スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

Y!mobileとUQ mobileのiPhone 6s 価格と維持費、高性能格安スマホとして期待

Y!mobileとUQ mobileのiPhone 6s 価格と維持費、高性能格安スマホとして期待

これまで4インチのiPhone 5s、iPhone SEを発売してきた『サブブランド』の格安SIMであるY!mobile/UQ mobileが、第3弾の格安スマホ化iPhoneとしてiPhone 6sの取り扱いを開始します。

今モデルでは4.7インチと標準サイズのiPhoneの取り扱いとなるため、これまで以上に多くの方の需要を満たせる格安契約となってくれることでしょう。

ノーマルなiPhoneをサブブランドが取り扱うことを待ち望んでいた方も多いと思いますが、いよいよ高品質な格安SIMと高額な割引がiPhone 6sにも適用されることになり、「格安スマホ」と呼ばれる性質の契約の中ではiPhone SE同様に最高レベルの契約となることは間違いないでしょう。

この記事では新たに追加されたiPhone 6sの価格と割引、維持費についてと利用できるキャンペーンとどちらの回線にどんな特徴があるのかということも確認していこうと思います。

スポンサードリンク

Y!mobile iPhone 6sの価格と維持費

ycp

まずはY!mobileの情報についてまとめてみましょう。

Y!mobile版iPhone 6sの価格と月額割引は以下の表のようになっています。

32GB

iPhone 6s 32GB スマホプランS スマホプランM スマホプランL
端末価格 77,760円+540円
(3,240円×24回)
月額割引
(機種変更/新規・MNP)
▲756円/▲1,296円 ▲1,296円/▲1,836円
実質価格
(機種変更/新規・MNP)
59,616円/46,656円 46,656円/33,696円

128GB

iPhone 6s 128GB スマホプランS スマホプランM スマホプランL
端末価格 90,720円+540円
(3,780円×24回)
月額割引
(機種変更/新規・MNP)
▲756円/▲1,296円 ▲1,296円/▲1,836円
実質価格
(機種変更/新規・MNP)
72,576円/59,616円 59,616円/46,656円

実質価格は同額も、一括での販売価格は特にY!mobileがかなり高額なものになっています。128GBでは9万円を超える価格が付けられてしまっており、いくら割引があったとしても2世代前のモデルに対して支払うのは躊躇させられます。

同性能のiPhone SEが実質1万円からの中で実質3万円近い価格というのもやはり躊躇させられます。

 

キャンペーン

Y!mobileで現在実施されているキャンペーンで、iPhone 6sの契約に使えるものを確認しておきましょう。

  • ワンキュッパ割:1年間1,080円引き
  • データ容量2倍キャンペーン:2年間データ量が無料で2倍
  • 家族割引サービス:2回線目以降540円引き
  • おトク割:固定やSB Airと連動して割引

 

維持費

これらのキャンペーンと先ほどの月額割引を適用させた場合の、Y!mobile版の月額維持費についても出しておきましょう。

32GB

iPhone 6s 32GB スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本料 3218 4298 6458
ワンキュッパ割 ▲1080(機種変更対象外)
月額割引
(機種変更/新規・MNP)
▲756/▲1296 ▲1296/▲1836
一括合計
(機種変更/新規・MNP)
2462円/842円 3002円/1382円 5162円/3542円
32GB分割 3240円
分割合計
(機種変更/新規・MNP)
5702円/4082円 6242円/4622円 8402円/6782円

128GB

iPhone 6s 128GB スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本料 3218 4298 6458
ワンキュッパ割 ▲1080(機種変更対象外)
月額割引
(機種変更/新規・MNP)
▲756/▲1296 ▲1296円/▲1836
一括合計
(機種変更/新規・MNP)
2462円/842円 3002円/1382円 5162円/3542円
128GB分割 3780円
分割合計
(機種変更/新規・MNP)
6242円/4622円 6782円/5162円 8942円/7322円

※2年目からはワンキュッパ割消滅で1,080円のコスト増

 

Y!mobileではスマホプランSの一括購入であれば1,000円以下の維持費というのも可能になります。ここに2回線目以降の契約で適用される540円引きを入れれば500円以下での運用といったものも可能になります。

ただ一括自体が高いので基本は分割での維持費を見ておくべきでしょうか。

また機種変更での契約は割引減額の上にワンキュッパ割も適用されなくなるため、利用するなら解約して新規契約をするかUQ mobileへと移ったほうが無難でしょう。

 

