スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

注目のMVNO格安SIMキャンペーン 4月編

このサイトでは毎月MVNO格安SIMの速度状況についてまとめています。

MVNO回線速度比較・レビュー

その測定結果を長いこと見ていくとわかるかと思いますが、常時速い速度を出すMVNOというのは中々なく、どのMVNO格安SIMも遅くなる時間帯や時期が存在する、という問題を感じることでしょう。

そのためにこのサイトではなるべく高速な回線が期待できる格安SIMを選べるようにと毎月のスピードテストを実施して参考にしてもらおうとしていますが、MVNO利用者の中にはもはや「MVNO格安SIMは速度が遅い」と割り切った前提を持って、その都度キャンペーンを行っているMVNOを渡り歩いて利用しているユーザーも増えてきているように思えます。

速度を重視することを辞め、こうしたMVNOの新規契約キャンペーン内容を契約の際に重視することによって、タダでさえ安いMVNOの利用料金を更に安く、またはより多くのサービスを利用することが可能になるでしょう。

よく料金が安いMVNOユーザーのほうがキャリアを使っているユーザーよりも「情強」だ、というような風潮がネット上ではありますが、これからはキャンペーンを渡り鳥のように利用して賢くデータ容量を増やしたり通信費の割引を適用させたりするMVNOユーザーのほうが、普通にMVNO格安SIMを使っている方々よりも「情強」と呼ばれるようになるかもしれません。

何かキャリア間MNPが過熱していたころと全く同じ流れが生まれてて笑えませんが、モバイル業界においてはこうした流れは宿命なのかもしれません。

 

というわけで前置きが長くなってしまいましたが、もう速度なんて関係なくお得にMVNOを乗り換えて通信費を安くしてやる!というユーザーへ向けて、4月のMVNO各社のお得なキャンペーンについてをこの記事ではまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

U-mobile:トライアルキャンペーン

trial

今一番熱いキャンペーンがこちら。

いわゆる無料で使える「お試しSIM」と呼ばれる、毎月の通信費が期間限定で0円になって無料で格安SIMを試すことのできるキャンペーンがこのU-mobile含めて数社で実施されているのですが、U-mobileの場合はその「お試しSIM」キャンペーンの中でも特に条件の良いものになっています。

U-mobileのキャンペーンは、毎月0円で格安SIMが2ヶ月間使えるというものです。
この月額0円で使える期間自体は、他の「お試しSIM」に比べると結構短いです(DTI SIMとnuro mobileが6ヶ月)。ですがU-mobileの場合は0円になるのがこれだけではありません。U-mobileではこのSIM契約に関わる事務手数料などの必須の費用も0円にしてくれる、という特徴があります。

通常だと「お試しSIM」は月額が0円の代わりに、この事務手数料を約3,000円ほどを支払わないといけないのですが、U-mobileならそれもいらない本当の意味での0円で契約できる「お試しSIM」となっているので、費用が一切かからず2ヶ月間格安SIMを使ってみることが出来ます。

こうした非常に手の出しやすい契約内容になっているので、U-mobileのトライアルキャンペーンは多くの方におすすめしたいお得なものとして紹介できます。

  • 2ヶ月間月額が0円に(しかも1ヶ月あたり5GBのデータ通信量がついてくる)
  • 事務手数料3,000円が無料
  • SIM発行手数料394円が無料
  • 解約時にその月の料金が満額請求されることはない
  • もしもU-mobileが気に入って音声プランに加入する予定ならば、そちらの事務手数料が無料になるエントリーコードが契約終了後貰える

これだけの至れり尽くせりなお得な内容がキャンペーンにはついてくるので、U-mobileのトライアルキャンペーンは格安SIMをまだ使ったことが無い方はもちろん、docomo系MVNOのSIMが使えるスマホを複数持っている方がお遊びで持つためにも申し込んでみても良いでしょう。ネタとして持っておきたいところなので、Twitter上でガジェットオタクとしてキャラを売っている方所有しておくと話題に参加できるでしょう。

損する要素ゼロな完全に得しかしない契約になっているので、こちらのU-mobileのトライアルキャンペーンは全ユーザー申し込み必須な内容だと言えます。

U-mobile トライアルキャンペーン”

