スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

MVNO格安SIMの速度比較 11月編

MVNO格安SIMの速度調査11月編です。

格安SIMを選ぶのに各社ほとんど変わらない月額料金で比較しても現在ではあまり意味がありません。料金で比較してしまってはあまりにも似通ったプラン・金額でますますどれを選んでいいかわからなくなってしまいます。

そんな料金では比較しずらくなった格安SIMを選ぶ指標として、今一つ有効なものとして捉えらているのが「通信速度」です。

料金の安さは各社今となってはほとんど比較するまでもなく格安な料金を提供していますが、速度に関してはMVNO各社の姿勢の違いや事業に対する真剣さなどによって大きく異なってきます。速度というのは料金よりも毎日の使い勝手に直接関わってくる指標ですから、こちらを重視して格安SIMは選ぶべきであるという考えが広まっています。

特に格安SIMの利用者が多くなってきたことで、格安SIMに対する不満点なども目に付くようになりましたが、その大半を占めるのがこの通信速度が遅いという問題に関してです。

通信速度はMVNOの性質上、料金プランよりも各社の違いがはっきりと表れながら、その内実といったものが事業者から公表されにくいために、比較するための指標として今一番効果的なポイントとなっています。

今回もその速度を各MVNOで比較した調査の11月分をお届けします。こちらと過去の測定結果を見て貰えれば、今速いところがどこなのかも、長く高速な回線を提供しているのがどこなのかということも比較できるかと思われます。

過去の計測結果は以下に。

MVNO回線速度比較・レビュー | スマホ辞典

2016年3月より計測方法を大幅に変更しています。スピードテストアプリやサイトの結果が現状全く参考になりそうにないMVNOが多いため、そのままその結果を鵜呑みにせずWebサイトを実際に読み込んでみた場合の実効速度を計測しています。

MVNO格安SIMの速度比較 3月編 一部MVNOで混雑時スピードテスト外の通信に速度規制を確認
3月もいつも通りのMVNO格安SIMの通信速度の状況を定点観測してみたいと思います。

ただし今回は一部のMVNOにスピードテストで計測される速度と、実際に使用した時との速度に

検証方法の正確性という意味でどれだけ変更後の方法が有用かはわかりませんが、少なくとも従来のスピードテストアプリやサイトに頼ったやり方よりは実効速度というものを表しているかと思いますので参考にしてみて下さい。

検証方法

検証端末等 ドコモ系・au系:MR04LN
TCP Monitor Plus
検証時間 11月1,2日計測
12時25分~(LINE mobile/DTI/U-mobile/OCN/FREETELは計測時間の都合上11月2日の同時間帯に計測)
16時~
21時15分~
2つの混雑して回線が輻輳する時間帯と1つの空いている時間帯を選んでいます。
スピードテストの速度検証 speedtest.net
Webサイト読み込みの速度検証 「楽天モバイル」のHP(約4.5MB)

TCPモニターの見方

TCPモニターは右から左へとパケットの流れる向きを記録しています。そのため結果の参考として載せてある各画像の右側が測定開始のタイミングになり、そこから左へ進むごとに時間ごとのパケット通信量の推移を確認できます。

一部のMVNOはバーストしており山が大きくなっているので、そっち側が記録開始地点としてわかりやすいかもしれません。

一応記録開始からのグラフには全回線なっていますが、キャプチャーのタイミングで開始点が若干ずれているものがあるのでご了承下さい。

「楽天モバイル」の公式HPの表示速度を新たな指標に

これまでの実効速度の確認方法を一部変更しています。

今までは1枚の大容量画像と動画の読み込み時の通信速度について記録してきましたが、「通信の最適化を確認するやつ」さんのページがないことやMVNOで動画を見るユーザーも今そんなにいないだろうということでこちらを別の指標に変えています。

今後はWebサイトの読み込み時間という指標をもとに比較してみようと思います。

Webサイトは読み込みファイルサイズが大きくてMVNOという関連性もあることから「楽天モバイル」のPC版公式HPを使っています。「楽天モバイル」の公式HPは容量が計測当時で約4.5MB、それが複数の細かいファイルでバラけての合計となっているため、1枚画像のファイルダウンロード速度結果とはまた違った傾向を導き出せるかと思われます。

測定結果は読み込みにかかった秒数で記録しています。5秒前後、10秒前後、15秒以上といった大雑把な分け方ではありますが、その読み込み速度を記録しています。詳細なダウンロード速度についても参考値を出していますが、グラフを目視で読み取った数値となるのでより詳細な速度状況を確認したい場合は、添付してある速度グラフの画像ファイルを確認してみて下さい。

