スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

docomo with端末性能比較 Galaxy feel/MONO/AQUOS senseの実機3機種で使いやすいおすすめスマホはどれか

docomo with端末性能比較 Galaxy feel/MONO/AQUOS senseの実機3機種で使いやすいおすすめスマホはどれか

ドコモの格安スマホとして早くも100万契約を超える契約者数が出てきた『docomo with』。

今回はそのdocomo withの対象スマホについてどれを選べばよいのか迷っている、という人向けに各対象スマホの比較を行いたいと思います。

 

安く買えて安く使えるというこれまでのキャリアスマホにはない契約が出来るのがdocomo with。ドコモのスマホの運用費を安くする方法としては非常に簡単な契約でできるので、短期間で100万契約を達成したのも納得でしょう。

この安いdocomo withスマホはどれを買っても価格的には満足のゆく契約が出来ると思いますが、自分の使い方にあったスマホを選べればより満足した契約を行うことが出来るはずです。

今回の記事ではdocomo withの契約をより満足するものにするための参考にと、docomo with対象機種の比較を行っていきます。

docomo with対象スマホ3機種を比較

今回比較するのはdocomo withの中で販売在庫がまだまだあって普通の利用に適した3機種を中心に行います。

3機種は

  • Galaxy feel SC-04J
  • AQUOS sense SH-01K
  • MONO MO-01K

を選んでいます。

在庫が減ってきているarrows Beとらくらくスマホの一種であるarrows Meについては比較対象としては適さないとみて比較の対象には入れていません。arrows Beについてはスペックも今回の3機種よりさらに下がった上に、評判もあまり良くない点が多いため、そもそも選ぶべきdocomo withの対象スマホから除外しておいた方が良いでしょう。

この3つについて、主に使いやすさや機能・性能といったところで比較していき、docomo withの契約をするのに適したスマホといったものを検証してみたいと思います。

docomo withとは

端末の比較に移る前に、そもそもdocomo withとはどういった契約かという事について触れておきましょう。

docomo withはドコモのスマホ契約に用意されている特殊な割引付き契約で、以下のような特徴を持っています。

  • 毎月1,620円/月の通信費割引が適用される
  • 割引の適用期間は次に機種変更するまで継続。機種変更をしなければ3年4年とずっと割引が続く
  • 最安では毎月302円の維持費

詳しいことはdocomo with向けの記事に記載していますが、要は割引金額が高い上に機種変更をしない限りはその割引がずっと続く契約のために、維持費を長期的に安くすることが出来ます。

ドコモの通信料を安く節約したいと思っている方にはぴったりな料金プラン構成ができるのがdocomo withということになります。

docomo withとは 月額302円、スマホも一括契約可能な安さのドコモ格安スマホ契約
ドコモのスマホの料金を安くしたい。

こうした思いに応えてくれる運用方法が今ドコモのほうではしっかりと用意されています。

その運用方法とは『docomo with(ドコモ

 

docomo with3機種の価格比較

それではこうした安い契約を実現できるdocomo withの対象スマホについて、様々な面から3つの対象スマホの比較を行ってみましょう。

まずはdocomo withの契約の中では割と重要な価格の比較です。

どの機種も毎月1,620円もの割引が用意されているにも関わらず、販売価格は一括でも非常に安価となっています。

端末 Galaxy feel SC-04J AQUOS sense SH-01K MONO MO-01K
販売価格 36,288円 30,456円 25,272円
docomo with割引 ▲1,620円
実質0円までの期間 約22ヶ月 約19ヶ月 約16ヶ月

3機種の価格は約1万円差の間に収まっています。

最も安いのはMONO MO-01Kで、2万円台で一括購入できる安さを持っています。価格でのインパクトが強いのはこの機種になるでしょう。

ただAQUOS sense SH-01Kもそこからおよそ5,000円程度の追加で購入でき、Galaxy feel SC-04Jも1万円程度プラスすることで購入することが出来ます。

価格はどの機種も安いレベルで推移しており、一括でも十分に購入しやすいものになっています。

docomo withの1,620円の割引も付いてくるので、最短で16ヶ月継続契約しただけで実質0円を下回ることになります。

価格での比較ではMONO MO-01Kがかなり安い印象ですが、他のスマホの販売価格を考えると3機種とも安いといえるでしょう。

ドコモオンラインショップ:Galaxy Feel SC-04J

ドコモオンラインショップ:AQUOS sense SH-01K

ドコモオンラインショップ:MONO MO-01K

 

CPU等スペック・ベンチマークスコア比較

価格の安いこの3機種は、そこだけ見ればどれも非常に買いやすい機種だと思います。

ただこの安さで心配になってくる点として、スマホとしてしっかりと動作するのかどうか、というポイントがあるかと思います。

そうした動作の参考になりそうなのがこちらの利用しているSoCのスペックやベンチマークアプリのスコア情報でしょう。

実際に使ってみての比較も行いますが、まずは数値で性能を確認してみましょう

Galaxy feel SC-04J AQUOS sense SH-01K MONO MO-01K
CPU & RAM Exynos 7870/RAM3GB Snapdragon 430/RAM3GB Snapdragon 435/RAM3GB
Antutuベンチマークスコア(参考) 46273 45348 47169
Antutuベンチマークスコア画像 sc04jantutu  sh01kantutu  mo01kantutu