 

NifMo:キャッシュバックキャンペーン+SIMのみ基本料無料×3ヶ月

nifmo

NifMoのキャッシュバックキャンペーンは継続中。

速度調査の記事にもあるように、NifMoは速いだけでなくスピテスブーストなどの類をしていないようなので、安心して使えるMVNOの一つです。

MVNO格安SIMの速度比較 5月編 楽天モバイル新新APN「rmobile.co」でも画像規制を確認

MVNO格安SIMの速度調査、2016年5月編です。

月額料金の安さが比較しようがしまいがどちらにしても安い格安SIMにおいて、重要な要素は安さではなく速度などの使い

NifMoでは従来のキャンペーンが更にパワーアップしており、かなり現金をばらまいています。恐らくは最新スマホのセットで考えると楽天モバイル以上にお得になるのではないでしょうか。

キャンペーンはキャッシュバック型です。

3月からはSIM単体では3ヶ月無料特典も追加となっています。

  • SIM単体キャッシュバック

データプラン 3/7/13GB:3,000円キャッシュバック+NifMo基本料金最大3カ月無料
音声付帯プラン 3/7GB:5,000円キャッシュバック+NifMo基本料金最大3カ月無料
音声付帯プラン 13GB:15,000円キャッシュバック+NifMo基本料金最大3カ月無料

  • スマホセットキャッシュバック

データプラン 3/7/13GB:8,000円キャッシュバック
音声付帯プラン 3/7GB:10,000円キャッシュバック
音声付帯プラン 13GB:20,000円キャッシュバック

大盤振る舞いは13GBプランのキャッシュバック金額でしょう。スマホセットで2万円、SIM単体でも15,000円ものキャッシュバックをしてくれるのは驚異的な内容となっています。

相応に高額なプランではありますが、下手な無制限プランのMVNO回線よりも現状速度は良いため、契約の価値は大いにあると思います。

1.1GBプランは対象外です。

3月からはSIM単体契約に対してキャッシュバックのみならず基本料無料の特典が追加されています。キャッシュバック金額が変わらずに基本料無料が3ヶ月も適用されるということで、キャッシュバック確定の6ヶ月目の利用までデータプランの3GBであれば3ヶ月無料+キャッシュバック3,100円(=900円×3ヶ月の2,700円が無料化)ということで実質的に無料で半年使える高速回線ということにもなります。

こちらの無料特典によって4月でもNifMoはU-mobile並みに格安で使える、それも長い間利用することのできる契約になります。

 

キャッシュバックの判定は契約から6ヶ月目までに解約や指定されているデータ容量をプラン変更してしまったりするとなされません。その時まで契約を維持しておく必要があります。8ヶ月目に契約と同時に取得したniftyのメールアドレスにキャッシュバック振込登録の案内が届くためそれに沿って口座を指定、9ヶ月目にキャッシュバックが振り込まれるという形になります。

キャッシュバックまでの日は長いですが、高額かつ回線速度も長期間高速さを維持しているため、キャンペーン込みで考えた時にはベストに近い格安SIMではないでしょうか。

キャッシュバックはキャンペーンページからの申し込みが必要で公式のページとは異なるのでご注意を。

NifMo SIMカードキャッシュバックキャンペーン”

NifMo スマホセットキャッシュバックキャンペーン”

 

DTI SIM

dti3gb

MVNOのキャンペーンの中で2番目にお得度の高いのはDTIの半年無料キャンペーンです。

このキャンペーンでは3GBデータ容量プランを半年間基本料無料で利用出来てしまいます。

格安SIMの速度を含めた実際の使い勝手というものを、手数料のみで半年も実際に使ってみることが出来る「定番の」キャンペーンは今月も延長しています。

安いキャンペーンのMVNOを渡っていくユーザーにとっては契約が当然のサービスであり、格安SIMをこれから始めようという方にも半年間無料でお試しできる回線として非常に貴重なキャンペーンになっています。

 

