スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモのiPhone 7/7 Plus、値段/価格・維持費 下取りプログラム含む割引キャンペーンについて

ドコモのiPhone 7/7 Plus、値段/価格・維持費 下取りプログラム含む割引キャンペーンについて

ドコモのiPhone 7/7 Plusの販売価格と各種キャンペーンについて揃ってきたのでまとめてみようと思います。

また料金プランを適用した具体的な維持費についても出してみました。

価格・月々サポート・実質価格

iPhone 7 32GB 128GB 256GB
価格 82,296円
(3,429円×24回)
93,960円
(3,915円×24回)
105,624円
(4,401円×24回)
月々サポート ▲2,322円 ▲2,322円 ▲2,322円
実質価格 26,568円 38,232円 49,896円
iPhone 7 Plus 32GB 128GB 256GB
価格 96,552円
(4,023円×24回)
108,216円
(4,509円×24回)
119,880円
(4,995円×24回)
月々サポート ▲2,349円 ▲2,349円 ▲2,349円
実質価格 40,176円 51,840円 63,504円

ドコモの場合、一括価格および実質価格ともに今回iPhone 7を扱うキャリアの中でも高額な価格設定がされています。そのためau/SoftBankのような安さで購入しようと思ったら割引のされるキャンペーンを使う必要があります。

10万円という割賦詳細審査が始まるラインも今回超えてきており、全体的に高額化は目立ちます。

一応月々サポート等が大容量モデルになると減るということはありませんが、機種変更もMNPも同額になっています。このあたりMNP優遇などもあくまでキャンペーンを利用して行われることになるでしょう。

※追記:冬のおとりかえ割スタートで機種変更の実質価格が更に下がる

11月1日~1月9日までに契約をした場合、新たなキャンペーンとして始まっている「冬のおとりかえ割」が適用されます。

この割引は機種変更で2年間の総額が5,184円割り引かれるという内容になっていて、上記の実質価格が機種変更に限りさらに割り引かれるということになります。このためiPhone 7の32GBでは21,384円で契約できるようになっています。

全てのモデルでこの割引が1月9日までの契約で割引が適用されるために、機種変更ユーザーはそれまで各iPhoneのモデルが契約しやすくなっています。

iPhone 7 128GB:維持費一例

iPhone 7の維持費を128GBモデルを利用して一例を出してみましょう。

データ通信を重視して基本プランはカケホライト、パケットパックはデータM(5GB)/シェアパック10/シェアオプションを想定しています。

機種変更とMNP/新規の料金の違いはありません。

iPhone 7 128GB データM シェア10 シェアOP
カケホライト 1836
spモード 324
パケットパック 5400 10260 540
月々サポート ▲2322
一括合計 5238円 10098円 378円
iPhone 7分割代 4509
分割合計 9747円 14607円 4887円

基本の料金はこちらの形になります。ここから更に安くするには以下で挙げているような各種施策やキャンペーンを利用する必要があります。

※追記:先ほどの「冬のおとりかえ割」適用によって、機種変更の場合ここから毎月216円追加で割引されることになります(24か月合計5,184円)。

僅かではありますが、機種変更だと更に安くなる余裕があるのを確認してください。

 

追加割引施策

上記の料金プラン・維持費から更に通信料を割り引くことの出来るキャンペーンがいくつかありますので、そちらを確認しましょう。

ずっとドコモ割

zuttodocomo

「ずっとドコモ割」は言わば長期優遇割引です。

契約年数や契約プランに応じて毎月割り引かれる金額が決まります。ずっとドコモ割はずっとドコモ割コースを選択中は終了期間無しに継続して割引が続くために、長期ユーザーであれば契約を続ければ続けるほど他のドコモユーザーよりもお得な料金で使い続けられます。

割引表は以下の通り。今回維持費を計算したシェアパック10契約で15年以上継続して契約していれば、毎月1,080円の割引が追加されることになります。維持費計算ではこの割引について含めませんでしたが、このずっとドコモ割も考慮するとドコモのiPhoneは大分抵抗感なく持ちやすくなるのではないでしょうか。

