スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

SoftBankのiPhone 7/7 Plus、価格・維持費 タダで機種変更(下取り)含む割引キャンペーンについて

SoftBankのiPhone 7/7 Plus、価格・維持費 タダで機種変更(下取り)含む割引キャンペーンについて

SoftBankのiPhone 7/7 Plus販売価格とその維持費、そして用意されているキャンペーンについてまとめてみようと思います。

キャンペーンがドコモに比べると少なめになっているので非公式なものも含めて紹介していくつもりです。

価格・月月割・実質価格

価格

32GB 128GB 256GB
iPhone 7 88,080円
(3,670円×24回)
99,840円
(4,160円×24回)
111,840円
(4,660円×24回)
iPhone 7 Plus 99,840円
(4,160円×24回)
114,000円
(4,750円×24回)
126,000円
(5,250円×24回)

月月割・実質価格

機種変更 月月割 実質価格 機種変更 月月割 実質価格
7 32GB ▲2,815×24回 20,520 Plus 32GB ▲2,735×24回 34,200
7 128GB ▲2,825×24回 32,040 Plus 128GB ▲2,830×24回 46,080
7 256GB ▲2,830×24回 43,920 Plus 256GB ▲2,835×24回 57,960
MNP
7 32GB ▲3,220×24回 10,800 Plus 32GB ▲3,140×24回 24,480
7 128GB ▲3,230×24回 22,320 Plus 128GB ▲3,235×24回 36,360
7 256GB ▲3,235×24回 34,200 Plus 256GB ▲3,240×24回 48,240

実質価格自体はauと全く同額になっています。

ただauの価格を安いと評した一方でSoftBankの価格はそこまでは安くないので注意が必要です。

auの場合は一括価格も安い(8万円をギリギリ超えない)上に実質価格も安いという非常にバランスの良い価格でしたが、SoftBankの場合だと月月割を高額にして一括価格も高めにした形で実質価格が安くなっています。

これだと2年間の契約を前提にしたときはau同様安いのですが、2年未満で次のスマホへの変更を考えた時には割賦残債の支払いがau版に比べても多くなってしまうことになります。今後の運用として1,2年で次のスマホに乗り換える予定であれば一括価格のほうに注意を向けて下さい。

2年前提で利用するならば実質価格はau同様に契約しやすいものは確かです。

iPhone 7 128GB:維持費一例

維持費はドコモ、au共にiPhone 7 128GBで計算しています。

料金プランにはスマ放題ライト+データ標準(5GB)とホワイトプラン+パケットし放題for4G LTEを利用して出してみました。

機種変更

スマ放題ライト+データ標準5GB ホワイトプラン+パケットし放題
基本料 1836 1008
S!ベーシックパック 324
パケットプラン 5400 6156
月月割(機種変更) ▲2825
一括合計 4735円 4663円
7 128GB分割本体代 4160
分割合計 8895円 8823円

MNP

スマ放題ライト+データ標準5GB ホワイトプラン+パケットし放題
基本料 1836 1008
S!ベーシックパック 324
パケットプラン 5400 6156
月月割(機種変更) ▲3230
一括合計 4330円 4258円
7 128GB分割本体代 4160
分割合計 8490円 8418円

 

追加割引施策

 

おうち割

ouchi

固定回線をソフトバンク光や電力自由化によって選べるようになったソフトバンク電気をソフトバンク回線とセットにして契約することで、それぞれ割引が適用されます。

固定回線では最大2,000円/月の割引が1回線ごとに、電力会社に選ぶと世帯当たり最大300円/月が割引されるようになっています。電気に固定回線と全てをSoftBankに集約するのは面倒ですが、どちらかなら満たせるのではないでしょうか。

固定回線と組み合わせるとauスマートバリューのように毎月1,000円以上は割引が期待できるものになっています。

家族紹介キャンペーン

kazoku

SoftBankのiPhoneに機種変更した契約者が、家族をSoftBankに招待することで10,368円分の割引を分割で紹介者側が受けることが出来ます。

家族を紹介した上でその回線が紹介者側の家族割引に加入することが条件です。

こちらは公式的なキャンペーンですが、それとは別にSMSで紹介された側も割引を受けることの出来るキャンペーンも一部のユーザーには案内されることもあり、そちらを使えるようならば更にこの紹介キャンペーンで恩恵を受けることが出来ます。

そちらの一部ユーザー対象のキャンペーンは紹介された側もポイントや割引の獲得が出来るので、SoftBankからのSMSやメールの再確認をしてみるといいでしょう。

下取り(のりかえ下取りプログラム、タダで機種変更キャンペーン)

tadade

やはりSoftBankもauと同様に下取りがメインのキャンペーンとなってきます。

MNPはのりかえ下取りプログラムとして、機種変更はタダで機種変更キャンペーンとして主にiPhoneシリーズの下取り額が増えています。

MNPではiPhone 5sから10,000円分の還元額が付けられ始めます。iPhone 5cやiPhone5以下になるとだいぶ金額的にはインパクトが下がります。

