スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

MVNO格安SIMの速度比較 2月編

MVNO格安SIMの速度調査2月編です。

格安SIMを選ぶのに各社ほとんど変わらない月額料金で比較しても現在ではあまり意味がありません。料金で比較してしまってはあまりにも似通ったプラン・金額でますますどれを選んでいいかわからなくなってしまいます。

そんな料金では比較しずらくなった格安SIMを選ぶ指標として、今一つ有効なものとして捉えらているのが「通信速度」です。

料金の安さは各社今となってはほとんど比較するまでもなく格安な料金を提供していますが、速度に関してはMVNO各社の姿勢の違いや事業に対する真剣さなどによって大きく異なってきます。速度というのは料金よりも毎日の使い勝手に直接関わってくる指標ですから、こちらを重視して格安SIMは選ぶべきであるという考えが広まっています。

特に格安SIMの利用者が多くなってきたことで、格安SIMに対する不満点なども目に付くようになりましたが、その大半を占めるのがこの通信速度が遅いという問題に関してです。

通信速度はMVNOの性質上、料金プランよりも各社の違いがはっきりと表れながら、その内実といったものが事業者から公表されにくいために、比較するための指標として今一番効果的なポイントとなっています。

今回もその速度を各MVNOで比較した調査の2月分をお届けします。こちらと過去の測定結果を見て貰えれば、今速いところがどこなのかも、長く高速な回線を提供しているのがどこなのかということも比較できるかと思われます。

過去の計測結果は以下に。

MVNO回線速度比較・レビュー | スマホ辞典

2016年3月より計測方法を大幅に変更しています。スピードテストアプリやサイトの結果が現状全く参考になりそうにないMVNOが多いため、そのままその結果を鵜呑みにせずWebサイトを実際に読み込んでみた場合の実効速度を計測しています。

MVNO格安SIMの速度比較 3月編 一部MVNOで混雑時スピードテスト外の通信に速度規制を確認
3月もいつも通りのMVNO格安SIMの通信速度の状況を定点観測してみたいと思います。

ただし今回は一部のMVNOにスピードテストで計測される速度と、実際に使用した時との速度に

検証方法の正確性という意味でどれだけ変更後の方法が有用かはわかりませんが、少なくとも従来のスピードテストアプリやサイトに頼ったやり方よりは実効速度というものを表しているかと思いますので参考にしてみて下さい。

検証方法

検証端末等 ドコモ系・au系:MR04LN
TCP Monitor Plus
検証時間 2月1,2日計測
12時25分~(LINE mobile/DTI/U-mobile/OCN/Wonder Link/イオンモバイルは計測時間の都合上2月2日の同時間帯に計測)
16時~
21時15分~
2つの混雑して回線が輻輳する時間帯と1つの空いている時間帯を選んでいます。
スピードテストの速度検証 speedtest.net
Webサイト読み込みの速度検証 「楽天モバイル」のHP(約4.1MB)

TCPモニターの見方

TCPモニターは右から左へとパケットの流れる向きを記録しています。そのため結果の参考として載せてある各画像の右側が測定開始のタイミングになり、そこから左へ進むごとに時間ごとのパケット通信量の推移を確認できます。

一部のMVNOはバーストしており山が大きくなっているので、そっち側が記録開始地点としてわかりやすいかもしれません。

一応記録開始からのグラフには全回線なっていますが、キャプチャーのタイミングで開始点が若干ずれているものがあるのでご了承下さい。

「楽天モバイル」の公式HPの表示速度を新たな指標に

これまでの実効速度の確認方法を一部変更しています。

今までは1枚の大容量画像と動画の読み込み時の通信速度について記録してきましたが、「通信の最適化を確認するやつ」さんのページがないことやMVNOで動画を見るユーザーも今そんなにいないだろうということでこちらを別の指標に変えています。

今後はWebサイトの読み込み時間という指標をもとに比較してみようと思います。

Webサイトは読み込みファイルサイズが大きくてMVNOという関連性もあることから「楽天モバイル」のPC版公式HPを使っています。「楽天モバイル」の公式HPは容量が計測当時で約4.5MB、それが複数の細かいファイルでバラけての合計となっているため、1枚画像のファイルダウンロード速度結果とはまた違った傾向を導き出せるかと思われます。

測定結果は読み込みにかかった秒数で記録しています。5秒前後、10秒前後、15秒以上といった大雑把な分け方ではありますが、その読み込み速度を記録しています。詳細なダウンロード速度についても参考値を出していますが、グラフを目視で読み取った数値となるのでより詳細な速度状況を確認したい場合は、添付してある速度グラフの画像ファイルを確認してみて下さい。

