スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

MVNO格安SIMの速度比較 3月編

MVNO格安SIMの速度調査3月編です。

格安SIMを選ぶのに各社ほとんど変わらない月額料金で比較しても現在ではあまり意味がありません。料金で比較してしまってはあまりにも似通ったプラン・金額でますますどれを選んでいいかわからなくなってしまいます。

そんな料金では比較しずらくなった格安SIMを選ぶ指標として、今一つ有効なものとして捉えらているのが「通信速度」です。

料金の安さは各社今となってはほとんど比較するまでもなく格安な料金を提供していますが、速度に関してはMVNO各社の姿勢の違いや事業に対する真剣さなどによって大きく異なってきます。速度というのは料金よりも毎日の使い勝手に直接関わってくる指標ですから、こちらを重視して格安SIMは選ぶべきであるという考えが広まっています。

特に格安SIMの利用者が多くなってきたことで、格安SIMに対する不満点なども目に付くようになりましたが、その大半を占めるのがこの通信速度が遅いという問題に関してです。

通信速度はMVNOの性質上、料金プランよりも各社の違いがはっきりと表れながら、その内実といったものが事業者から公表されにくいために、比較するための指標として今一番効果的なポイントとなっています。

今回もその速度を各MVNOで比較した調査の2月分をお届けします。こちらと過去の測定結果を見て貰えれば、今速いところがどこなのかも、長く高速な回線を提供しているのがどこなのかということも比較できるかと思われます。

 

2016年3月より計測方法を大幅に変更しています。スピードテストアプリやサイトの結果が現状全く参考になりそうにないMVNOが多いため、そのままその結果を鵜呑みにせずWebサイトを実際に読み込んでみた場合の実効速度を計測しています。

MVNO格安SIMの速度比較 3月編 一部MVNOで混雑時スピードテスト外の通信に速度規制を確認
3月もいつも通りのMVNO格安SIMの通信速度の状況を定点観測してみたいと思います。

ただし今回は一部のMVNOにスピードテストで計測される速度と、実際に使用した時との速度に

検証方法の正確性という意味でどれだけ変更後の方法が有用かはわかりませんが、少なくとも従来のスピードテストアプリやサイトに頼ったやり方よりは実効速度というものを表しているかと思いますので参考にしてみて下さい。

検証方法

検証端末等 ドコモ系・au系:MR04LN
TCP Monitor Plus
検証時間 3月1,2日計測
12時25分~(LINE mobile/DTI/U-mobile/OCN/Wonder Link/イオンモバイルは計測時間の都合上3月2日の同時間帯に計測)
16時~
21時15分~
2つの混雑して回線が輻輳する時間帯と1つの空いている時間帯を選んでいます。
スピードテストの速度検証 speedtest.net
Webサイト読み込みの速度検証 「楽天モバイル」のHP(約5.3MB)

TCPモニターの見方

TCPモニターは右から左へとパケットの流れる向きを記録しています。そのため結果の参考として載せてある各画像の右側が測定開始のタイミングになり、そこから左へ進むごとに時間ごとのパケット通信量の推移を確認できます。

一部のMVNOはバーストしており山が大きくなっているので、そっち側が記録開始地点としてわかりやすいかもしれません。

一応記録開始からのグラフには全回線なっていますが、キャプチャーのタイミングで開始点が若干ずれているものがあるのでご了承下さい。

「楽天モバイル」の公式HPの表示速度を新たな指標に

これまでの実効速度の確認方法を一部変更しています。

今までは1枚の大容量画像と動画の読み込み時の通信速度について記録してきましたが、「通信の最適化を確認するやつ」さんのページがないことやMVNOで動画を見るユーザーも今そんなにいないだろうということでこちらを別の指標に変えています。

今後はWebサイトの読み込み時間という指標をもとに比較してみようと思います。

Webサイトは読み込みファイルサイズが大きくてMVNOという関連性もあることから「楽天モバイル」のPC版公式HPを使っています。「楽天モバイル」の公式HPは容量が計測当時で約4.5MB、それが複数の細かいファイルでバラけての合計となっているため、1枚画像のファイルダウンロード速度結果とはまた違った傾向を導き出せるかと思われます。

測定結果は読み込みにかかった秒数で記録しています。5秒前後、10秒前後、15秒以上といった大雑把な分け方ではありますが、その読み込み速度を記録しています。詳細なダウンロード速度についても参考値を出していますが、グラフを目視で読み取った数値となるのでより詳細な速度状況を確認したい場合は、添付してある速度グラフの画像ファイルを確認してみて下さい。

楽天モバイルの公式HPがあまりにも重いため、MVNOの通信速度としては10秒前後で読み込めれば合格点になるでしょう。5秒前後という数字だと相当好調であると言えます。