4年以上 8年以上 10年以上 15年以上
シェアパック30 ▲1080円/月 ▲1296円/月 ▲1944円/月 ▲2700円/月
シェアパック20 ▲864円/月 ▲1080円/月 ▲1296円/月 ▲1944円/月
シェアパック15 ▲648円/月 ▲864円/月 ▲1080円/月 ▲1296円/月
シェアパック10 ▲432円/月 ▲648円/月 ▲864円/月 ▲1080円/月
シェアパック5 ▲108円/月 ▲216円/月 ▲648円/月 ▲864円/月
データLプラン ▲216円/月 ▲432円/月 ▲648円/月 ▲864円/月
データMプラン ▲108円/月 ▲216円/月 ▲648円/月 ▲864円/月
データSプラン ▲648円/月
らくらくパック ▲648円/月

注意点はずっとドコモ割の適用はシェアを組んでいる場合は代表回線のみが割引を受けられるようになっていて、子回線は割引対象外です。そのためなるべく代表回線には契約年数の長い回線を据えるようにしましょう。

 

はじめてスマホ割

hajimete

FOMA契約の内ガラケー・キッズケータイ・らくらくホンからの機種変更を行うことによって、「はじめてスマホ割」をiPhone契約に適用させることが出来ます。

はじめてスマホ割が適用されると2年もの間非常に高額な割引が適用されるため、基本料が半額以下で使えるようになります。税込み時の割引料金を以下の通りです。

基本料 はじめてスマホ割割引額
カケホーダイ 2,916円 ▲1641円
カケホライト 1,836円 ▲918円

高額かつ2年間という割引となっているため、ガラケーからスマホへの移行を考えていたユーザーにとってはスマホ移行でもそれほど料金が高騰しないようになっているので、非常に助かる割引になるかと思われます。

今回のiPhone 7は日本向けのガラケーに搭載されていた防水やおサイフケータイといった機能を含めているため、ガラケーからの機種変更需要にも応えられる存在かと思います。ガラケーユーザーでiPhone 7への機種変更を迷っていた方なんかは、この割引の存在は大きな後押しになってくれるのではないでしょうか。

ガラケーユーザーの大半は長期ユーザーになるかと思われるので、これプラス先ほどのずっとドコモ割も適用されるため、今回維持費計算で出してきた料金よりも実際はかなり安くなることが予想されます。

 

ドコモにチェンジ割

dchange

ドコモへとMNPで加入した場合、12ヶ月もの間918円の割引を行ってくれるのがこの「ドコモにチェンジ割」です。

ドコモでは他社と異なりMNP時の月々サポートの金額を増額させることはしていませんが、こちらのキャンペーンによって実質的に割引を増額させています。1年間の総額では11,016円ほどMNP契約時の割引が増えることになります。

MNPでの優遇はこのドコモにチェンジ割と下取りプログラムの高額下取り値設定、それにクーポンの利用のしやすさが挙げられるかと思われます。

 

その他実施中のキャンペーン

その他料金への割引とはまた違ったポイント還元や請求書割引の類のキャンペーンを見ていきましょう。

Web予約で77,700ポイント抽選会

dptyuusen

ポイント系のキャンペーンでiPhone向けに行われているのがこちら。

9月発売のスマートフォンをWebから予約した場合に自動的にエントリーがされます。

抽選で77,700ポイントが当たるようになっていますが、当選者は100人に1人の割合に固定されていてエントリー者が増えても当選確率の変わらないキャンペーンです。

100人に1人ならもしかしたら当選するかもしれない、という期待が持てるキャンペーンであるために予約は絶対にWebから行いましょう。

山分け

pointyamawakeもう一つのポイント系キャンペーンはドコモオンラインショップ限定のものになります。

999万ポイントをドコモオンラインショップで予約した上で購入した場合に参加者全員で山分けするというものです。

参加人数が多くて山分けされるポイントが減ってしまったとしても、最低獲得ポイントに500ポイントを保証してくれるため、ある程度まとまったポイントが必ず手に入るキャンペーンです。

先ほどのWeb予約の条件もドコモオンラインショップで予約・購入した場合は満たせるので、この2つのキャンペーンに参加できる点でオンラインショップは優位です。

9月30日までに予約しているユーザーが対象なので、買う買わないは別としてとりあえず予約だけでもしておくと良いかもしれません。

 

