スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモ、8月まで最新ガラケー『SH-01J』『P-01J』を実質0円化の安売り

ドコモ、8月まで最新ガラケー『SH-01J』『P-01J』を実質0円化の安売り

7月21日よりスマホ3機種と同時にガラケーの最新モデルが安くなっています。

ドコモ、7月の安売りとしてXperia XZ Premium/Galaxy S8/Xperia X compactを端末購入サポートに | スマホ辞典

これまで新規とMNPのみが実質0円になっていましたが、8月31日までの予定でAQUOSケータイ SH-01JとP-smartケータイ P-01Jが機種変更でも実質0円で契約できるようになりました。

ガラケーは一括価格が元々安い上に、料金プランも安いものが用意されているため、実質0円の契約でも運用コストを大きく下げることが出来ます。特に安くなる機会が少ないこの機種変更の契約であれば、これまでにないタイミングで最新のガラケーを低価格で新しくすることが出来ます。

今回の値下げはガラケーユーザーにとってかなりの朗報になっているので、値下げの状況を確認していきましょう。

J型番の最新ガラケーが月々サポート増額で実質0円

スマホ3機種と同時に割引が変更となったのはガラケー2機種、AQUOSケータイ SH-01JとP-smartケータイ P-01Jの最新のガラケー・ガラホ扱いとなる2機種です。

こちらは今まで実質価格が10,368円という価格設定がされていたのですが、21日からは実質0円という割引が増額された価格に変更されています。

機種変更で実質0円のガラケーというものはこれまでSH-06Gなどの古めで機能制限されたものしか契約できませんでしたが、今回のモデルはWi-Fi/VoLTE/専用Xiプランなど使いやすさが機能や料金といったところで大きく改善されたXiガラケーとなっているので、価格だけでなく本命で使い続けるガラケーとして非常におすすめな機種です。

そんなガラケーが今回安くなっているわけですから、購入チャンスとしてはかなり大きなものになっています。

それでは価格を確認してみましょう。

7月21日~ AQUOSケータイ SH-01J P-smartケータイ P-01J
端末価格 33,696円
(1,404円×24回)
月々サポート
(MNP/新規/機種変更)
▲1,404円
実質価格 0円

一括が比較的安いので、33,696円の端末代を支払えば毎月1,404円の割引が24ヶ月間もの間直接通信料に適用されることになります。

これはガラケー契約、しかも機種変更契約において非常に安くてコストパフォーマンスの良い契約であるのは間違いありません。

実質0円ガラケーの維持費

実際にこの実質0円になった2つのガラケーの維持費を確認してみましょう。

実質0円=毎月1,404円の割引が適用されるため、特に一括契約時の維持費には注目です。

カケホーダイライト+ケータイパック:とにかく一番安い料金で使いたい場合

5分定額+従量制パケット定額

カケホライト+KP
カケホーダイライト(ケータイ) 1296
spモード 324
ケータイパック 324~
docomo Wi-Fi 324
d Wi-Fi永年無料CP ▲324
月々サポート ▲1404
一括合計時 540円
端末分割支払い 1404
分割合計時 1944円
カケホーダイ+ケータイパック:安く通話定額をフルで使いたい場合

24時間定額+従量制パケット定額

カケホ+KP
カケホーダイ(ケータイ) 2376
spモード 324
ケータイパック 324~
docomo Wi-Fi 324
d Wi-Fi永年無料CP ▲324
月々サポート ▲1404
一括合計時 1620円
端末分割支払い 1404
分割合計時 3024円
カケホーダイライト+シェアオプション:既に家族がドコモのシェア回線を保有している場合

5分定額+定額パケットプラン

カケホ+シェアOP
カケホーダイ(ケータイ) 1296
spモード 324
シェアオプション 540
docomo Wi-Fi 324
d Wi-Fi永年無料CP ▲324
月々サポート ▲1404
一括合計時 756円
ガラケー分割支払い 1404
分割合計時 2160円

 

一括契約をしてしまえば機種変更であっても毎月の維持費がこのような安さを実現できてしまいます。最安では540円という維持費になります。これまではMNPや新規のみでしかこうした安い運用は出来ませんでしたが、今回の値下げによって機種変更でも格安維持というものが実現できます。

ガラケー使いの方にとってこの料金というのは大変魅力的かと思うので、値下げ中はもちろん在庫がある内に機種変更をしておくのが無難かと思われます。これだけの安さで最新のガラケーが得られる機会というのはそうそうないことでしょう。

 

選ぶ機種はSH-01Jを優先にしたほうがよい

さてこのSH-01JとP-01Jの2つの値下げガラケーですが、販売時期がほぼ同時期ということもあって基本的には同じような性能となっています。

ただ細かいスペックのところを見ていくと、結構な部分においてSH-01JがP-01Jを上回るスペック・性能というものを有しているのが伺え、もしも2機種とも在庫があるようならばSH-01Jを優先的に選ぶと良いでしょう。

SH-01JのほうがP-01Jと比べて、

  • 解像度
  • タッチクルーザーEXの有無
  • micro SDカードの対応サイズ
  • メインカメラの画素数

というものが優れていて使いやすいため、2機種ともに選べる状態であればあえてP-01Jを優先的に選ぶ必要性というものが少なくなっています。

そのためもしもこの値下げ時に契約しようという場合には、まずはSH-01Jの在庫とカラー・デザインというものを確認した上で、それらが十分で無いようならばP-01Jにする、という選び方をすると良いでしょう。

 

スマホの一括化とは違い、こちらのガラケーは本当に値下げされているものなので、この8月末までに契約することを強くおすすめします。価格の問題は実質0円になったことで一切なくなりましたし、Xiガラケー向けのプランの用意やLINEが使えるという特徴もこれまでの古いガラケーからの乗り換え理由にもなるでしょう。

ドコモのガラケーユーザーにとっては最新モデルに安く乗り換えることができる好機となっているので、ぜひこの機会に契約しておくと良いでしょう。

ドコモオンラインショップ:AQUOSケータイ SH-01J

ドコモオンラインショップ:P-smartケータイ P-01J

なお契約は頭金の無いドコモオンラインショップをおすすめします。頭金が5,400円とか7,560円なんて高額な金額がついてしまうと、それだけで大幅な値上げになり損な契約になってしまうので、この頭金を避けることのできるショップを選ぶようにしましょう。

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について
※2017年12月3日更新

他人よりも効率的に、そして損をせずにiPhoneあるいはAndroidスマートフォンを契約するオススメの方法を今回はお伝えしましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top