スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

docomo withとは 月額302円、スマホも一括契約可能な安さのドコモ格安スマホ契約

docomo withとは 月額302円、スマホも一括契約可能な安さのドコモ格安スマホ契約

ドコモのスマホの料金を安くしたい。

こうした思いに応えてくれる運用方法が今ドコモのほうではしっかりと用意されています。

その運用方法とは『docomo with(ドコモウィズ)』という特別な割引を持ったスマホの契約です。

この方法を使えば、これまでのスマホ契約よりも安く使える可能性が高くなります。この『安い』という言葉の中には、

  • スマホの端末価格
  • 毎月かかる維持費

というスマホの運用に関わってくる2つの支払いが安くなるというのが含まれています。従来の『安いスマホ』とされていた契約ではこのどちらかしか安くない場合が多い中で、『docomo with』の契約では両方が安いという嬉しい形の契約になっています。

このdocomo withはドコモのスマホ代、特に家族一緒にドコモを使っている家庭の場合に通信料を節約・削減する力を持っているので、しっかりとその内容について確認することでドコモの契約をより安く使うことが出来るようになります。

今回はその『docomo with』に関する記事になります。

うまく使えればいわゆる『格安スマホ・格安SIM』といったものに頼らずとも、安くスマホを継続して使い続けることができるでしょう。

⇒docomo with:対象スマホが毎月1,500円割引

docomo withとは、その概要

dw1

docomo withとはまずどういったサービスなのか、といったことから確認していきましょう。

docomo withは、対象機種が限定された割引サービスの一種です。

分類としては月々サポートに非常に近い形の割引で、対象機種においては月々サポートに代わる形で適用されることになります。

割引金額は全ての対象機種で一律となっており、税込みで1,620円の割引が毎月適用されます。

この割引の詳しい内容は後にも説明しますが、月々サポートと決定的に違う点として2年間に限らない継続した割引として存在しているため、docomo with機種を契約してから2年以上経っても割引がなくならない、というものになっています。

そのため一度docomo withを契約すれば、長期間安い維持費で使い続けられるということになります。

機種変更を2年のサイクルで行わない、特に高齢の家族がいる場合には、このdocomo with機種を契約することでずっと安い料金で使い続けることができるため、長期的に考えた時にこのdocomo withの契約を行うことがスマホ代節約への道の第一歩になるでしょう。

docomo withの特徴・内容

より詳しくdocomo withの特徴について説明していきましょう。

docomo withがドコモの通信料をどのようにして安くするのか。

最初にも触れたように、価格と維持費の2つの面でdocomo withはスマホの契約を安くしてくれます。これらの内容をそれぞれ確認していきましょう。

維持費・月額料金は1,620円の割引が『ずっと』続くから安い

dw2

まず維持費についてですが、先ほど記したようにdocomo withの割引は対象機種すべてが1,620円の割引で固定されています。

ほぼ月々サポートと同じ形で通信費から割引がされます。

ただ月々サポートと決定的に異なるdocomo withの特徴として、この1,620円の割引が月サポのように2年間しか続かないものではなく、『ずっと』この割引が続くという特殊さを持っています。

『ずっと』とはどいうことかというと、docomo withの割引は「次の新しいスマホなどへ機種変更するまで継続される」性質を持っており、月サポのように2年限定ではなく契約している間はずっと続く=2年に限らず3年、4年と1,620円の割引が継続していくことになります。

そうなると2年間で終わってしまう月々サポートと比べて、docomo withの場合は同じスマホを使い続けた時に総額での割引金額が上回る可能性があり、よりお得に使い続けることが出来るようになります。

このようにdocomo withは、機種変更をしなければ1,620円の割引がずっと適用されたまま利用できるという特徴をもっており、長い間同じスマホを使っても安いまま利用することができるようになっています。

シンプルプランと合わせることで維持費は格安な「302円」に

では具体的にこの1,620円の割引となるdocomo withの対象機種を契約した場合、維持費はどういう形になるのかというところを確認しておきましょう。

1,620円の割引は次に機種変更しない限りはずっと継続されますので、docomo withの対象機種を契約したらずっとこの料金でその回線は使えることになります。

子回線
プラン構成例
シンプルプラン

シェアオプション
カケホライト

シェアオプション
カケホーダイ

シェアオプション
代表回線
プラン構成例
カケホライト

データM
カケホライト

シェアパック10
カケホライト

ウルトラシェアパック30
維持費 302円 1,080円 2,160円 5,940円 10,800円 15,120円

維持費の一例はこのようになりますが、通話定額にならないものの基本料の安い「シンプルプラン」と家族でドコモを使う場合に契約できる「シェアオプション」という組み合わせでも、docomo withの割引は適用されるために最安での通信費は月額302円に抑えることが出来ます。