※上記2つの予約キャンペーンは既に終了しています。追加のキャンペーンについては今のところ公表されていません。

 

下取りプログラム

shitadori

かつてほどのiPhone値引きキャンペーンが各社消えてしまった中で、唯一高額な還元・実質割引が期待できるのは「下取りプログラム」です。

機種変更用とMNP用とで金額が異なる時がありますが、現在発表されている金額だと2年前に販売されたiPhone 6ならば機種変更・MNP共に2万円相当を還元してくれるので、iPhone 7/7 Plusの本体代割引として非常に効果的なキャンペーンとなることは間違いないでしょう。

iPhone 5sでも1万円ほどの還元があるため、こうした2年前3年前のスマホが高く下取りされる内に、機種変更なりMNPなりをしていくのがよいかと思われます。

下取りプログラムの金額は時期によって大きく変わるため、利用する前に金額のほうをキャンペーンページでしっかりと確認するようにしてください。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/campaign/campaign_detail.html?campaign_code=shitadori

なお最も効率いい下取りの出し方はオンラインショップ機種変更契約で郵送下取りです。これだと店頭機種変更よりも960円相当お得なります(店頭と郵送では郵送のほうが1,200円相当低い査定になりますが、オンラインショップで機種変更をすると2,160円の事務手数料がかからないため、そちらを加味するとオンラインショップと郵送の組み合わせがお得です)。

※追記:iPhone 5sの下取り価格が増額されており、3年前のiPhone 5sでも下取りで2万ポイント以上を付けるようになりました。これによって機種変更での購入でも過去docomoから発売されたiPhoneならば非常に高額に契約することが可能となっています。

11月に入ってから増額が終了、再びiPhone 5sの下取り価格は1万円ほどからになってしまいました。

 

家族まとめて割

matomete

割引金額は全盛期よりも下がってしまったものの、相変わらずキャンペーンの中でも有効なのが「家族まとめて割」です。

適用できれば適用回線あたり5,184円が割り引かれます。

同一シェアグループ内の回線が2ヶ月以内に契約を2回線分以上実施した場合に割引の適用がされます。シェアパックへの加入が条件となっていて、シェアパック5はMNPのみが対象です。

常に継続して行われているキャンペーンではあるものの、実施期間ごとに条件が細かく変わっているので、こちらも下取りプログラム同様に契約前に条件の中身を確認するようにしてください。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/campaign/campaign_detail.html?campaign_code=family_matometewari

 

以上のような割引を追加できる各施策やポイント還元などを行ってくれる各キャンペーンを利用すれば、ドコモのiPhone 7/7 Plus価格も結構安くなります。

むしろ最初からキャンペーン各種を活用していくことが前提とされて価格が高くなっている印象があるので、各割引やキャンペーンをしっかりと把握してそれらを利用していくのがドコモでの契約のコツになるでしょう。他社よりも高い分、他社よりもiPhone向けの施策やキャンペーンが3倍くらい多いので、うまくそれらを使っていくようにしましょう。

 

より安く購入するために使っていきたいもの

これらのドコモの実施する公式キャンペーンを駆使することで、iPhone 7/7 Plusは公表されている価格や想定した維持費よりも安く契約できることになるのは間違いありません。

そしてこうしたキャンペーン以外にも安い契約や実質的な値引きに使える方法というものがわずかですが更にあるので、そちらの方法もついでに確認しておきましょう。ただし直接的な値引きや誰もが使えるキャンペーンという類のものとはちょっと異なる様相があるのでそこはご了承下さい。

ドコモオンラインショップ

docomo

直接安くするような方法ではありませんが、無駄な追加の契約や支払いが発生しないという安心な契約ができるものとしてドコモオンラインショップを利用するというやり方があります。

ドコモショップでの契約をしようとした場合のデメリットとして周知されていることに、iPhone 7/7 Plusの価格・料金とは別に「頭金」や「オプション加入」「アクセサリー類案内」といった追加の支払い・契約が案内されるというものがあります。

これらを案内するショップにぶつかってしまうと、ここまでのキャンペーンを駆使した割引や実質還元による値引きの効果が意味なくなってしまうレベルの追加支払いが発生してしまう危険性があります。特に頭金なんかは普通に5,400円ほどかかる設定にされていると、家族まとめて割レベルの割引が意味を成さなくなってしまうことになります。