無料になるのは3GBプラン、無制限データプランは980円引き/月、5分かけ放題プランは790円引き/月という特典となっています。

3GBや無制限プランは問題ありませんが、音声付帯のプランの割引キャンペーンのほうは1年間の契約解除料縛りが発生するため、気軽には契約できるものではなくどちらかというとメイン用となっています。

どれも通常よりも半年間安く利用できるキャンペーンですが、3GBプランの無料化が最も際立つ内容になるでしょう。

 

また既にこのキャンペーンを使い切ってしまった方でも、今なら事務手数料が最安500円から契約を再開できるようになっているので、一応こちらもお得なキャンペーンとして使えるかもしれません。

 

契約してもほとんど損のないキャンペーンとなっていますので、まだの人は申し込んでおきましょう。

「DTI SIM」半年無料キャンペーン”

LINEモバイル

linemobile

現在そこまで多くのユーザーが集まっていないこともあってか、通信速度がかなり快適な部類に入るMVNOであるLINEモバイルでもキャンペーンを実施しています。

3ヶ月分の基本料無料

こちらは音声プラン契約限定ですが、契約月と6月7月分の合計3ヶ月分の基本料が無料になるというキャンペーンです。

音声プランを契約予定であれば5,000円近い総額割引にもつながるため、かなりメリットの多い内容になるかと思われます。

 

ある程度お金を払ってでも高速な格安回線を得たい場合には、このLINEモバイルが最も適しているかと思います。

LINEモバイル 公式”

 

楽天モバイル:端末割引セール

もはや恒常化したキャンペーンになっていますが、楽天モバイルではセット契約で端末代が大幅に安くなる割引セールを続けています。

販売から1年以上が経過しているようなSIMフリースマホ、特にスナドラ410を搭載した廉価スマホはセットだと端末代が1,000円を超えないものも出ており、在庫処分も兼ねてスマホをばらまいています。

楽天モバイルのセールは過去データプラン契約で散々荒らされてしまったために、一部の端末ではスマホの価格が音声プランの契約とデープランの契約で違っていたり、データプランでも即時解約ができないように6ヶ月間の短期契約解除料が課せられたりされ始めました。

過去に比べて制限が多くなってしまったため、額面上は安いスマホが増えたものの、解約の面倒さや諸々の注意事項なんかを考えると旨みは少なくなってきています。

とりあえずこれからの楽天モバイルのセールを利用する上での注意点は以下のポイントです。

  • 通話SIMのみか、データSIM契約も可能か
  • 事務手数料(3,394円)は別か
  • 税込か税抜か
  • データSIMに短期契約解除料、もしくは値上げが行われていないか

楽天モバイルの端末セールでまずチェックしたいのは契約可能SIMがどのタイプかということです。データSIMでも契約可能ならば、端末だけを貰って楽天モバイルを解約することも可能です。通話SIMのみの契約では契約解除料が必要になるので端末価格をおよそ1.5万円ほど上乗せして考えないといけなくなります。また最近はデータSIMでもセール販売端末に対して短期契約解除料や、端末代自体を値上げするような動きがあり、安いように思えてもデータSIMだと表記の価格とは異なるようになってしまっているスマホが目立ちます。

またデータSIMでは端末価格が値上げされているようになったので、そちらにも気を配る必要が最近は出てきました。約5,000円の値上げが実施されています。

事務手数料はセールによって端末価格に含まれる時と含まれない時があります。3,394円分とこれが含まれているか否かで結構価格のイメージが変わりますので、こちらもチェックしましょう。

更に税込みか税抜き価格なのかという点もセールによって異なる点です。税抜き表示だとやはり最終的に支払う金額が額面より上がってくるので、よく考えた上での購入が必要になってきます。

注意点はこのように複数あります。しかしそこさえ注意してみれば楽天モバイルの端末セールは今SIMフリースマホを安く買うのにとても有用ではあるので、適宜チェックする価値のあるものになっています。

楽天モバイル セール

楽天モバイル楽天市場店

mineo:紹介キャンペーン&新規・既存向けキャンペーン

shinseikatu

mineoのキャンペーンは2つ。

一つは音声付帯プラン(デュアルプラン)契約で3ヶ月×800円の割引が得られるという新生活応援キャンペーン。

こちらはmineoで増えている音声付帯プラン契約者を対象にしています。

 