というわけで今後はこちらのWebサイトの読み込み速度という指標についても利用して通信速度の比較を行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

速度結果

下の表はトラフィックモニターを目視しての平均値を算出した結果です。

より詳しいグラフの推移は若干見にくいですが以下のファイルより確認できるかと思います。

https://goo.gl/photos/tDaJ4DMsLvcWPrKHA

MVNO 時間帯 スピテス webサイト読み込み速度 webサイト読み込み時間
イオンモバイル 12時 0.56Mbps 0.70Mbps 15秒以上
16時 16.07Mbps 6.7Mbps 5秒前後
21時 1.81Mbps 2.0Mbps 15秒以上
BIGLOBE 12時 0.35Mbps 0.30Mbps 15秒以上
16時 7.48Mbps 11.8Mbps 5秒前後
21時 0.79Mbps 0.75Mbps 15秒以上
DMM moible 12時 0.43Mbps 0.5Mbps 15秒以上
16時 10.33Mbps 5.0Mbps 5秒前後
21時 1.74Mbps 1.2Mbps 15秒以上
DTI 12時 1.88Mbps 1.6Mbps 15秒以上
16時 2.59Mbps 2.7Mbps 10秒前後
21時 1.36Mbps 0.7Mbps 15秒以上
FREETEL 12時 4.43Mbps 0.3Mbps 15秒以上
16時 9.34Mbps 3.0Mbps 10秒前後
21時 16.75Mbps 0.8Mbps 15秒以上
LINE mobile 12時 12.99Mbps 8.6Mbps 5秒前後
16時 8.99Mbps 8.1Mbps 5秒前後
21時 6.89Mbps 7.2Mbps 5秒前後
IIJmio 12時 0.41Mbps 0.45Mbps 15秒以上
16時 16.60Mbps 7.8Mbps 5秒前後
21時 1.73Mbps 2.5Mbps 10秒前後
mineo-d 12時 0.98Mbps 0.50Mbps 15秒以上
16時 17.80Mbps 9Mbps 5秒前後
21時 4.66Mbps 3.3Mbps 15秒前後
mineo-a 12時 0.43Mbps 0.40Mbps 15秒以上
16時 7.17Mbps 4.9Mbps 5秒前後
21時 1.14Mbps 1.2Mbps 15秒以上
NifMo 12時 0.37Mbps 0.55Mbps 15秒以上
16時 12.36Mbps 7.6Mbps 5秒前後
21時 6.50Mbps 5.6Mbps 5秒前後
OCNモバイルONE 12時 0.69Mbps 0.9Mbps 15秒以上
16時 16.01Mbps 9.4Mbps 5秒前後
21時 2.45Mbps 1.8Mbps 15秒以上
楽天モバイル(.co) 12時 4.52Mbps 0.55Mbps 15秒以上
16時 14.74Mbps 6.7Mbps 5秒前後
21時 9.86Mbps 4.9Mbps 5秒前後
楽天モバイル(.jp) 12時 3.16Mbps 0.05Mbps 15秒以上
16時 14.14Mbps 7Mbps 5秒前後
21時 13.03Mbps 1.8Mbps 15秒以上
U-mobileLTE使い放題 12時 3.57Mbps 2.5Mbps 10秒前後
16時 1.56Mbps 2.0Mbps 15秒以上
21時 0.88Mbps 0.7Mbps 15秒以上
UQ mobile 12時 9.76Mbps 6.5Mbps 5秒前後
16時 8.68Mbps 6.2Mbps 5秒前後
21時 13.02Mbps 7.2Mbps 5秒前後
WonderLink 12時 12.76Mbps 12Mbps 5秒前後
16時 16.28Mbps 10Mbps 5秒前後
21時 9.17Mbps 5.8Mbps 5秒前後
Y!mobile 12時 28.77Mbps 7Mbps 5秒前後
16時 29.24Mbps 10Mbps 5秒前後
21時 18.98Mbps 10Mbps 5秒前後

楽天モバイル・FREETEL

スピテス特化系SIMについてまず触れていきます。

こちらの2社は過去判明したスピテスブーストあるいは帯域制御が今月も強く効いています。特にFREETELは実効速度とみなしているWebサイトのダウンロード速度が大きく低下しており、従来の評価としてあった「スピテスは詐欺っテルけど実効速度自体はそこまで悪くない」という内容の擁護ができないレベルに落ちています。

混雑する2つの時間帯で結果が悪く、他社と比較しても速度面での優位性は全くありません。

楽天モバイルも特にお昼時によってスピードテストと自社サイトの読み込み速度に大きな違いがでています。更にAPNによっても違いがあるため、同じ契約なのに速度の異なる環境が生まれている状態です。