これらを避けるためにも頭金が一切なくてオプション加入にしても自分で選べるドコモオンラインショップを使うことで、追加支払いの危険性のない安心な契約をすることが出来ます。こうした安心な契約が出来るメリットのためにドコモオンラインショップを使うというのは、一つおすすめしておきたい方法です。

ドコモオンラインショップ

この他にも事務手数料がかからない、待ち時間がない、受け取り場所や時間帯を指定することが可能、といった多くのメリットがありますので、個別の記事で確認していただければと思います。

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について
※2017年3月2日更新

他人よりも効率的に、そして損をせずにiPhoneあるいはAndroidスマートフォンを契約するオススメの方法を今回はお伝えしましょう。

dカードゴールド

dcard

こちらはちょっと特殊すぎるかもしれませんがドコモのiPhone 7/7 Plusの購入はもちろんのこと、これからもドコモを使おうと考えた場合にも便利でお得になる要素を備えているのでおすすめしたい方法です。

dカードゴールドというドコモが発行するクレジットカードがあるのですが、そちらを所有することによって今回のiPhone 7/7 Plus購入で高額なポイントが貯まる他、それ以外でもドコモの利用料金からのポイント還元が毎月行われるという2つの大き目なメリットを得ることが出来ます。そのため今回のiPhone 7/7 Plus購入に合わせてdカードゴールドを作るのもよりお得に契約する方法の一つになるでしょう。

軽くその2つのメリットについて説明しましょう。

dカード支払いでポイント2倍キャンペーン&入会ポイント最大12,000ポイントキャンペーン中

まずiPhone 7/7 Plusの購入でポイントが貯まるという内容についてです。

先ほど紹介したドコモオンラインショップ限定の999万ポイント山分けキャンペーンにおいて、特典2という形でdカードでの一括支払いをした場合にその商品の購入金額のポイント還元率が2倍になる、というものが実施されています。

このキャンペーン中にiPhoneをdカードで購入すれば、その分ポイントが通常よりも多く獲得することが出来ます。

※現在こちらのポイント2倍キャンペーンは終了してしまっています。また将来的には同じキャンペーンが行われる可能性(特に年度末)があるため、そちらに備えて用意しておくと良いでしょう。

 

そしてiPhoneをdカードで購入することによって、dカードの入会キャンペーンの以下の3つの条件の内2つをクリアすることが出来るため、最低でも10,000ポイントを獲得することが出来ます。

dカードゴールド入会のポイント特典獲得方法

  • 2,000ポイント:入会したらもれなく
  • 8,000ポイント:dカードHPよりエントリーし、入会後翌々月末までに5万円の利用で
  • 2,000ポイント:上記の条件を満たした上で「こえたらリボ」「キャッシングリボ」の設定

この内上2つがiPhoneの本体代を一括購入した場合にすぐに満たせるため、iPhone購入分の2倍ポイントに加えて合計10,000ポイントをdカードゴールド入会後すぐに得られることになります。

これがまずポイントの貯まるというメリットです。

dカードゴールドと回線の連携でドコモの料金が10%毎月還元

もう一つの特典はdカードゴールドを持つことでそれと連携させた回線がdポイントクラブのゴールド会員になれます。

このゴールド会員には非常に多くのメリットがあるのですが、その中でも特筆してドコモユーザーにお得なのは「ドコモの通信料をdポイントとして10%毎月還元する」というものです。

ドコモの通信費(税別時に1,000円ごとに判定、月々サポート適用後の料金で端末分割代やケータイ補償の料金は除く)から10%というのは相当にお得な内容です。仮に毎月7,000円支払っていれば700ポイントを還元できるようになり、1年間では8,400ポイントをドコモの支払い料金だけで貯めることが出来ます。

しかもドコモの料金プランの特質上、シェアパックの代表回線になっていると1万円以上の支払いがかかってくる場合がありますから、そちらの回線とdカードゴールドを連携させることが出来れば、ポイント還元は更にお得な金額になって行われることでしょう。