月額302円というのはかなりの安さではないでしょうか。他のシェアオプション系の組み合わせも安いですが、シンプルプランとの組み合わせは群を抜いて安いです。

docomo withでは家族でドコモを使っている場合限定ながら、こうした302円で利用できる安さを実現できており、しかもこの料金で『ずっと』使えるという普通のスマホにはない特徴を備えています。

この内容は「ドコモのスマホを安く使う」「スマホ代を節約する」という目的を十分に満たす特徴であり契約内容になっていると言えるでしょう。

まずこちらがdocomo withの『安さ』の特徴の一つです。

端末価格も現状格安揃い

dw3

次はdocomo withのもう一つの特徴でもある「スマホの端末代の安さ」についてを説明していきましょう。

といってもこちらは非常にシンプルです。docomo withの対象のスマホは、今のところどの機種も「一括価格がとても安い」のです。

一括価格が安いという事は、先ほどの維持費の安さというものを簡単に実現することが出来るということになります。

現在発売されている機種はどれも一括2万円台、または3万円台という機種になっているため、わざわざ分割で契約しなくても一括で支払える安さです。

docomo with対象機種 一括価格
arrows Be F-05J 28,512円
Galaxy Feel SC-04J 36,288円
AQUOS sense SH-01K 30,456円
MONO MO-01K 25,272円
らくらくスマートフォン me F-03K ???

※AQUOSやMONOなど対象機種が増加しています。

一括36,288円、または28,512円といった価格が今のところdocomo withの対象機種には付けられていますが、どちらも非常に安価な価格であることは間違いありません。

こちらの価格の支払いを済ましてしまうだけで、最安302円の維持費で毎月使い続けられる契約を得ることが出来ます。

この内Galaxy Feelのレビューをしていますが、スペック的にゲームなどをしなければ十分に使いやすいスマホですし、実際に使ってみても動かしていく中でストレスを感じる瞬間というものはほとんどない「充分すぎるスマホ」となっています。

Galaxy Feel SC-04J実機レビュー docomo withの割引ありで動作に不満のない高コスパ機種
docomo withに対応したスマートフォン、Galaxy Feel SC-04Jを割引目的で契約しました。

もともとは割引を得たら売却してしまおうと思っていたのですが、ス

そこまで多くのことをスマホで行わない、あまりスペックを求めない使い方であれば不満はほとんど感じられないミドルレンジのモデルが対象機種として揃っています。

スマホに対する性能面での不満を感じにくいにも関わらず、ここまで一括価格が安いので端末価格の『安さ』という点についてもdocomo withは非常にお得感を見せる特徴を持っているというわけです。

docomo withは『安さ』が揃った契約

以上の2つの特徴から、docomo withの契約はドコモのスマホ代で重要になってくる端末価格と通信料という両方から節約することのできるものになっています。

docomo withの契約は機種変更や新規・MNPで対象機種を購入するだけで可能です。そこからまた次の機種に機種変更しない限りは、1,620円の割引は継続したままになります。

この2つの側面で実現している安さはドコモにおける「格安スマホ」となっており、安さを重視したスマホ運用をしたかった方には最適な契約になるでしょう。

3万円台のGalaxy Feelならばミドルレンジのスペックと言えど動きの良さなどはかなり満足度の高いものになっているので、こちらを契約すれば性能的に2年以上使えるでしょうし、その間も長期的に割引を継続して受けることのできる『コスパの良い契約』を実現することができるでしょう。

docomo with:対象スマホが毎月1,500円割引
誰が契約しても維持費の表の料金や、端末価格からもわかるように、スマホ代を安くしてくれるのがこのdocomo withです。

なのでどうしてもスマホの性能を求めたり、iPhoneでないと嫌だというようなことがなければ、家族のドコモ契約をこのdocomo withに集約してもいいかもしれません。

高齢の家族や2年以上スマホを変えなくても支障がなかったというような使い方である場合、docomo with対象の端末性能でも十分すぎる使いやすさを感じることが出来るはずですから、そうした家族の回線に対してdocomo withを適用することで、最安302円からの維持費を実現して家族全体の通信費を節約することができるようになります。

このdocomo withはドコモの契約を『安く』するのを簡単に実現してくれる割引サービスとなっていますので、今回の記事を参考にしてもらって機種変更などを考えてみて下さい。

ちなみにおすすめの機種はレビューもしているGalaxy Feelです。販売ランキングも上位で人気の高さもあるスマホとなっています。

ドコモオンラインショップ:Galaxy Feel SC-04J

ドコモオンラインショップ

ドコモやau、iPhone・スマホ契約時の『頭金』について
皆さんはスマホの『頭金』に関する諸問題について、正しい知識をお持ちでしょうか。

今ドコモショップやauショップ、それにヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でスマートフ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top