スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

UQ mobile、スマホセットで高額キャッシュバック中 実質0円+キャッシュバックでお得に契約可能に Huawei P10liteやAQUOS L2も対象

UQ mobile、スマホセットで高額キャッシュバック中 実質0円+キャッシュバックでお得に契約可能に Huawei P10liteやAQUOS L2も対象

UQ mobileの販売代理店がUQ mobileのスマホセットにキャッシュバックを適用して契約できるようにしています。

UQ mobileの公式オンラインショップよりも若干契約完了までのステップが長くなってしまいますが、よりお得な契約をすることができるようになるので、こちらでの契約というものはUQ mobileに興味のある方はしっかりと確認しておくと良いでしょう。

 

UQ mobileは普段からもマンスリー割による格安スマホの提供をし続けています。これに加えてこちらのショップならばキャッシュバックを得られるということで、かなり契約的にお得になることでしょう。

キャッシュバックがあることで一括契約もしやすいと思いますので、これまでよりも低価格で一括契約時の安い維持費で使えるようになるかとも思います。

今回はこのUQ mobileの代理店で行われているキャッシュバック施策について紹介していこうと思います。

UQ mobile公式なのにキャッシュバックが得られ、マンスリー割なども無くならない

こちらのUQ mobile公式代理店は、UQ mobileのオンラインショップとはまた違った契約場所という事になります。

【UQモバイルストア 最大25,000円キャッシュバック】

形としてはSoftBankのネット代理店として古くからある「おとくケータイ.net」に近い存在でしょうか。オンラインショップか店頭契約しか選べなかった中で、新たにキャッシュバックももらえるオンライン契約が出来るショップとして出てきました。

店頭契約では時間がかかる上に口頭でしか説明されないようなオプションを付けられてしまったりと、多少のキャッシュバックはあってもリスクや無駄なところが多い契約になってしまいます。

ところがネットからの申し込みならば、待ち時間や契約にかかる時間なんかもほとんどかからず家にいながらでき、オプション契約なんかもしっかりと確認しながら行うことができるので安心して契約することが出来ます。

ほとんど公式のオンラインショップと同じような感覚で契約することができ、それでいてキャッシュバック付きの契約ができるということで、契約内容・方法としてはとてもお得だし助かるショップです。

 

しかもこのキャッシュバックがあるからといって、UQ mobileが今選ばれる理由の一つである実質0円を実現してくれるマンスリー割も消えることなく適用されるので、

実質0円契約+キャッシュバック

という相当に全体のコストが下がる契約が出来てしまいます。

iPhoneは残念ながら取り扱われていませんが、Androidスマホであればこちらでの契約が理想的と言えるでしょう。

キャッシュバックは最大15,000円、対象機種は限定も高性能かつ人気機種が揃っている

こちらのキャッシュバックは契約するプランによって異なるものになっています。

  • プランS:8,000円
  • プランM:11,000円
  • プランL:15,000円

最大で15,000円のキャッシュバックが得られます。

公式サイトでは最大25,000円のキャッシュバックとしていますが、こちらはBroad WiMAXを一緒に契約した場合のキャッシュバック金額になっており、基本は15,000円がキャッシュバックの最大金額と考えて良いでしょう。

キャッシュバック金額は契約して開通した月から3ヶ月後の末日に指定口座に振り込まれるようになっています。それまでに解約などをしてしまうと対象外です。

またキャッシュバックの対象機種は指定されており、それ以外の機種を契約した場合にも対象外になってしまいます。

キャッシュバック対象の指定機種はこちらの機種です(8/1現在)

  • AQUOS L2
  • Huawei P10 Lite
  • Huawei P9 Lite
  • DIGNO V
  • DIGNO W
  • DIGNO Phone
  • Blade V770

この中ではAQUOS L2とHuawei P10 Liteが実質0円スマホとして発売されながら性能も良い機種になるので、こちらをキャッシュバック付きで契約するというのが理想的な形になるでしょう。

 

特におすすめの契約方法はプランMです。キャンペーンで6GBものデータ通信量が使えた上に、通話定額もセットになって利用できます。

しかもキャッシュバックとして約一括3万円ほどのスマホに対して11,000円ものキャッシュバックが適用されるので、実質0円のまま契約してもいいですが、一括購入してしまうというのも一つの手です。

一括購入してしまえば維持費はマンスリー割の力で相当に安くなりますので、かなり使いやすい契約になることでしょう。

試しにAQUOS L2とHuawei P10 Liteの維持費をプランMで出してみました。

維持費例 AQUOS L2
(プランM/6GB)
Huawei P10 Lite
(プランM/6GB)
プランM 4298
マンスリー割 ▲1296 ▲1404
イチキュッパ割 ▲1080(13ヶ月間限定)
維持費(一括) 1922円 1814円
端末分割代 1296 1404
維持費(分割) 3218円 3218円

最初の1年はなんと1,814円という安さです。6GB+通話定額という回線が1,814円は格安スマホ契約の中でもとんでもないレベルの回線契約であると言えましょう。

UQ mobileはただのau系MVNOではない

今回UQ mobileのこちらのキャッシュバック付き契約をおすすめしている理由としては、主にこの維持費とキャッシュバックの2つが大変お得だから、というのもあるのですが、常々このサイトではUQ mobile自体を格安SIMの中でもおすすめの契約として紹介してきました。

その理由は今回の契約のような他と比較してもお得な維持費で使える、というものも含まれてますがそれ以外にも、

ただのau系MVNOではない

というのもおすすめする理由としてはとても大きいです。

 

ただのau系MVNOではないというのはどういうことかというと、UQ mobileは過去の記事でも説明したようにMVNOにも関わらずMNO・回線元であるauと密接につながっているために、実質的なサブブランドとして機能しています。

MVNO格安SIMの速度比較まとめとオススメSIMの考察 | スマホ辞典

auのサブブランドとして機能していることによって、UQ mobileでは他のMVNOでは出来ないようなMNO寄りな強めの施策や回線品質の優遇などがされるようになっているのです。

スマホセットでキャッシュバックが出せるほどのインセンティブを配給していますし、実質0円販売ができるほどに割引に充てる資金があり、またお昼時に低速化しない非常に高速な回線をMVNOなのに有していますし、au系MVNOの中で唯一iPhoneでのテザリングが可能という特殊な運用も可能になっています。

その他にもメールアドレスがドコモの迷惑メールフィルターに引っかからないといった、ただのMVNOにはない「MNOから優遇されているところ」が多々あり、MVNOなのに快適かつ便利で多機能に使える格安SIMなので、このサイトでは常時おすすめのSIMとしています。

 

そんな回線が今回維持費も安いスマホセットにキャッシュバックも付いてくる、ということで強く勧めている訳です。

 

回線品質・維持費の安さ・キャッシュバックによるお得さは格安スマホ全体の中でもトップクラス

以上のようにこちらのUQ mobile公式代理店での契約というのは非常にお得なUQ mobileのスマホセットの契約と言えます。

実質0円のスマホが全てキャッシュバック付きで契約できるため、そちらのキャッシュバックを念頭入れれば実質価格はマイナスになります。

またもしも一括で端末代を支払ってしまえば維持費は1年間2,000円以下、この料金で6GBという大容量かつ通話定額が含まれるというとんでもなく格安な契約をすることができます。

UQ mobileのスマホセットを契約しようとしているならば、こちらのショップをうまく活用することを意識すると良いでしょう。

【UQモバイルストア 最大25,000円キャッシュバック】

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top