MNPでは過去Androidスマホに対して高額な還元を行っていましたが、現在は一部の機種を除いて9,600円分の割引しか発生しなくなっています。高額な割引を受けられるのは主にGalaxyとXperiaシリーズが対象になっています。

機種変更の下取りはタダで機種変更キャンペーンとして実施されています。こちらではiPhone 5から還元が10,000円分を超えます。特に大きいのが3年前の機種であるiPhone 5sが26,400円分の割引を受けられる点です。還元は24ヶ月に分けられるといっても、古いiPhone 5sをこの金額で引き取ってもらえるのはとてもお得です。

長く使ってきたiPhone 5sをこの下取り価格で買い取ってくれるような中古ショップもほとんどない中で、26,400円相当で下取ってくれるのは既存ユーザーにとって本当にありがたい内容かと思われます。iPhone 5sを使っている方はこの下取り価格が落ちないうちにiPhone 7に変えてしまいましょう。

ソフトバンク:タダで機種変更キャンペーン

引き止めポイント、DM系ポイント

公式だと以上の3つがある程度期待できる内容のキャンペーンで、それ以外だと非公式なキャンペーンに頼らざるを得ません。

非公式なもので最も有名なのはMNP引き止めポイント(コジポ)です。Twitterでは10,000~15,000ポイントぐらいの獲得報告が散見されているため、試してみる価値は十分にあります。全盛期の30,000ポイント級が来ればうれしいところですが、さすがに手法が広がりすぎたために貰いづらくなっているようです。

157へ電話するだけで良いのでこちらは予約をまだしていないようなら試してみましょう。

もう一つはダイレクトメールやSMS・メールで15,000ポイントのプレゼントが一部のユーザーに行われているので、そちらを利用するという方法もあります。こちらは既に通知が行っているのでメールボックスなり最近来ていたはがき類を再確認しておくと良いでしょう。

こうしたポイントメールも来ていないようだとあまりSoftBankにとっては大事じゃないユーザーということになるかもしれません。

ちなみにこのポイントが来ていない時に試してほしいものとして、「マイソフトバンクにログインして「解約・MNP」の案内ページを最後まで見る」という行為をしてみて下さい。もしかしたらこれでMNP引き止めポイントのように解約検討ユーザー向けのポイント案内のSMSなどが送られてくるかもしれません。

可能性は高くありませんが割とSoftBankはそういう解約やMNP流出を防ぐ仕組みを作っているので、もしかしたらポジティブな事態が起きるかもしれません。かなり古いやり方ですが一応こちらも試してみてください。

 

iPhone 5s下取り、引き止めポイントがあれば機種変更では最安級購入も

実質価格が安く一括価格が高いSoftBankのiPhone 7/7 Plusは、そのままの購入では運用の仕方に一言注意が必要な価格設定です。

しかし下取りでiPhone 5s以上、そして引き止めポイントやその他配布ポイントで15,000ポイント以上の割引が使えるようならば、月月割が非常に高額になった上に一括価格も低いスマホという立ち位置になり、少ない条件を満たして手に入れる方法の中でも最安に近い金額でiPhone 7を購入することが出来るでしょう。

キャンペーン利用必須でシンプルには安くならないものの、公式・非公式のキャンペーンの要旨を知っていればより安く買えるようにはなっています。

非公式のポイント付与を行っていることを知っているかどうかで購入のしやすさが大きく変わるという点は、ユーザーにしてみると納得いかない値引きの仕方ではありますが、まぁそういう会社だと諦めた上でうまく自らも非公式CPを使って安く購入するようにしましょう。

ソフトバンクオンラインショップ:iPhone 7

 

ソフトバンクオンラインショップのiPhone7在庫情報はこちら

ドコモ iPhone7/7 Plus 在庫・入荷状況情報【au/SoftBankの情報も追加】
ドコモオンラインショップにおいてiPhone7/7 Plusのフリー在庫が出てきました。

他社オンラインショップだとフリー在庫があっても一旦事前予約に入ってしまいフリー在庫の

 

ドコモの情報はこちら

ドコモのiPhone 7/7 Plus、値段/価格・維持費 下取りプログラム含む割引キャンペーンについて
ドコモのiPhone 7/7 Plusの販売価格と各種キャンペーンについて揃ってきたのでまとめてみようと思います。

また料金プランを適用した具体的な維持費についても出してみま

auの情報はこちら

auのiPhone 7/7 Plus、価格・維持費 iPhoneかえトクキャンペーン(下取り)含む割引キャンペーンについて
auのiPhone 7/7 Plus販売価格とその維持費、そして用意されているキャンペーンについてまとめてみようと思います。

キャンペーンがドコモに比べると少なめになっている

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top