楽天モバイルの公式HPがあまりにも重いため、MVNOの通信速度としては10秒前後で読み込めれば合格点になるでしょう。5秒前後という数字だと相当好調であると言えます。

というわけで今後はこちらのWebサイトの読み込み速度という指標についても利用して通信速度の比較を行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

速度結果

下の表はトラフィックモニターを目視しての平均値を算出した結果です。

より詳しいグラフの推移は若干見にくいですが以下のファイルより確認できるかと思います。

https://goo.gl/photos/WnoRSs7wJ6X5beQ47

MVNO 時間帯 スピテス webサイト読み込み速度 webサイト読み込み時間
イオンモバイル 12時 0.43Mbps 0.50Mbps 15秒以上
16時 19.39Mbps 9.6Mbps 5秒前後
21時 3.20Mbps 4.5Mbps 5秒前後
BIGLOBE 12時 0.23Mbps 0.30Mbps 15秒以上
16時 7.39Mbps 10.1Mbps 5秒前後
21時 0.90Mbps 0.8Mbps 15秒以上
DMM moible 12時 0.37Mbps 0.5Mbps 15秒以上
16時 9.89Mbps 8.1Mbps 5秒前後
21時 2.00Mbps 0.8Mbps 15秒以上
DTI 12時 2.08Mbps 0.85Mbps 15秒以上
16時 5.03Mbps 10.0Mbps 5秒前後
21時 0.88Mbps 1.4Mbps 15秒以上
FREETEL 12時 2.84Mbps 0.45Mbps 15秒以上
16時 5.51Mbps 5.8Mbps 5秒前後
21時 1.57Mbps 1.6Mbps 15秒以上
LINE mobile 12時 3.00Mbps 4.0Mbps 5秒前後
16時 7.44Mbps 8Mbps 5秒前後
21時 10.45Mbps 6.1Mbps 5秒前後
IIJmio 12時 0.50Mbps 0.55Mbps 15秒以上
16時 18.32Mbps 8.1Mbps 5秒前後
21時 1.85Mbps 2.5Mbps 10秒前後
mineo-d 12時 0.43Mbps 0.55Mbps 15秒以上
16時 16.15Mbps 12Mbps 5秒前後
21時 6.21Mbps 7.3Mbps 5秒前後
mineo-a 12時 0.51Mbps 0.35Mbps 15秒以上
16時 12.54Mbps 9.9Mbps 5秒前後
21時 1.20Mbps 1.5Mbps 15秒以上
NifMo 12時 0.40Mbps 0.55Mbps 15秒以上
16時 14.68Mbps 8.9Mbps 5秒前後
21時 5.05Mbps 5.8Mbps 5秒前後
OCNモバイルONE 12時 0.95Mbps 1.3Mbps 15秒以上
16時 10.39Mbps 7.5Mbps 5秒前後
21時 2.43Mbps 3.0Mbps 10秒前後
楽天モバイル(.co) 12時 4.68Mbps 0.35Mbps 15秒以上
16時 8.56Mbps 9Mbps 5秒前後
21時 13.27Mbps 6.1Mbps 5秒前後
楽天モバイル(.jp) 12時 10.25Mbps 0.55Mbps 15秒以上
16時 9.53Mbps 4.5Mbps 5秒前後
21時 7.769Mbps 2.0Mbps 10秒前後
U-mobileLTE使い放題 12時 2.15Mbps 1.3Mbps 15秒以上
16時 2.29Mbps 2.8Mbps 10秒前後
21時 0.47Mbps 0.5Mbps 15秒以上
UQ mobile 12時 7.37Mbps 5.8Mbps 5秒前後
16時 5.28Mbps 5.5Mbps 5秒前後
21時 8.75Mbps 6.9Mbps 5秒前後
WonderLink 12時 8.86Mbps 8.0Mbps 5秒前後
16時 5.91Mbps 5.4Mbps 5秒前後
21時 6.92Mbps 9.6Mbps 5秒前後
Y!mobile 12時 22.77Mbps 12Mbps 5秒前後
16時 19.17Mbps 14Mbps 5秒前後
21時 25.67Mbps 15Mbps 5秒前後

楽天モバイル・FREETEL

今月も同じくくりにしている2社ですが、FREETELはスピテスと実効速度の差がこれまでよりも少なめでした(といってもお昼の時間帯に全く体感速度が異なる数字を出しているのですが)。