今月は.coのAPNに対応した回線は、昼時以外でスピテスブーストがあっても実効速度自体は十分実用可能の結果がでています。こちらを契約できれば楽天モバイルのスーパーセールで端末セットの購入をしても、一定の快適さをもって利用できるのではないでしょうか。

WonderLink F・LINEモバイル

ここ最近速度増強がされ使いやすくなっていたWonderLink Fの回線は今月も好調です。マイナーな存在のためユーザーの増加率が他社と比べても少ないということが見てとれるため、一旦増強が成功すれば暫くはその通信速度が継続するというのがこのMVNOの特徴になるでしょうか。

選べるプランは限られていますし料金も高めなので使い方にマッチする方は多くないかもしれませんが、通信速度で比較したときには候補となる回線であることは間違いないでしょう。

LINEモバイルは速度が回復。内部の人間も「分かっている」人間が運営している事業者であるというのがTwitterの発言からもわかるため、帯域増強に関しては新興ながら安心できるMVNOかと思われます。

将来的にこの速度、特に昼時の速度の維持は難しいかもしれませんが、中期的にはまだまだ快適な通信速度で利用することができる可能性は非常に高いでしょう。

予想されていたほど速度が遅くなる心配というものが無かったため、半年から1年未満を確実に快適な環境で使い続けたいならばこのLINEモバイルを選んでも良いでしょう。

IIJ系・mineo・NifMo

比較的頻繁にこの速度比較調査でおすすめしたり好意的に捉えているこちらの3グループについて。

IIJ系に関しては今月は低速化してしまっています。そもそも全体が低速気味な結果が残る中ではそれでも中ぐらいのレベルではあるものの、あえて速度比較の中で推すような結果ではないでしょう。

MVNO全体の中では比較的こうした速度低下が起きても対応や改善へ繋がる行動が早い事業者なのでそこまで深刻ではありませんが、速度での比較となるとそれ自体が大きな強みにはなっていません。

mineoは設備増強スケジュール表によれば直前の2月末に増強がされているために、ドコモ系回線に関しては予想よりも良い結果が見受けられます。2,000円の紹介キャンペーンや実店舗拡大の影響で契約者数も増えていることから、この状況も長くは続かないということは覚悟しておくべきですが、今回の調査では結果を残しています。

一方でau系のmineo回線はUQ mobileの存在でモチベも下がっているのか増強直後にも関わらず結果は振るいません。ちょっとこちらは評価としては低いものにならざるをえません。au系の回線については総務省なんかが首を突っ込まない限りはUQ mobile一強のような状態になっています。

NifMoはまたまた安定した結果に。1年以上この通信速度の良さを継続しているのは手放しで褒めてもいいかもしれません。キャッシュバック施策などで契約者数は増加しているかと思いますが、増強に手を抜いていないのがわかります。ただ昼は弱いのでその点はある程度覚悟した上での契約が必要です。

こちらのNifMoは3月から無料期間付きで契約できるキャンペーンも始まったため、高速な通信速度を期待できる上に安いというコスパの良いMVNOとしても利用できるので、今月はかなり注目してよいのではないでしょうか。

UQ mobile・Y!mobile

相変わらずの高速回線となっているのがUQ mobileとY!mobileのキャリアサブブランド勢です。MVNOではありませんが格安SIMではあるので一緒に計測・比較をしていますが、他のMVNOでは敵いようのない結果を双方ともたたき出しています。

どちらもお昼と夜という2つの混雑時でも通信速度の低下を感じさせず、ストレスのほとんど感じない通信速度を実現しています。

データプランにおいてはUQ mobileが3GBのみ、Y!mobileが1GBのみと大容量プランを選べないという弱点はありますが、音声付帯の契約であればどちらも最大14GBのデータ通信量が付いたプランまでを選ぶことが出来、幅広い使い方が出来る上に安くて速い格安SIMを得ることが出来ます。

速度比較という観点からはこの2社に対抗できるMVNOはほぼないでしょう。LINEモバイルやNifMoであってもその性質上確実に遅くなるタイミングが今後出てくると思いますが、UQ mobileとY!mobileはキャリアと密接なつながりのある事業者という特殊性から、MVNO的な速度低下を起こす可能性が低いです。

機能やサービスといったところにも目を向ければドコモ系のMVNOを選ぶ価値も上がると思いますが、au系・SoftBank系の回線網を利用したMVNO回線を選ぶならばUQとY!の2つがベストであることは間違いありません。

その他

U-mobileの無制限プランの回線が何気に「無制限プランにしては」良い結果を残していますが、こちらに関しては未だに3日1GB制限が設けられているため常用向きではないでしょう。キャンペーンの無料お試しSIMを契約したほうが実利用には適しているかと思います。

 