この特典はdカードゴールドと対象のドコモ回線が紐づいていれば毎月行われるようになっています。期限等は今のところありませんから、先ほど紹介した「ずっとドコモ割」のように長く利用すればするほど他のドコモユーザーよりもお得になっていく性質を持った特典です。

出来るだけ早い時期にこのdカードゴールドを持っておけば、それだけ10%還元の特典を受ける期間が長くなりますから、まだ持っていない方はiPhone関係なく所有しても良いぐらいのメリットです。

⇒dカードゴールド

この他にもdカードゴールドにはdカードケータイ補償などのメリットがありますが、とりあえず特に大きなメリットのものを紹介しました。その他については個別記事をご覧下さい。

dカード・dカード GOLDでドコモの通信費をよりお得に活用しよう iPhone 7契約でも役立つカード
新型iPhone発売に合わせて各社キャンペーンを今年も実施するものと思われますが、その中のキャンペーンとして予想されるものの一つが「自社系クレジットカードを利用して契約すると、ポイ

 

ドコモクーポンを利用

%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3docomo

全てのユーザーが貰えるわけではありませんが、一部のユーザーにはドコモから割引クーポンが配布されているので、そちらを利用することで契約を安くすることが出来るでしょう。

クーポンはドコモ側がユーザー属性を見ながら配っています。対象でない場合は届かないので、その場合にはヤフオクやメルカリあたりでクーポンを購入することで対応出来ます。オークションサイトでクーポンを購入すると実質的な割引金額は少なくなってしまうものの、それでも利用価値はあるので余裕があれば購入してみるのもいいでしょう。

ちなみに。

当サイトでもドコモオンラインショップで使える限定クーポンを配布中です。取得数が限定なのでお早めに(新規/MNP限定ですが・・・)。

よろしければこちらも利用してみて下さい。

ドコモのiPhone7/7 Plusに使える割引クーポン配信中!お得に購入するためにご利用ください
クーポンクーポン、ドコモのクーポン!

ドコモで使える当サイト限定の割引クーポンを期間限定で配布中です!

これさえあればあの話題のスマホも超格安に・・・とまではいかないも

 

価格は高いものの割引適用の選択肢は豊富

ドコモのiPhone 7/7 Plusの価格はauやSoftBankに比べても結構高く感じてしまう設定になっていますが、ドコモの場合この2社にはない多様なキャンペーンや割引施策が用意されています。それらを活用することができればこの価格の高さはほとんど気にならないものになり、むしろ3キャリアの中でも一番安く契約できる可能性があるものになっているのが特徴の一つです。

割引施策の豊富さは一つ魅力的な点であり、ドコモのiPhone契約をしていく上でも把握と活用が大事になってくる点です。

今回は実施されているキャンペーンの種類といくつかその活用方法について説明しましたので、是非それらを参考にした上でドコモのiPhone 7/7 Plusの契約に活かしてみていただければと思います。
ドコモオンラインショップ:iPhone 7/7 Plus

予約方法はこちら。

iPhone7/7 Plusをドコモオンラインショップで予約・購入手続きする手順と安く契約する方法
※ドコモオンラインショップの予約受付先はこちらです。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/products/iphone/index.ht

http://smaho-dictionary.net/2016/09/docomo-iphone7-yoyaku/

ドコモ iPhone7/7 Plus 在庫・入荷状況情報【au/SoftBankの情報も追加】
ドコモオンラインショップにおいてiPhone7/7 Plusのフリー在庫が出てきました。

他社オンラインショップだとフリー在庫があっても一旦事前予約に入ってしまいフリー在庫の

http://smaho-dictionary.net/2016/10/iphone7-zaiko/

auの情報はこちら

auのiPhone 7/7 Plus、価格・維持費 iPhoneかえトクキャンペーン(下取り)含む割引キャンペーンについて
auのiPhone 7/7 Plus販売価格とその維持費、そして用意されているキャンペーンについてまとめてみようと思います。

キャンペーンがドコモに比べると少なめになっている

SoftBankの情報はこちら

SoftBankのiPhone 7/7 Plus、価格・維持費 タダで機種変更(下取り)含む割引キャンペーンについて
SoftBankのiPhone 7/7 Plus販売価格とその維持費、そして用意されているキャンペーンについてまとめてみようと思います。

キャンペーンがドコモに比べると少なめ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top