ツッコミどころがあるのは楽天モバイルです。お昼時は一部で10Mbpsを超えるような通信速度をスピードテストで記録しながら、自社のWebサイトでは1Mbpsも読み込み速度が出せてません。

スピテスブーストについて触れるのは大分面倒になってきましたが、まだまだそういうところがこの2社には見えているので注意するようにしてください。

ただ今月はスピテスと差があるとはいえ、特に楽天モバイルが実効速度自体は昼以外は良いというのがあり、これをどう捉えるかは格安SIMに求めるものの違いになってくるでしょうか。

楽天モバイルの通話定額オプションや楽天ポイントを貯めたり支払いに利用できる利点、そして端末セールが非常に強力というポイントを考えると、速度や事業者としての真摯さというものがそこまで上位の選択基準じゃないという方にはむしろ良いMVNOかもしれません。

LINEモバイル/WonderLink F/mineo-d/NifMo

今月ドコモ系の回線で調子が良さそうなのはこの4つ。

mineo、NifMo以外はお昼時も高速という結果になっています。ただし選ぶ上ではどれも不安なところがあるのでそちらを考慮して決めるのが良いでしょう。

LINEモバイルは今月も速いものの速度自体は確実に落ちてきています。いよいよ速度低下が始まったということでこれからは速度低下時にどれだけ速度回復への対応をしてくれるのかという点が焦点になりそうです。長期的に利用するのに適した回線であるのか、ということがまだ不明瞭であるため、まだまだ速度は良いもののそれがどれくらい続くか、落ちた時にどの程度の早さで回復してくれるのかがわからない点は判断基準の一つとして考えてください。

WonderLink Fは今月はLINEモバイルに匹敵する結果に。こちらの回線は速度制限になっても最大700kbpsは出せる契約になっていますから、規制前でも後でも快適な通信速度で使える格安SIMです。今月はどの時間帯も速いですが、速度低下が起きると特に昼よりも夜間に遅くなる傾向の強い回線という特徴がこちらにはあるので、もしも夜間使うことがメインだったりすると速度が落ちた時には使いにくいSIMとなる可能性があります。

mineoはもう少し悪い結果を予想していましたが意外としっかり使える結果に。ただ前回の速度回復で使いやすくなって以降、販促の方に力を入れている傾向が見られ、速度増強や使いやすさの向上といった既存向けの施策に手が回らなくなる可能性があります。このサイトでは比較的におすすめのMVNOとしていますが、そこは少し不安を感じるところです。

NifMoは約1年間お昼以外はかなり快適な速度を保ち続けています。注意点としてはここ2ヶ月ほど速度が微妙なラインのところにあるので、ここから回復するのかジリジリ下がるのかが微妙だということでしょう。料金据え置きでデータ容量が増えたので、その分の負荷なども考えるとこちらも少し不安なところが残ります。

どれもネガティブなコメントを残していますが、結果自体は今月のドコモ網のMVNOの中では結果がポジティブなSIM4種類ですので、ドコモ系ならばこちらから選ぶといいでしょう。

その他ドコモ系回線

他の回線は先月と比べて全体的に遅い場面が目立ちました。IIJ系も夜は良くなく、これまでよりもインパクトは薄めです。

OCNモバイルONEは速度比較ではあえて推すこともないですが、10分間の通話定額オプションが開始されることを考慮すると、速度やサービスにおいてバランスは良いかもしれません。

UQ mobile/mineo-a

mineoのKDDI網利用のau回線のプランはドコモ系よりも厳しさが目立つ内容に。この昼と夜間の速度でこの後の帯域増強が2月7日までないというのは既存ユーザーにとって苦しい状況が続きます。

ドコモ系と違ってau系は頻繁に遅い期間というのが出てきているため、こちらにもmineoは力を入れてもらいたいところです。

一方で最近はKDDI本家のサブブランドMVNOという側面をほとんど隠さなくなったUQ mobileは相変わらず好調です。MR04LNとau系SIMの相性が悪いとIIJミーティングで触れられていましたが、その影響か数字としてはそこまで出ていないものの体感速度として十分すぎる通信速度をすべての時間帯で記録しています。

キャリアの息のかかったMVNO、そしてこれまでの速度の傾向などを考慮すると今後も速度低下の可能性は低く、一定以上の快適な通信速度で利用できる格安SIMになるでしょう。

UQ mobileの存在はmineoのau系回線の扱いにもしかしたら影響があるのかもしれません。どれだけ増強してもUQ mobileの前では優位に立つことは難しいでしょう。