Galaxy feelの場合はSoCの種類が違うので単純な比較はできませんが、スペック上は価格が3万円台のAQUOSよりも2万円台のMONOのほうが性能の高いSoCを使っています。

ベンチマークスコアでも安いはずのMONOが最も高い数字を付ける結果になっており、価格が高い=性能が良いというわけではないのがわかります。

 

実際の動作比較

こちらは体感・主観での判断になりますが、実際にdocomo with対象の3機種を利用してみて、ストレスの少ない機種はどれか、というのも確かめてみました。

ベンチマークのような数字で出るものではありませんが、レビュー含めて結構な時間触ってきたのでその中の体感を簡単にまとめたいと思います。

実機簡易レビュー
Galaxy feel SC-04J 動きは軽快。ぬるぬるとした動きに近い。タッチ後のレスポンスもストレスが非常に少ない素早い反応。
AQUOS sense SH-01K 動き自体は良いが時折見せるタッチ後の反応の半テンポ遅れの動作が気になる。粘り気のあるスクロール感が気になるところ。
MONO MO-01K 動きは軽快。ぬるっとした動きはなく、比較的テンポよく画面変遷が行われる。負荷の強いアプリやサイトでは若干詰まる動きがあり。

あんまりこれではわからないと思うので端的に使っていてよかった順だとこうなります。

Galaxy feel > MONO > AQUOS sense

この順番でdocomo withスマホは使っていてもストレスを感じにくかったです。

Galaxy feelはベンチマークではMONOよりも低めですが、自社のSoCということもありチューニングがしっかりとされているようで、動きの快適さという点ではMONOよりも所々で上回っているのを感じます。AQUOS senseについてはこの中で解像度が高いために若干CPUパワーが足らないところが目立つでしょうか。それ故にちょっとした動きの鈍さが他の2機種に比べて気になります。

なおより詳しい個別機種についての体感レビューの記事はこちらから。

AQUOS sense(SH-01K/SHV40/lite SH-M05)レビュー docomo withやauピタット、UQマンスリー割で格安運用可能なミドルレンジスマホ
docomo withやUQ mobileの実質0円機種、auの廉価モデルとして発売されているAQUOS senseを購入してみたのでレビューしてみたいと思います。

こちらの

Galaxy Feel SC-04J実機レビュー docomo withの割引ありで動作に不満のない高コスパ機種
docomo withに対応したスマートフォン、Galaxy Feel SC-04Jを割引目的で契約しました。

もともとは割引を得たら売却してしまおうと思っていたのですが、ス

MONO MO-01K実機レビュー 25,272円でも予想外の動きの良さ
docomo with対象スマホ第4弾のスマートフォン、MONO MO-01Kのレビューをしてみたいと思います。

前作のMONO MO-01Jでは一括648円の端末購入サポー

解像度・ディスプレイサイズの比較

続いてはディスプレイサイズや解像度の比較について。大画面かつ高細微な解像度であれば文字や動画なんかも見やすくなります。

Galaxy feel SC-04J AQUOS sense SH-01K MONO MO-01K
画面サイズ 4.7インチ 5インチ 5インチ
解像度 HD フルHD IGZOパネル HD

5インチかつフルHDといった格安機とは思えないスペックとなっているのはAQUOS senseです。IGZOパネル採用によって省電力化も図られており、ディスプレイ周りでは他の2機種にはない特徴を備えています。

文字の読みやすさやくっきり度合いといったものは全く問題ありません。

Galaxy feelとMONOはどちらも解像度はHDとなっています。MONOの場合5インチとディスプレイサイズが大きいため、小さめの文字だと若干滲んで見えてしまう時があります。4.7インチのGalaxy feelの場合は多少その点は解消されていますが、ペンタイル配列になっているということもあり、こちらも細かいところで若干ぼやけてしまう文字が出てきます。

ただこの2機種の解像度の問題は表示サイズを小さくしなければ困ることはないので、そこまで問題視するようなものではありません。

一方でAQUOS senseはどんな表示サイズでも文字などが見やすいので目が疲れにくいです。

機能比較

続いては機能性の高さはdocomo withの3機種の中でどれが一番持っているか、ということを比較してみましょう。

Galaxy feel SC-04J AQUOS sense SH-01K MONO MO-01K
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP6X IPX5/IPX8・IP6X IPX5/IPX7・IP5X
ワンセグ/フルセグ 〇/× ×/× ×/×
生体認証 指紋認証 指紋認証 ×
通信速度 262.5Mbps 150Mbps 150Mbps
おサイフケータイ ×
その他 Wi-Fi 5GHz対応
バッテリー3000mAh
Always On Display
VoLTE
ハイレゾ対応
 バッテリー2700mAh
VoLTE
リラックスビュー
のぞき見防止
マナーモードスイッチ
バッテリー2800mAh
ブルーライトカット
VoLTE
ハイレゾ対応

 

