直後の回線にポイントが付与されるなどあり、そこまで重要視されていないかもしれませんが、1年ぐらい使っていると交渉もしやすくなるかと思います。

いくらのポイントが貰えるのか、というのもこれは満たしている条件について違うようですが、最近の傾向としては

  • SoftBank:30,000ポイントor機種ごとに変動する8,000~30,000ポイント
  • au:15,000~25,000ポイント

といったポイントが貰えるようになっています。

30,000ポイントも貰えるとなると、機種変更する際の値引き額としてはかなり強力なものになるでしょう。1ポイント=1円にできる状態でこれだけの金額相当のポイントが貰えるならば、機種変更前に電話を一つかけてみるというのも手間の範疇にはならないかと思います。

まずはこのMNP引き止めポイントがauとSoftBankでスマホの機種変更をするなら絶対試しておきたい方法の一つになります。

MNP引き止めポイント/コジポとは? 151や157へ電話してdocomo、au、SoftBankで貰える機種変更ポイント
iPhone5sと5cの発売直前に、MNP引き止めポイントの存在がネット上で大きく取り上げられました。
このMNP引き止めポイントは、スマートフォンを複数契約している人にはおなじ

SoftBankはウロウロポイントも

sbkaiyaku

基本的に非公式ポイント系の施策というのは、上記のMNP引き止めポイントが中心となるのですが、SoftBankでは「ウロポ」と呼ばれる存在も確認されています。

ウロポとはウロウロポイントの略称とされており、SoftBankで2年ほど前から貰えるようになったこちらも非公式なポイント施策です。

このポイントはMNP引き止めポイントのように電話をするという必要もなく、ただブラウザ上でウロウロするだけでポイント獲得か否かの判定がされるものになっています。

もう少し詳しく書くと、My SoftBankでログインをした状態で、SoftBank回線の解約に関わるページのいくつかをうろうろしていると、解約引き止めという形でポイントが送られてくるという何とも変わった形でのポイント配布が行われます。この謎の獲得判定からこのポイントはウロウロポイントと呼ばれています。

より詳しい手順を説明すると、以下のようになります。

 

  1. My SoftBankにログイン
  2. 解約関連・MNP関連のページをログイン状態で徘徊(https://www.softbank.jp/mobile/support/cancellation/あたりから先を中心に)
  3. しばらくするとポイントがSMSで送られてくる

 

SoftBankで行われている特殊なポイント施策ですが、こちらも獲得を試してみる価値はあります。ポイント額としては10,000~15,000ポイントとMNP引き止めポイントよりも少な目となっています。

auはECサイトのクーポンが使える

aucpcb

auの場合はここまでのポイントとは異なってしまうのですが、特定のECサイトにおいて機種変更向けのクーポンを配布しているため、ポイントと共にそちらを使うことができれば値引きに強い効果を生んでくれます。

クーポン配布がされているのは一部のECサイトかつ期間限定のため、時期によって取得できるところは違ってくるのですが、代表的なところになるとWowma!なんかが挙げられます。

Wowma!はKDDIの運営するECサイトということもあり、機種変更向けのクーポンが配布されやすくなっており、登録しておいてクーポンキャンペーンが始まったタイミングで利用をすると通常よりも安く契約することができるでしょう。

Wowma!

他にもPontaやNAVITIMEといったところがクーポンの配布をしているので、こうしたところから1つクーポンを獲得できれば平均で5,000円分のキャッシュバックが期待できるので、機種変更価格を確実に安くすることができます。

http://pntc.ponta.jp/campaign/au201802/pc/r.htm

こちらはポイントではないものの同様に端末価格を安くしてくれる施策として使えるため、MNP引き止めポイントと共に機種変更前にチェックしておくと良いでしょう。

ポイント系はSNSで検索してみると貰いやすいタイミングがわかる

こうしたポイント施策・クーポン施策といったものが今のau/SoftBankでは実施されていることが多いので、機種変更なんかを行う前にまずはポイントが貰えるかどうかといったものを試してみると良いでしょう。

電話するだけ、ブラウジングするだけで10,000ポイント以上の機種変更値下げを期待できるのがauとSoftBankなので、多少の手間があっても実施すべき価値は十分にあります。

ただどの施策も時期によってポイントを得やすい状況か否かというのは異なってくるため、なるべくならキャリアがポイントを配布してきているタイミングでMNP予約番号の発行などのポイント獲得術を試してみたほうが良いでしょう。

実際ポイントが貰いやすい時期はYahoo!リアルタイム検索なんかでもMNP引き止めポイントの話題が引っかかりやすくなるなど、全体的に話題の盛り上がりがSNS上で見られます。なので定期的にSNSあたりで現在の貰いやすさやポイント金額なんかを確認しておくと、貰いやすさといったものがわかってくるかと思うので機種変更前にチェックしましょう。

試してみたい非公式ポイント配布

というわけでこちらの内容がauとSoftBankで機種変更前に試してもらいたい、高額割引となるポイントやクーポンを獲得する方法になります。

ドコモと比べて公式キャンペーンが少ない2社ですが、こうした非公式な形でのポイント配布施策を利用することによって、ドコモ以上に安く機種変更などをすることが出来るようになっています。

全てのau/SoftBankユーザーが貰えるようなタイプの施策ではないものの、獲得することができれば割引として大きな効果を発揮してくれるのは間違いないので、その獲得術を覚えておいて損はないかと思います。

ぜひ機種変更する際にはこれらのポイント獲得術を試してみてからにしてみてください。

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

auオンラインショップの契約メリット・スマホを安く機種変更する方法を解説 | スマホ辞典

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 2円で2年間寝かせていたグラティナ2でしたが、25,000ポイント付与してもらえました。

    • それは凄すぎですね・・・。利用料金よりも時期的な要因のほうが一番ポイントと関わってきていそうですね。
      情報ありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top