スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

3月中に契約しておきたいお得なキャリア・格安SIM案件

例年に負けず劣らず今年度も年度末となる3月には各携帯キャリアでのセール・キャンペーンが実施されています。

特に今年度は格安SIM市場が成熟して競争が激しくなったことで、MVNO各社のキャンペーンも魅力的なものが揃ってきています。

 

キャリアの一括機種変更案件はもちろんですが、MVNOでは格安運用の乗り継ぎに役立つキャンペーンを実施している事業者が多く出てきているので、複数のスマホを所有している方にはキャリア同様にこちらのキャンペーンも見逃せません。

今回紹介するキャンペーン・案件は一応タイトルでも書いてある通り、3月を過ぎると同じ条件で契約できない案件・キャンペーンがあるため、出来る限り3月中に契約しておきたいところです。

例年年度末、決算月を過ぎた場合にはお得なセールの類は大体終了してしまうので、終了時期が3月末に設定されているキャンペーンは表記通り3月一杯で受付が終了すると考えておきましょう。

スポンサードリンク

3月中にチェックしておきたいセール・キャンペーンは8個

選びようによってはもっと選べるのですが、今回ピックアップした案件は次の8つです。

mineoとIIJmioについてはひいき目で見てしまっていますが、全体で割とお得なキャンペーン・契約が可能なものが揃っているかと思います。

  • U-mobileの完全無料SIM
  • NifMoのキャッシュバック+3ヶ月無料SIM(+端末セール)
  • イオンモバイルの事務手数料1円
  • LINEモバイルの3ヶ月無料+データ量増量
  • mineoの紹介キャンペーン+エントリーパッケージ
  • IIJmioの12ヶ月400円引き
  • ドコモの端末購入サポート
  • SoftBankの最安月2円かけ放題ガラケー

それぞれの内容については以下で詳しく説明しているので、ぜひ確認してもらえればと思います。

U-mobile

まず最初に絶対に紹介しておきたいのがU-mobileのトライアルキャンペーンです。

こちらのキャンペーンでは『完全無料SIM』を契約することが出来ます。2ヶ月という期間の制限はあるものの完全に無料のSIMを契約できる、今MVNOキャンペーンの中でも最も熱い内容になっています。

詳細としては、

  • 事務手数料が無料
  • 解約金が無料
  • 2ヶ月分の基本料が無料
  • 5GB/月のデータ量

というものになっていて、事務手やら月額基本料やら何まで2ヶ月の利用範囲内であれば5GBもの通信量が使えながら無料でトライアル=試すことが出来るという完全無料の格安SIM体験をすることが出来ます。

こちらは格安SIMに興味があるものの、設定や使い勝手に不安があって手が出せていない、という方々に是非とも契約してもらいたいです。SIMフリースマホでなくてもドコモのスマホを持っていればSIMを入れ替えるだけで格安SIMの通信状況というものを確認できますし、その流れの中で設定方法というのも把握できてくることでしょう。

格安SIMを使ってみる最初の練習台として初期費用の負担がないという嬉しい内容で始められるので、まず格安SIM初心者はこちらのキャンペーンが実施されている内に回線を手に入れて使ってみることを強くおすすめしたいです。

また2台以上スマホを持っている方にも短期的な無料SIMとして同様におすすめ出来ます。

MVNOのキャンペーンの中では一番熱い内容なのは間違いありません。

U-mobileも「無料SIM」 5GBのデータプランでトライアルキャンペーン実施中

U-mobile公式

NifMo

nifmocp

NifMoはSIMのみ契約に行われていた従来のキャッシュバックキャンペーンにプラスして、3月中は最大で3ヶ月間も月額基本料が無料で使えるキャンペーンも併用可能としており、総額の還元金額が6,000円以上となる契約をすることが出来ます。

  • キャッシュバック3,100円~15,100円
  • 3ヶ月間、月額基本料無料

キャッシュバックを得るまでに6~9ヶ月ほどの継続利用が必要なものの、U-mobileやDTIといった高額還元ながらも速度が遅めのSIMに比べると、長期間高速状態を維持している信頼度の高い格安SIMなので、安く使えた上で長く快適に利用したい方はこちらのキャンペーンは便利に使えるはずです。

またこれ以外にもスマホセット+音声付帯SIMの契約によって、3月21日までの限定特価としてSIMフリースマホが半額で契約できるというセールも実施しています。

ZenFone 3やarrows M03などの比較的高性能で使いやすい機種が安く売られている他、ZenFone Goなどの廉価機種だと1,980円なんて価格も付けられています。

SIMのみ契約でもスマホとセットでも春商戦らしさを見せているのがNifMoです。

NifMo(ニフモ)

イオンモバイル

aeoncp

イオンモバイルでは契約時の事務手数料3,000円が今だと1円となっています。

月額料金はU-mobileのように0円というわけにはいきませんが、初期費用が完全に0円というのは契約しやすいのではないでしょうか。

1GBで480円の料金プランを持っていますから、この初期費用1円のキャンペーンを使って長く利用することを前提としたサブ回線を追加してみるという使い方も考えられます。

U-mobileよりは使いやすいIIJ系の回線網を利用していますし、回線品質も求めた上でキャンペーンSIMを選びたい方にも良いでしょう。

この他事務手数料1円と同じ「1周年キャンペーン」の一環として、通信料割引を10,000名に、10,000円で購入できるスマートフォンを2機種用意、Twitter連動の抽選キャンペーン、などが実施されています。