楽天モバイルの公式HPがあまりにも重いため、MVNOの通信速度としては10秒前後で読み込めれば合格点になるでしょう。5秒前後という数字だと相当好調であると言えます。

というわけで今後はこちらのWebサイトの読み込み速度という指標についても利用して通信速度の比較を行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

速度結果

下の表はトラフィックモニターを目視しての平均値を算出した結果です。

より詳しいグラフの推移は若干見にくいですが以下のファイルより確認できるかと思います。

https://goo.gl/photos/T1rA92Hb7TwyEwxh9

MVNO 時間帯 スピテス webサイト読み込み速度 webサイト読み込み時間
イオンモバイル 12時 0.7Mbps 1.1Mbps 15秒以上
16時 19Mbps 8Mbps 5秒前後
21時 7.7Mbps 4.0Mbps 10秒前後
BIGLOBE 12時 0.4Mbps 0.4Mbps 15秒以上
16時 16.8Mbps 9.8Mbps 5秒前後
21時 18.4Mbps 11Mbps 5秒前後
DMM moible 12時 0.42Mbps 0.55Mbps 15秒以上
16時 11.1Mbps 8.5Mbps 5秒前後
21時 4.8Mbps 3.5Mbps 10秒前後
DTI 12時 0.95Mbps 1.5Mbps 15秒以上
16時 1.34Mbps 2.8Mbps 10秒前後
21時 0.52Mbps 0.38Mbps 15秒以上
FREETEL 12時 2.38Mbps 1.26Mbps 15秒以上
16時 10.5Mbps 7.9Mbps 5秒前後
21時 9.09Mbps 2.8Mbps 10秒前後
LINE mobile 12時 16.9Mbps 7Mbps 5秒前後
16時 12Mbps 8Mbps 5秒前後
21時 17.5Mbps 11Mbps 5秒前後
IIJmio 12時 0.55Mbps 0.52Mbps 15秒以上
16時 5.3Mbps 6.3Mbps 5秒前後
21時 8.02Mbps 6.3Mbps 5秒前後
mineo-d 12時 0.58Mbps 0.55Mbps 15秒以上
16時 13.6Mbps 4.5Mbps 5秒前後
21時 1.8Mbps 2.1Mbps 15秒以上
mineo-a 12時 0.86Mbps 0.65Mbps 15秒以上
16時 6.6Mbps 4.3Mbps 5秒前後
21時 1.1Mbps 1.5Mbps 15秒以上
NifMo 12時 0.40Mbps 0.75Mbps 15秒以上
16時 14.4Mbps 10Mbps 5秒前後
21時 7.9Mbps 7Mbps 5秒前後
OCNモバイルONE 12時 0.83Mbps 1.3Mbps 15秒以上
16時 10.11Mbps 10Mbps 5秒前後
21時 0.63Mbps 1.45Mbps 15秒以上
楽天モバイル(.co) 12時 6.06Mbps 0.85Mbps 15秒以上
16時 11.18Mbps 9.6Mbps 5秒前後
21時 9.35Mbps 2.4Mbps 10秒前後
楽天モバイル(.jp) 12時 6.9Mbps 0.90Mbps 15秒以上
16時 16.7Mbps 12Mbps 5秒前後
21時 8.4Mbps 0.3Mbps 15秒以上
U-mobileLTE使い放題 12時 1.5Mbps 2.8Mbps 10秒前後
16時 12.5Mbps 3.5Mbps 10秒前後
21時 1.13Mbps 1.8Mbps 15秒以上
UQ mobile 12時 7.4Mbps 5.8Mbps 5秒前後
16時 6.7Mbps 5.9Mbps 5秒前後
21時 7.1Mbps 4.8Mbps 5秒前後
WonderLink 12時 4.51Mbps 5.7Mbps 5秒前後
16時 10.2Mbps 5.3Mbps 5秒前後
21時 4.7Mbps 1.9Mbps 15秒以上
Y!mobile 12時 36Mbps 10Mbps 5秒前後
16時 32Mbps 12Mbps 5秒前後
21時 9.5Mbps 5.5Mbps 5秒前後

楽天モバイル、FREETEL

それぞれ見ていくと楽天モバイルとFREETELがまだ一部時間帯でスピードテストの数値を盛りすぎている傾向が伺えます。

 

ただスピテスとは数字が違ってもFREETELの実効速度はある程度使いやすいレベルにはなっているので、それに自信をもって正確な数値を反映させれば良いのに・・・と感じざるを得ません。