3機種の中で最も機能性に富んでいるのはGalaxy feelです。おサイフケータイや防水、指紋認証など生活の中で役立つ機能、ハイレゾ対応などエンタメ方面で役立つ機能、通信環境を向上させる機能と、さすが価格が高いだけあって使い勝手をより良くしてくれる機能が数多く用意されています。

これだけの機能性があることによって、細かいシーンでの利用にはなるものの、格安スマホにも関わらず便利に使っていくことが出来ます。

次に機能の揃っているのはAQUOS senseです。こちらも生活の中で役立つ機能やシャープ独自の機能なんかを用意しており、使い勝手の向上に力を入れています。一方で通信関連の機能やスペックはGalaxyには届いていません。

MONOに至っては防水以外に際立った機能というものがありません。余計なものがない、といえば聞こえは良いですが、他の2機種が便利さを向上させる機能を搭載している中でこれはシンプル過ぎる印象があります。

カメラ比較

カメラについても比較しておきましょう。

高くても3.6万のスマホ群なので、あまりカメラ自体への要求というのは強く求められませんが、画質や実際の画での比較といったものをしてみます。それぞれ20%までサイズを落としています。

Galaxy feel SC-04J AQUOS sense SH-01K MONO MO-01K
屋内食事 sc04photo  sh01photo mo01photo

機能表

Galaxy feel SC-04J AQUOS sense SH-01K MONO MO-01K
カメラ機能一覧 メイン:1600万画素
サブ:500万画素
加工撮影対応
レンズの明るさ:F値1.9
メイン:1310万画素
サブ:500万画素
レンズの明るさ:F値2.2
手振れ軽減
メイン:1320万画素
サブ:500万画素
レンズの明るさ:F値2.2

オリジナルファイルはこちら

AQUOS sense SH-01K写真

Galaxy feel SC-04J写真

MONO MO-01K写真

 

室内でもそんなに各スマホのカメラはホワイトバランスが崩れることなく撮影できているので、最低限以上のカメラ機能は用意されています。AQUOS senseのカメラは撮影比率が横に長く、若干明るめなので個人的には好みです。

各スマホには撮影に関する機能がいくつかありますが、これといって目立った機能は無いでしょうか。Galaxyがちょっと豊富なフィルター機能をデフォルトのカメラアプリで用意しているぐらいです。

 

docomo with3機種比較・総合評価

dw3

以上のようにdocomo with対象スマホをある程度気になるポイントで比較してみました。

こちらの中から特にスマホの利用で重視したいポイントの比較を見ながら、購入する機種を決めてみるといいのではないでしょうか。

比較ポイントをまとめた上で順序付けするとこんな感じでしょうか。

Galaxy feel SC-04J AQUOS sense SH-01K MONO MO-01K
数値上の性能 2 3 1
実際に使っての快適さ 1 3 2
画面の見やすさ 2 1 3
機能面の充実 1 2 3
価格の安さ 3 2 1
カメラの良さ 2 1 3

個人的には動きの軽快さ、ストレスの少なさを大事にしたいのと、機能面で使い勝手の良さを要求したいために、docomo withで選ぶべきスマホにはGalaxy feel SC-04Jを一番最初におすすめに挙げたいと思います。

価格はdocomo withの中でも最も高い機種ではありますが、それでもドコモのスマホの中では価格がかなり安いのでそこまで問題ではないはずです。この価格で動作もストレスの非常に少ない水準に達していますし、機能面でもあらゆる箇所の使い勝手のよさというものを向上させている点は評価が高いです。

コスパという評価軸においても他2機種よりも全体的には上回っているかと感じます。

AQUOS senseとMONOについては、機能性の豊富さで便利さを重視するか、よりストレスの少ない動作を重視するかで選ぶべき機種が変わるでしょうか。便利さならAQUOS、動きの良さならMONOです。価格の違いもありますが5,000円差は大したものではないでしょう。

とりあえずdocomo withのスマートフォンとして買う機種を迷っている場合、Galaxy feelであればどんな用途にも対応してくれる性能面の充実さがあるのでおすすめです。

ただ他の2機種も価格以上に安定した使い勝手を得られるしっかりとしたスマホであるのは間違いないので、feelの価格やデザインが合わない場合にはAQUOSやMONOでも何ら基本的な利用には問題はありません。

ドコモオンラインショップ:Galaxy Feel SC-04J

ドコモオンラインショップ:AQUOS sense SH-01K

ドコモオンラインショップ:MONO MO-01K

もしもdocomo withを購入する場合にはドコモオンラインショップからがおすすめです。

頭金を避けて契約できるために安いままに契約することが出来ます。

 

ドコモやau、iPhone・スマホ契約時の『頭金』について
皆さんはスマホの『頭金』に関する諸問題について、正しい知識をお持ちでしょうか。

今ドコモショップやauショップ、それにヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でスマートフ

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について
※2018年2月24日更新

他人よりも効率的に、そして損をせずにiPhoneあるいはAndroidスマートフォンを契約するオススメの方法を今回はお伝えしましょう。

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ドコモのサイトのスペック表によると、MONOも VoLTE と ハイレゾに対応しています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top