UQ mobileの価格と維持費

続いてはUQ mobileの価格関連の情報をまとめます。

UQ mobileでのiPhone 6sの価格とマンスリー割については以下の表のようになっています。

32GB

iPhone 6s 32GB プランS プランM プランL
端末価格 59,724円
(2,484円×24回+108円)
マンスリー割 ▲540円 ▲1,080円
実質価格 46,656円 33,696円

128GB

iPhone 6s 128GB プランS プランM プランL
端末価格 72,684円
(3,024円×24回+108円)
マンスリー割 ▲540円 ▲1,080円
実質価格 59,616円 46,656円

UQ mobileではY!mobileとは異なり一括価格が安めになっています。その分マンスリー割が少なくなっており、実質価格自体は同額です。

キャッシュバックが公式で実施されていますがiPhone 6sへの対応はまだ未定。ただ現状iPhone SEでもその恩恵を受けられるためにiPhone 6sでも同様に大丈夫かと思われます。

定価での比較でも一括価格の安さが魅力的ですし、キャッシュバックも含めればY!mobileよりも安い契約が出来そうです。実際現在行われているキャッシュバックキャンペーンを使い、プランM契約で得られる10,000円分の商品券をマイナスすれば、実質的に27,000円ほどで購入できることになります。

⇒UQ mobile 最大13,000円キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン

UQ mobileの料金に関わってくるキャンペーンは以下の通りです。

  • イチキュッパ割:1年間1080円引き
  • データ容量2倍:2年間データ通信量が無料で2倍
  • 家族割:2回線目以降540円引き

 

維持費

ほぼほぼY!mobileと同等ということになります。そしてキャンペーン込みで運用した場合の一例としては以下のような維持費が出せます。

32GB

32GB プランS プランM プランL
基本料 3218 4298 6458
イチキュッパ割 ▲1080
マンスリー割 ▲540 ▲1080
一括合計 1,598円 2,138円 4,298円
32GB分割 2484円×24
分割合計 4,082円 4,622円 6,782円

128GB

128GB プランS プランM プランL
基本料 3218 4298 6458
イチキュッパ割 ▲1080
マンスリー割 ▲540 ▲1080
一括合計 1,598円 2,138円 4,298円
128GB分割 3024円×24
分割合計 4,622円 5,162円 7,322円

※2年目からはイチキュッパ割消滅で1,080円のコスト増

 

UQ mobileの場合は一括価格が安い分割引が少ないため、1,000円以下の維持費といったものは通常では実現できません。ただそれでも十分安価な料金ですし、こちらも2回線以降で適用できる540円引きを考えれば安価な運用をすることができます。

ほぼ料金プランが一緒な状態で実質価格が同じなため、分割時の契約でY!mobileと同じ維持費になっています。

 

初動の価格は高め、むしろiPhone SEの安さが目立ってくるか

過去2回のiPhone発売でもそうでしたが、発売時の価格は特にY!mobileにおいてかなり高めな設定がされています。

iPhone 6sはRAMも2GBになった使いやすいスマホではあるものの、流石にY!mobileの設定する7万円、9万円を超える価格は2年前のモデルに対する価格としては抵抗を強く感じます。

過去の例を見ると発売後しばらくしてから割引額の増額、あるいは一括価格の値下げといった施策が入るため、より安く購入したい場合にはそちらを待った方が特にY!mobileの場合は良いかもしれません。

UQ mobileなんかはここにある程度のキャッシュバックが付くので十分に購入しやすく、格安スマホとしての役割を果たすことができると思いますが、Y!mobileは値下げや強力なキャッシュバックが付くことを期待したい価格です。

むしろ今回の価格を見ると画面サイズは違うもののほぼ同じスペックとなるiPhone SEのお手頃感というもののほうが強く感じてくるでしょうか。

ゲームをやったりするのには画面があまり大きくないですが、それ以外の用途であればハイパワーな性能でコンパクトに扱うことが出来ます。

より性能と価格のバランスといったところを求めるならば、しばらくはiPhone SEのほうを契約したほうが良いかもしれません。

iPhone SEの維持費や価格はこちらで⇒Y!mobileとUQ mobileがiPhone SEの価格を値下げ!維持費302円・2台目0円、一括44,172円~など最強の格安スマホに近づく | スマホ辞典

Y!mobileとUQ mobileの契約をするメリット

一括価格は高くなってしまいましたが、割引の高さや元々の通信費の安さによる抑えられたトータルコストといったところは、格安スマホの一つとして魅力的な契約であることは間違いないでしょう。

また今回取り扱いが開始されたY!mobileとUQ mobileは、回線単体を見ても魅力的な「格安SIM」です。iPhoneが契約できる格安SIM、という認識では足りないぐらいの魅力を持った格安SIMですので、その辺りをここからは説明しましょう。