最近は通信速度がNo.1というような宣伝文句も聞かなくなりましたので、見栄をはらずにそろそろ普通のMVNOとして勝負していっても良いのではないでしょうか。普通に使えるだけの通信速度は見せているので、今の料金プランや家電量販店での攻勢など含めて他社と競争も十分に可能でしょう。

 

楽天モバイルはAPNによって速度が違うのを確認できていますが、このAPNが新規契約者はランダムで割り振られるというのはちょっとギャンブル要素が強すぎるのではないでしょうか。
今月でみると.coのAPNのほうが全時間帯バランスが良く、.jpのAPNのユーザーは快適さという点で劣ってしまうことになります。こちらの.jpAPNを引いてしまった方は楽天モバイルを真面目に使おうとした時に外れクジを引いたことになるでしょう。

過去の通信速度の遅さを考えると楽天モバイルセールの端末割引目的以外ではあまり契約する価値はないでしょう。

 

mineo

比較的このサイトでは褒めていることが多いmineoですが、今月は下から数えたほうが早いぐらいに通信速度が遅くなっています。

近頃はMVNO回線のシェア調査でも4位または5位ぐらいに入るほどにシェアが拡大し、キャンペーンも常時展開しているということで契約者増加のスピードに対する帯域増強の予算というものが十分ではないのかもしれません。プレミアムコースを新設したことも速度の改善という点に影響を与えているでしょうか。

サービスや機能もよく、品質も高いという回線ではありましたが、かつての過渡期のIIJmioのように今後はしばらくは遅いことのほうが多くなりそうです。帯域増強スケジュールを公開しているからといって7月8月のようにそれらがすぐに状況の改善につながるということは少ないでしょう。

運営姿勢はポジティブな評価はできますが、またしばらくは通信速度面での優位性が感じられない時期が増えそうです。

 

BIGLOBE

今月比較的速度が良くなったのはBIGLOBE。接続は通信の最適化オプションを切ったAPNでの通信を行っています。

運営や情報発信がまともになった頃から定期的に速度状況の改善を積極的に行っており、安定はしないものの極端な速度低下もなくなっているので使いやすさは昔よりも上がっているでしょう。

通話オプションが無料通話か1回あたりの通話定額を選べるようになっているので、そうしたオプションに魅力を感じるユーザーにとってはこの通信状況なら契約してみても良いMVNOになるでしょう。

 

LINE mobile

LINE mobileは今月も絶好調です。

評価をするにはまだサービスインから間もないということでオススメとはまだ言えないのですが、正直あまりLINE mobile自体が盛り上がっていない感じがするため、しばらくはこの通信速度の好調さというのは続きそうです。

予想よりもユーザーの食いつきが悪いために、よほど大きなセール等でユーザーが増えない限りは年度末ぐらいまではこのお昼も高速な回線状況は続くのではないでしょうか。

データプランの利用が主だという方は将来的な乗り換えを前提にしてでも快適な環境をこのLINE mobileで手に入れることが出来ます。

 

IIJmio

IIJmioはここ数ヶ月割と好調です。

事業者としての信頼性やその運営姿勢の良さ、そして今の速度状況の良さを考えると中長期的に回線を任せる事業者としてはmineo以上に適任かもしれません。

今ならキャンペーン中でシェア回線の追加が非常にしやすくなっていますから、大容量プラン+複数のSIMでスマホやタブレット、家族の回線にという運用にもこの速度なら十分に任せることができるでしょう。

 

NifMo

docomo系のMVNOで継続して良い結果を残しているのがNifMoです。もう1年はこのような通信速度の良さを維持しています。

そこまでユーザー数の増加が激しくないためか、キャンペーンに販促費を使っていても今月も今までのように好調すぎる速度を維持しています。docomo系では最も継続性が見えているために、今後も期待できる良MVNOとしてオススメすることが出来ます。

あまり情報発信がないMVNOですが、それでも約1年快適な通信環境を維持しているその実績は素晴らしいものだと評価できるでしょう。

 

Y!mobile、UQ mobile

SoftBankのサブブランドであるY!mobile、MVNOながらほとんどauのサブブランド化しているのを隠していないUQ mobileはやはり反則的な安定した高速回線となっています。

MVNOという範疇にはY!mobileは正確には含まれませんが、現在の通信料の安さやSIMのみ契約でも1万円キャッシュバックのキャンペーン含めて考えると、MVNOの特徴である安さに十分に対抗しているために選択肢としては同じラインに並ぶでしょう。

mineoが総務省の有識者会議でこの2社に対してその特殊性から対抗が難しいと文句をつけていましたが、そうした抗議をしたくなるほどに通信速度がY!mobile、UQ mobile共に良いものとなっています。

