スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモのV20 Pro L-01Jが648円!その他型落ちスマホも11月から価格変更

ドコモのAndroidスマホの価格変更が11月から行われています。

この変更によって一部の一括価格で安かった端末購入サポートスマホが、月々サポート適用に戻り実質価格での販売になっています。

旧機種の安いモデルの大体が端末購入サポート、という状況が大きく変わってしまっているのでドコモスマホの契約を予定していた方は改めて確認をしておくようにしてください。

またそんな中でも値下げが敢行されたスマホが存在しており、ドコモ最安の『648円』という価格でのスマホ契約を出来るようになった機種というのが出てきており、安いスマホを探していた方はチェックしておくべき値下げとなっています。

これらの内容について今回は確認していきましょう。

 

11月から端末購入サポート機種の一部が月サポ適用復活

11月1日からこれまで多くのスマホに適用されていた端末購入サポートの適用が終了、MNPを除いた契約に対して月々サポートが復活した実質価格での販売が再開されます。

主に変更となるのは16年冬モデルが対象です。以下の表に継続機種および変更機種を載せておきます。

11/1~ 機種変更販売価格
iPhone 7 実質・一括15,552円~
(変更なし)
iPhone 7 Plus 実質・一括29,160円~
(変更なし)
Xperia XZs SO-03J 実質25,920円
(変更なし)
Galaxy S8 SC-02J 実質36,280円
(変更なし)
AQUOS R SH-03J 実質25,920円
(変更なし)
Xperia X Compact SO-02J 実質15,552円
(一括⇒実質化)
Galaxy S7 edge SC-02H 実質15,552円
(一括⇒実質化)
arrows NX F-01J 実質15,552円
(一括⇒実質化)
Disny Mobile DM-01 実質15,552円
(一括⇒実質化)
V20 Pro L-01J 実質648円
(一括⇒実質化)

人気の高かったXperia X Comapctやarrows NXといった機種が月々サポート適用端末に戻っています。価格自体には変更はありませんが、一括から実質での契約となります。

一括(端末購入サポート)から実質価格への変更でデメリットとなるのは、

  • 24ヶ月使わないと実質価格に表記されている金額で購入できたことにならない(端末購入サポートは14ヶ月)
  • dカード GOLDのdポイント10%還元技をうまく活用できない

といった問題がこれまでに比べて発生してしまいます。

どのスマホも在庫が薄くなってきた機種のため、そこまで影響はないかもしれませんが、安かったこれらの機種を11月以降に契約しようとしていた方は注意してください。

ドコモオンラインショップ

ハイスペック機種のV20 Pro L-01Jが648円に大幅値下げ!

こうした変更が行われている中で、価格が下げられている機種も存在しています。

LGのV20 Pro L-01Jは端末購入サポートが外れてしまいましたが、実質価格になっても値下げが行われており、価格の安さが11月前よりも安くなっています。

機種変更 新規 MNP
販売価格 84,888円(3,537円×24回) 一括648円
月々サポート ▲3,510円
実質価格 648円

V20 Proはなんと648円とこれまでの15552円からほぼ0円に近い価格へと落ちています。

この648円という金額はドコモのスマホの中ではほぼ最安価格となっていて、最近だとMONOやNexus 5xといったスマホぐらいにしか付けられてこなかった価格が久々に登場したことになります。

その内ハイスペック機種の648円となるとNexus 5x以来のスマホとなります。ドコモの安い機種を欲しかった方や過去に648円のNexus 5xを契約した方は、このV20 Proの契約は相当に魅力的なものになってくるかと思います。

この価格の安さは驚異的でしょう。11月の格安系スマホとしてはdocomo withの対象機種とこのV20 Proが当てはまることになりそうです。

 

Snapdragon 820、RAM4GBで648円な高コスパスマホ!

V20pro

なおこのV20 Pro L-01J、648円のスマホになってしまうのが信じられないほどに性能が良いため、安くて良いスマホを購入したいと考えている方にとてもおすすめできます。

V20 Pro L-01J
OS Android 7.0
CPU Snapdragon 820
RAM 4GB
ディスプレイ 5.2インチ QHD(1440×2560)
ROM 32GB/外部メモリ256GB
バッテリー容量 2900mAh
サイズ 72×149×8mm
重量 146g
カメラ メインカメラ(広角&望遠):1600万画素&810万画素
サブカメラ:510万画素
その他機能 手振れ補正
ワンセグ・フルセグ(要アンテナケーブル)
IPX5/IPX7・IP6防水
ハイレゾ

CPUにはSnapdragon 820でRAMが4GBというのは2016年から2017年初期に発売されたスマホの中でもかなりの高性能さを持った組み合わせです。

ROMが32GBというのはちょっと心許ないですが、microSDで256GBまで拡張できるのでそちらをうまく使っていけば問題ないでしょう。

Nexus 5xと同じ648円ですが、Nexus 5xにはなかった防水・防塵機能、おサイフケータイ機能、ワンセグ・フルセグ対応といった便利な機能が使えるようになっているため、648円という価格には本当に不釣り合いなレベルのスマホです。

さらなる付加価値として、V20 Proでは高性能DACを搭載してメディア再生の音質といったものが他のスマホと比べても圧倒的にクオリティの違いを得られますし、広角にも対応したデュアルカメラレンズを持っているため普通のスマホでは撮れないような広角域の写真も撮ることができます。

過去の記事で軽くレビューを行っていますが、電池持ちはあまりよくはないものの動作は快適なので使っていて不満を感じる場面はほとんどないかと思います。何よりもヘッドフォン・イヤホンで聞いた時のメディア再生時の音質が並みのスマホとは別次元のクオリティとなっているため、今でもメディアプレイヤーとして長期間愛用しています。

ドコモ LG V20 Pro L-01Jの価格・料金/維持費【機種変更/新規/MNP】

 

実際に長く使っている機種であり人におすすめしたいスマホですので、この価格で興味を持った方にはモバイルバッテリーを用意した上で契約をしてもらいたいスマホです。特に音楽を聴く機会が多い方はYouTubeレベルでも音質の向上を実感できるので、これまでと大きく生活が変わります。

648円というほぼ0円なスマホになってしまったのはちょっと悲しいですが、多くの方にV20 Proの良さが広がるいい機会でもあるので、興味を持っている方はマジでおすすめなスマホの一つなのでぜひぜひ購入してみてください。

ドコモオンラインショップ:V20 PRO L-01J

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top