ユーザーからしてみればUQ mobileの存在は格安SIMの料金で使える準キャリア回線になるためありがたいでしょう。とりあえず快適に使いたいならau系回線はUQ mobileで良いでしょう。

Y!mobile

格安SIMという俗称をポジティブに受け止めて販促し、実際に契約者数を伸ばしているのがY!mobileです。

今月もこれまでと同じように速度は落ちる気配はありません。SoftBankグループのサブブランドということでキャリア同等の通信速度を見せています。

今回も計測した中ではベストの結果になっています。

 

2月の通信速度まとめ

全体でみると遅くなった回線が多いですが、その中でも一部の回線は目立った結果を数ヶ月に渡って残している場合があるので、そちらを選ぶと良いでしょう。

ドコモ系では先ほど挙げた4つの回線が今月の結果はもちろんですが、これまでの結果や事業者としての姿勢からもおすすめとして挙げるには十分なMVNOでしょう。

⇒LINEモバイル

⇒mineo

⇒NifMo

⇒Wonderlink

au系はUQ mobile。遅くなることが非常に少ない回線なので、増強まで時間が必要なmineo-aよりも安心して使えます。

⇒UQ mobile

音声付帯プランを契約するならY!mobileでしょう。

その資本力からSIMのみ契約でもキャッシュバック、月額1,980円からの通信料キャンペーン、データ2倍で大容量運用可能、実店舗によるサポート体制と他社を圧倒しています。

唯一の弱点は需要の多いドコモ網の回線ではないという点ぐらいでしょう。それも通信可能なLTE Bandの種類を考えれば大した問題ではないでしょう。

速度、料金、サービスにおける使いやすさは「格安SIM」と呼ばれているジャンルの回線の中ではトップクラスです。

⇒Y!mobile

今回は速度を比較していますが、他の選び方としてキャンペーンの良いものを中心に乗り換え続けるという方法もありますので、そちらを実行する場合には以下の記事を参照してください。

「MVNO格安SIMは速度が遅い」ことを前提にお得なキャンペーンを乗り継いだ運用をするためのCPまとめ 2月編
このサイトでは毎月MVNO格安SIMの速度状況についてまとめています。

MVNO回線速度比較・レビュー

その測定結果を長いこと見ていくとわかるかと思いますが、常時速い速

「MVNO格安SIMは速度が遅い」ことを前提にお得なキャンペーンを乗り継いだ運用をするためのCPまとめ 2月編

 

IIJmioのお友達紹介キャンペーンコードはこちら
現在IIJmioが新規・既存契約者に対してお友達 紹介キャンペーン実施しています。

お友達紹介キャンペーンではIIJmioを紹介した側、紹介されて契約した側双方にメリットが生

IIJmioのお友達紹介キャンペーンコードはこちら

mineoのAmazonギフト券紹介キャンペーンコードはこちら!今なら2,000円分だあああああ!!
臆面もなく宣伝させてもらいますが、

当サイトのmineo新規契約向け紹介コードはこちらです。

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&am

mineoのAmazonギフト券紹介キャンペーンコードはこちら!今なら2,000円分だあああああ!!

Y!mobileがSIMのみ契約に1万円キャッシュバックを実施中 1,980円の基本料で格安SIM以上にお得に
格安スマホ、格安SIMブームで勢いづいているY!mobileですが、新たなキャンペーンを開催して更にその勢いを増そうとしています。

Y!mobileではこれまで音声S

Y!mobileがSIMのみ契約に1万円キャッシュバックを実施中 1,980円の基本料で格安SIM以上にお得に

Y!mobileのSIMのみ契約、土日はキャッシュバックが2万円に増額!スマホプランM/Lで
最近このサイトでは格安SIMのおすすめの一つとしてY!mobileを挙げています。

今のY!mobileは2GBからの余裕のあるデータ通信量から契約でき、料金も通話定額がコミ

Y!mobileのSIMのみ契約、土日はキャッシュバックが2万円に増額!スマホプランM/Lで

iPhone 5sの格安スマホ化が加速!Y!mobileとUQ mobileで分割1,980円、一括なら最安180円の格安運用が可能に
11月19日からiPhone 5sを取り扱っているY!mobileとUQ mobileというサブブランド勢がその販売価格を値下げしました。

本体価格が従来の6万円台から4万円

iPhone 5sの格安スマホ化が加速!Y!mobileとUQ mobileで分割1,980円、一括なら最安180円の格安運用が可能に

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top