毎月の料金の安さを考えればこの安定した通信速度を実現しているのは確かに他社MVNOでは対抗できない内容でしょう。サブブランド回線がこのままの安さと回線品質で競争に加わってくるならば、事業者にとってはつらいものになりそうです。

ただユーザーからすれば速度低下の可能性が低い回線を安い料金で使えることになるので、docomo系のMVNO回線をどうしても使いたいということがなければ、こちらのサブブランド勢の回線は速度を重視したい方ならば選ぶべきでしょう。

 

速度比較11月まとめ

今月もこちらの速度結果からおすすめするMVNO格安SIMのラインナップを決めてみたいですが、過去の月と比べてほとんど変化はありません。

速度重視であればY!mobileがベストでしょう。区分としてはMVNOではないものの、その月額の安さはユーザーがMVNOに求めているものに匹敵します。1回10分までの通話定額というメリットもあり、速度を含めたトータルコストでは現状MVNOが総務省に抗議するのも納得の内容です。

今ならSIMのみ契約で1万円キャッシュバックに加え、11月13日までの契約で5,000円分のYahoo!ショッピングお買い物クーポンがもらえるため、MNOのサブブランドとしての強みを感じさせる資金力をみせる契約キャンペーンも実施中です。

SIMフリースマホとの周波数相性も良いため、利用する回線種別を問わないようならばY!mobileが一番速度も出ますしそれが安定した回線になるのは間違いないでしょう。速度が速いのはもちろん、性質上遅くなる可能性がMVNOに比べて低いところも魅力です。

⇒Y!mobile

au白ロムを持っているようならばau系回線で利用できるUQ mobileもほぼサブブランド化しており、速度が「優遇」されている傾向が伺えます。

ただY!mobileと比べると一応MVNOの皮を被っているところが目立ち、Y!mobileと同じような安定性を持っているわけではないので注意してください。mineoのツッコミ次第ではUQ mobileの「優遇」に対して総務省のメスが入って「普通のMVNO化」をしてしまう可能性があるので今後の動向には注視していく必要があります。

それでも現状ではau系の回線ではUQ mobile以外は選びようがないぐらいに優れています。

⇒UQ mobile

docomo系のMVNO回線ではサブブランドというものがありませんから、純粋なMVNOの中から選ぶことになります。

その中ではNifMoが本当に変わらず好調さを維持しています。1年という長期間ほぼ速度低下も起こさずその速度もブースト系のまやかしの速度でもないというMVNOは他に見当たりません。

これがいつまで続くのかはわかりませんが、この継続性をもった通信速度の良さは大いに評価できるところでしょう。まずdocomo系回線ではNifMoがおすすめです。

そしてこれまで比較的おすすめしていたmineoがまた速度が振るわなくなっているため、中長期的に選ぶべきMVNOとしてはここ最近安定感が増してきたIIJmioが挙げられるでしょうか。

事業者としての運営姿勢で高い評価を与えられるmineoとIIJmioですが、今ならIIJmioのほうが優れています。

⇒NifMo

⇒IIJmio

面白みのある変化が特にないですが、今後はLINE mobileの速度変遷といったものに注目でしょうか。知名度と低料金から始められるプラン、そしてカウントフリーといった魅力的なポイントが揃っているために、速度改善の姿勢次第では今後に期待したいMVNOとなるでしょう。

各MVNOをお得に契約するキャンペーンなどについては以下の各記事を参照していただければと思います。

IIJmioのお友達紹介キャンペーンコードはこちら
現在IIJmioが新規・既存契約者に対してお友達 紹介キャンペーン実施しています。

お友達紹介キャンペーンではIIJmioを紹介した側、紹介されて契約した側双方にメリットが生

IIJmioのお友達紹介キャンペーンコードはこちら

mineoの紹介コード/Amazonギフト券1000円分はこちら
臆面もなく宣伝させてもらいますが、

当サイトのmineo新規契約向け紹介コードはこちらです。

http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&am

mineoの新規契約Amazonギフト券1000円分紹介コードはこちら

Y!mobileがSIMのみ契約に1万円キャッシュバックを実施中 1,980円の基本料で格安SIM以上にお得に
格安スマホ、格安SIMブームで勢いづいているY!mobileですが、新たなキャンペーンを開催して更にその勢いを増そうとしています。

Y!mobileではこれまで音声S

Y!mobileがSIMのみ契約に1万円キャッシュバックを実施中 1,980円の基本料で格安SIM以上にお得に

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top