まとめ

今月は全体的に速度が遅い結果が揃ってしまいました。スピテスブーストも久々に強烈な内容を見ることが出来、まだまだスピードテストアプリだけを頼れない状況というのは続きそうです。

 

ドコモ系では4つのMVNOが比較的高速な範疇で利用できるようになっています。WonderLink F、LINE、mineo、NifMoというこれまでも上位の機種として何度も名前の挙がっているMVNOで、やはり一定の高速回線を期待できるのはある程度運営がしっかりしたMVNOに限られてくるのだなと感じます。

ただmineo辺りは今の加入者増のペースだとまたすぐに速度低下が発生してしまう可能性もあるので、そこは念頭においた上で契約してみてください。

この中で今月新たに契約をするならば特にLINEモバイルとNifMo、mineoがお得なキャンペーンを実施しているため、速度以外の面を含めてお得な契約をしたいのならばこれらを選ぶと良いでしょう。

  • LINEモバイル:音声3ヶ月無料+データ通信量3GB×3ヶ月増量
  • NifMo:基本料3ヶ月無料+キャッシュバック3100円(SIMのみ契約)
  • mineo:音声800円引き×3ヶ月+紹介キャンペーン2000円バック

NifMoはデータプラン・SIMのみ契約でこの内容のキャンペーンを受けれるのでこの中でもかなりお得なのですが、キャッシュバック受け取りが9ヶ月後なのでキャンペーンの完遂には若干長い期間が必要となります。

LINEやmineoだと音声が必須の割引がありますが、割とすぐにキャンペーン全てが適用されることになります。

⇒LINEモバイル

⇒mineo

⇒NifMo

 

au系は相変わらずUQ mobileです。

同じタイプではmineoのAプランがありますが、機能やキャンペーン・サービスを比較項目に加えたとしても、UQ mobileの強さには敵わないかと思われます。

au系回線の使えるSIMフリースマホや白ロムを所有しているなら間違いなくこちらです。

⇒UQ mobile

 

音声付帯プランで安さと品質の両取りをしたいのならばY!mobileです。

低速とは無縁の高速回線でありながらキャンペーンによって大容量・低維持費を実現しているのがY!mobileです。音声通話定額も10分無制限にグレードアップしていますし、家族割で500円引きやTポイント連動などでキャリアの資本力を活かしたサービスの充実っぷりも見逃せません。

最近人気のHuaweiスマホともLTE Band対応や修理サポート対応によって相性も良いので、キャリアからスムーズに乗り換えしたい方・格安SIMに不満を持っていた方におすすめ出来る回線です。

⇒Y!mobile

 

以上が今月の結果から導き出されるおすすめ回線です。多少速度の違いはあるものの、大体はこれまでのおすすめ回線と同じMVNOがラインナップ入りしています。

利用の快適さで言えば今回挙げた事業者を選べばそこまで不満も後悔も感じることは無いかと思います。

 

今回は速度を比較していますが、他の選び方としてキャンペーンの良いものを中心に乗り換え続けるという方法もありますので、そちらを実行する場合には以下の記事を参照してください。

「MVNO格安SIMは速度が遅い」ことを前提にお得なキャンペーンを乗り継いだ運用をするためのCPまとめ 3月編

 

IIJmioのお友達紹介キャンペーンコードはこちら
現在IIJmioが新規・既存契約者に対してお友達 紹介キャンペーン実施しています。

お友達紹介キャンペーンではIIJmioを紹介した側、紹介されて契約した側双方にメリットが生

IIJmioのお友達紹介キャンペーンコードはこちら

mineoのAmazonギフト券紹介キャンペーンコードはこちら!今なら2,000円分だあああああ!!
臆面もなく宣伝させてもらいますが、

当サイトのmineo新規契約向け紹介コードはこちらです。

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&am

mineoのAmazonギフト券紹介キャンペーンコードはこちら!今なら2,000円分だあああああ!!

Y!mobileがSIMのみ契約に1万円キャッシュバックを実施中 1,980円の基本料で格安SIM以上にお得に
格安スマホ、格安SIMブームで勢いづいているY!mobileですが、新たなキャンペーンを開催して更にその勢いを増そうとしています。

Y!mobileではこれまで音声S

Y!mobileがSIMのみ契約に1万円キャッシュバックを実施中 1,980円の基本料で格安SIM以上にお得に

iPhone 5sの格安スマホ化が加速!Y!mobileとUQ mobileで分割1,980円、一括なら最安180円の格安運用が可能に
11月19日からiPhone 5sを取り扱っているY!mobileとUQ mobileというサブブランド勢がその販売価格を値下げしました。

本体価格が従来の6万円台から4万円

iPhone 5sの格安スマホ化が加速!Y!mobileとUQ mobileで分割1,980円、一括なら最安180円の格安運用が可能に

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top