 

Y!mobileとUQ mobileは基本料金の安さから「格安SIM」に分類されていますが、その格安SIMの主だった事業者となる「MVNO」とは異なる扱われ方をすることが多く、MVNOよりは「サブブランド」として認識されています。

キャリアであるSoftBankおよびKDDIのグループ会社・持ち株会社という扱いになっており、Y!mobileとUQ mobileはこの2つにそれぞれ対応したサブブランド回線としてMVNOとは違う立ち位置となっています。

MVNOではなくこのサブブランドであることによって、この2社の回線はMVNOとは比較にならないぐらい品質の高さや優遇のされ方といったものが目立っています。

優遇が見える例としては、今回のようにiPhoneの正規品を扱えているのはキャリアのサブブランドであるY!mobile/UQ mobileだけとなっている点はわかりやすいでしょう。他のMVNOでは整備済み品の更に型落ち品の取り扱いが精一杯となっている中で、Y!mobileとUQ mobileはキャリア側からの手引きもあってか正規品の性能がしっかりしたモデルを今回のように取り扱えています。

また料金プラン内には月額割引やマンスリー割のような高額な割引をスマホセット契約に用意していますが、こちらも24回の割引総額としてはとても普通のMVNOでは太刀打ちできないレベルの金額になっており、キャリアに支えられた資金力の高さというのが強くうかがい知ることが出来ます。

そして何よりもこの2つのサブブランド回線のMVNOとの明らかな違いとして見られるのが通信速度です。

Y!mobileもUQ mobileも、時間帯によって極端に遅くなってしまうという格安SIMの通信速度の特徴とは異なり、一般的にMVNOが混雑する時間帯でも高速な通信速度を安定して毎日提供している、という特殊さがあります。

このため格安SIMの最大のデメリットである安いけど遅いといった問題を克服しており、安い上に速い格安SIMという稀有な存在にこの2社はなっています。この辺りもキャリアの息のかかったMVNOとしての優遇・特別さというのが感じられます。

 

以上のようにY!mobileとUQ mobileは、格安SIMではあるものの普通のMVNOに比べて回線品質や資本力を活かした高額割引などが期待できるサブブランドというMVNOの上位に位置するような格安SIMになっており、キャリアからの移行であってもストレスなく運用できる回線です。

そのため格安スマホを選ぶならば今回のiPhone 6sだけでなくその他のY!mobile/UQ mobileのスマホセットを選んでいくとストレスも後悔も少ない快適な運用といったものが出来るでしょう。

 

Y!mobileとUQ mobile、どちらを選ぶべきか それぞれの特徴

最後に料金やiPhone 6sの価格以外のところでY!mobileとUQ mobileの違い・特徴といったものを簡単にまとめておきますので、契約の際には参考にしてみてください。

Y!mobileの特徴

  • 通話定額付帯、1回10分間の通話料が無料
  • LINEの年齢認証が可能
  • キャリア向けのサービスで一部Y!mobileにも対応していてサービスの利用ができる
  • 家族で2回線以上契約すると、以降の契約は540円引きを毎月受けられる
  • 実店舗が多数展開しサポートが受けられる

Y!mobileはキャリア寄りのサブブランドです。LINEの年齢認証やキャリア向け一部サービスに4つ目のキャリアとして対応していたり、実店舗を積極展開している姿は実にキャリア的です。

UQ mobileの特徴

  • 通話定額が2種類、1回5分の通話料無料タイプか月毎に数十分の無料通話が付帯するタイプを選べる
  • 高速データ通信量の利用を切り替えられる、しかも低速時でも300kbpsと低速感の少ない速度で利用できる
  • 家族で2回線以上契約すると、以降の契約は540円引きを毎月受けられる
  • Y!mobile未満、MVNO以上の実店舗を展開中
  • キャッシュバック付きで現在契約が可能
  • au系MVNOの中では唯一iPhoneでテザリングができる

UQ mobileはMVNO寄りのサブブランドとなるでしょう。高速データの切り替えが可能な点や300kbpsの速度なんかは、切り替え不可・規制時128kbpsのY!mobileにはない強みです。またキャッシュバック付きの契約も出来るため、それを前提にすると実質価格がさらに安くなります。

 

今回の料金・特徴からiPhone 6sを契約する回線選びの参考にしてもらえればと思います。UQ mobileのキャッシュバックについては特設ページからの申し込みに限るので注意してください。

⇒Y!mobileオンラインストア:iPhone

⇒UQ mobile 最大13,000円キャッシュバックキャンペーン

 

キャッシュバックの詳しい内容はこちら⇒UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンや割引施策のまとめ | スマホ辞典

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top