事務手数料1円だけでも結構助かる内容になりますが、更に追加して上記のようなキャンペーンも行われているので確認してみて下さい。

イオンモバイル

LINEモバイル

衰えない高速通信とカウントフリーやLINEの年齢認証可能などの魅力的なサービスが揃っているLINEモバイルのキャンペーンも魅力的です。

LINEモバイルでは

  • 3ヶ月分の基本料無料(時期指定、音声付帯プランのみ)
  • 3ヶ月間3GBのデータ通信量増量(コミュニケーションフリープラン以上契約)

という2種類のキャンペーンが実施されています。

音声プラン限定ではあるものの、3ヶ月分(契約月+6、7月分)の基本料が無料となった上に、今のドコモ系MVNOの中では最速の部類に入る通信回線を3ヶ月間3GB余計に使うことが出来るというのは嬉しい内容です。

高速で快適な通信速度ももうしばらくは続いてくれるかと思われるので、そうした格安SIM自体の使いやすさを求めたうえでキャンペーンで安く運用したいという場合に適した契約です。

品質とキャンペーンの強さを両立したSIMと言えます。

LINEモバイルが新生活向け3ヶ月間基本料無料キャンペーンをスタート

LINEモバイル公式

mineoとIIJmio

MVNOのキャンペーンについて最後に紹介するのはmineoとIIJmioのものを。

キャンペーンとしてはあまり強くないものの、料金以外での比較・強みが重要になってきた昨今のMVNOの中で、機能やサービスはもちろん事業者としての信頼も厚い格安SIMなので、とりあえず安定して品質の高い回線を長く使っていきたいと思ったらこちらのSIMを契約するといいでしょう。

mineoでは紹介キャンペーンと3ヶ月の基本料無料が行われる新生活応援キャンペーンが実施中です。

詳しくは⇒mineoのAmazonギフト券紹介キャンペーンコードはこちら!今なら2,000円分だあああああ!!

IIJmioでは12ヶ月間もの間400円引きを受けられるキャンペーンが実施中で、合わせて紹介キャンペーンも行われています。

詳しくは⇒IIJmioのお友達紹介キャンペーンコードはこちら

それぞれ安心して格安SIMを使いたい場合におすすめなMVNOなので、キャンペーン内容よりも品質重視で選びたい場合にはこちらも候補になるでしょう。

 

ドコモ端末購入サポート

キャリアの契約となると2017年に入ってから強烈なインパクトを残しているドコモの端末購入サポート機種の機種変更契約が挙げられるでしょう。

新規でも購入しやすくしてくれている端末購入サポートですが、やはり一番恩恵があるのは機種変更になるでしょう。

現在端末購入サポートで契約できるものの中でも良いものとなると、以下の機種を挙げることができます。

スマートフォン

  • iPhone SE:機種変更15,520 円~・新規MNP15,520円~
  • Xperia X compact SO-02J:機種変更15,520円・新規MNP15,520円
  • Xperia XZ SO-01J:機種変更25,920円・新規MNP15,520円

タブレット

  • iPad Air2:新規MNP機種変更0円~
  • iPad mini4:新規MNP機種変更0円~

ルーター

  • L-01G:新規MNP機種変更0円+月々サポート▲540円

Xi対応ガラケー

  • AQUOSケータイ SH-01J:機種変更19,440円・新規MNP0円

年度末・春商戦ということもあって、発売から間もない機種や人気のモデル、性能が高くて評判の良い機種らが安価な一括価格で契約できるようになっています。

スマホはもちろんタブレットやガラホといった機種の中でも買い替えて失敗しない機種が安くなっているため、この安売りが続いている3月中にドコモユーザーにはぜひとも機種変更してもらって新しい機種へとお得に買い替えてもらいたいところです。

4月になると大半の機種が実質価格に戻ってしまうのが去年一昨年からの流れなので、機種変更は絶対今月中が必至です。

ドコモの機種変更でおすすめのスマホ機種 2017年3月のまとめ

ドコモオンラインショップ

SoftBankの月300円回線

毎月のケータイ代を可能な限り抑えたいならばこの案件に乗り換えることをおすすめします。

1回につき5分間までの通話であれば何回でも無料になるガラケー回線が月300円で持ててしまうというキャンペーン回線がこちらです。

MNP限定にはなるものの、音声回線としてはほぼ最安に近い金額で持てるものになっているので、格安SIMへの乗り換えや他キャリアへの乗り換えなどMNPも視野に回線切り替えを検討していた方はこちらの案件もぜひチェックしてほしい内容です。

正規での契約では月300円ですが、下取りを出すことによって維持費は月2円まで下がります。5分かけ放題の回線が月2円というのはかなり魅力的なはずです。

この回線をメインの通話回線とし、データ回線側に格安SIMを利用すると、MVNOの縛りを気にせずに快適なデータ通信速度を出しているSIMへと乗り換えやすくなります。通信速度に不満が出やすい格安SIMへとそのまま通話回線を移してしまうと、別の格安SIMへ乗り換えたくなっても縛りの問題でしばらく動けなくなってしまいますが、これなら縛りのある音声回線を月300円以下のガラケーに任せることができるので、格安SIM回線の扱いに高い自由度が生まれます。

2台持ちで回線組み合わせの自由度を上げながら最大限に料金を節約したいという「情強」向けの運用が可能になる契約です。

今度は月300円!AQUOS ケータイ2 602SHの通話定額ライトプラン運用はガラケーのりかえ割の代替に最適!

 

以上の8つのキャンペーンがこの3月中に実施されているものの中でも特にお得度が高く、一部は3月中で終了してしまうために4月になる前に契約手続きをしてもらいたいキャンペーン案件ということになります。

お得にスマホが買えるものから維持費が大きく下がるものまでが用意されているので、良案件を逃さないようにしてください。

「MVNO格安SIMは速度が遅い」ことを前提にお得なキャンペーンを乗り継いだ運用をするためのCPまとめ 3月編

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top