もう一つはこれまで通りAmazonギフト券の紹介コードも継続して実施されているキャンペーンとしてあります。こちらは今まで1,000円が貰えるというものでしたが、なんと5月上旬までは2,000円というもらえるギフト券が倍増しています。mineoと契約をしたい方はそちらを活用すればさらにお得に契約をすることができます。

回線速度の回復についても積極的に、長く付き合うには適したSIMの一つであるため選ぶ価値のある当サイトおすすめMVNOです。

諸注意や紹介コードについては以下をご覧ください。

mineoのAmazonギフト券紹介キャンペーンコードはこちら!今なら2,000円分だあああああ!!
臆面もなく宣伝させてもらいますが、

当サイトのmineo新規契約向け紹介コードはこちらです。

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&am

  mineo 公式 

IIJmio

12ヶ月×400円割引キャンペーン

IIJmioは新規加入キャンペーンとして、今なら全てのプランで契約後12ヶ月は400円引きという長期間の割引を受けることができるようになっています。

データプランのみでもこの割引は適用できるので、最安では3GBのデータプランを500円で1年間利用することが出来るようになっています。

 

0円でもう1枚追加キャンペーン

IIJmioの魅力の一つであるシェアSIMですが、これを今なら事務手数料0円、1ヶ月400円の料金が3ヶ月間無料化されるというキャンペーンが実施されています。

追加SIMが将来的には月額がかかるとは言え手数料関連が無料で今なら契約できるようになっているので、容量の大きいプランを使っているIIJmioユーザーにとってはかなり魅力的なキャンペーンになっているかと思われます。

複数のスマホやタブレットを持っているユーザーも多いと思うので、こうしたキャンペーンでSIMを追加させてスマホを復活させてもよいのではないでしょうか。

 

紹介キャンペーン

IIJmioをこれから契約する場合には紹介キャンペーンの紹介コードを利用すると、紹介者側も紹介された側もお得に契約することが出来ます。

紹介コードの特典は以下の通りです。

  • 紹介者・・・紹介すると500円の割引が毎月発生、紹介人数によって割引期間が増える
  • 紹介された側・・・2ヶ月間データ通信量が10%増量

どちらもお得になれる紹介キャンペーンが実施中なので、もしもこれからIIJmioの契約をしようとしているのならば、既存のユーザーを探して紹介コードを提供してもらえるようにしましょう。

なおもしも周りに紹介者がいない場合は、このサイトでも紹介コードを配布しているのでぜひ利用してみて下さい。

https://www.iijmio.jp/campaign/mgm/invite/?id=346271232741884&sns=0

  IIJmio 公式 

Y!mobile:SIMのみでもキャッシュバックキャンペーン

Y!mobileでは現在SIMのみの契約に対して割と規模の大き目なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

Y!mobileでは主にSIMフリースマホでの利用目的でSIMのみでの契約も可能になっているのですが、このSIMのみの契約に対して他社のMVNOではちょっと見られないぐらいの高額なキャッシュバックが用意されています。

一番安いスマホプランSでは1万円、スマホプランMとLでは1.5万円に、という金額のキャッシュバックを実施しています。

SIMのみ契約としては破格のキャッシュバックであり、Y!mobileの特徴としてSoftBankのサブブランドゆえに高速な回線が実現できているという魅力もある契約です。

キャンペーンを乗り継いでいく、という趣向で今回の記事ではMVNOのキャンペーンをまとめていますが、このY!mobileでは2年縛りがあるためにその趣向とは外れる内容になってしまうのでそこだけは注意してください。

もうMVNOの不安定な速度状況に耐えられず、安くて安定した回線に乗り換えたいと考えている方向けのキャンペーンかつ回線です。

 Y!mobileキャッシュバックキャンペーン 

Y!mobileとUQ mobileでiPhone SEが発売 価格/維持費について | スマホ辞典

Y!mobileのSIMのみ契約、土日はキャッシュバックが2万円に増額!スマホプランM/Lで | スマホ辞典

exciteモバイル

端末セット系で今地味に話題になっているのがexciteモバイルです。

こちらはデータプランでも良いので端末とセットで契約すると平均よりも安い価格でスマホを購入できます。

中でも現在SIMフリースマホの中でも非常に高い評価を受け、人気も同様に凄いことになっている「Huawei Mate 9」が、exciteモバイルとのセット購入で49,800円と市場相場よりも安い価格で購入できるようになっています。

大分長い間在庫切れが続いていましたが、ようやく最近はカラーによっては在庫がでてくるようになってきたので、「Huawei Mate 9」を安く購入したい方には利用してもらいたいMVNOのキャンペーンになっています。

また特定プラン契約で最大28,000円のキャッシュバックを実施しており、低容量のプランでも月額500円を6ヶ月間にわたって割引してくれるなど、過去にない販促を行っており今キャンペーンを実施している格安SIMの中でも面白い存在です。

IIJ系の回線ということもあり、メイン・サブで使ってみて良いかもしれません。

 エキサイトモバイルキャッシュバックキャンペーン 

イオンモバイル:事務手数料無料の1周年記念キャンペーン

イオンモバイルでは4月10日までになるもののの、3月にも実施していた事務手数料3,240円が1円になるキャンペーンを継続しています。

その他のキャンペーンは終了してしまっていますが、駆け込みでイオンと契約したい場合にはこのキャンペーンだけでも十分にうれしい内容になるでしょう。

 イオンモバイル 

DMM mobile:事務手数料無料の春の生活応援キャンペーン

DMM mobileでは4月3日から5月の終わりまでの間、『春の生活応援キャンペーン』として契約時の事務手数料3,240円を無料にしてくれるキャンペーンを実施しています。

同じIIJをMVNE元とするイオンモバイル同様に初期費用が必要にならないキャンペーンとなっているので、メインはもちろんサブの回線を安く用意したかった方にはうれしいキャンペーンになるでしょう。

 DMM mobile 

BIGLOBE SIM:SIMだけでもキャッシュバックキャンペーン

KDDIグループとなったBIGLOBEはその親に似たキャッシュバック施策を実施中です。

SIMのみ契約でも最大5,000円、スマホセット契約だと最大13,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンを行っています。

またセキュリティセット・プレミアム加入でセキュリティセット・プレミアムが7ヶ月無料になる他、月額料金も最大で1,200円割引されるキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックの条件は

  • 音声もしくはデータSIMの3GB以上のプランに加入
  • 12ヶ月以上継続利用
  • スマホセット契約の場合は10,000円キャッシュバック
  • 指定機種のスマホ契約時には+3,000円キャッシュバック追加

となります。

12ヶ月と継続利用期間が長い点に注意してください。スマホセットの場合だと機種によってはキャッシュバックを受けとるまで継続契約するよりも、セールを狙ったほうがお得な場合もあります。

データSIM契約でも貰えるというのは嬉しいポイントでしょうか。

 BIGLOBE SIM 

 

U-mobileは安さが、LINEは高速。音声プランなら使い勝手の良さ含めてY!mobile

この中から安さで選ぶならU-mobileが良いでしょう。

事務手数料が無料となっているので、出費が0円で格安SIMを試すことが可能です。まだ格安SIMを使ったことのない方はもちろんですが、適当に安いSIMを一枚用意したいという方でもこのキャンペーンは本当に使える内容になっています。

高速回線を使え、なおかつ快適で安い料金で利用したいのならばLINEモバイルが今は良いでしょう。通信速度の良さに比べても使えるデータ容量とその割引やキャッシュバックを含んだ料金のコスパが非常に高いものになっています。

もしも音声プランで契約を予定しているのならば趣向が若干変わってしまいますがY!mobileの契約が品質・料金・特典共におすすめです。2年縛りなのでキャンペーン回線を乗り換えながら使う、というこの記事の趣旨に外れてしまうものの、もしも安住の地を求めるならばこちらが一番適した回線になるでしょう。

⇒U-mobile

⇒LINEモバイル

⇒Y!mobileオンラインストア

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top