スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

auが1,980円プラン「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」を提供開始

auが1,980円プラン「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」を提供開始

KDDIは6月17日より新規/MNPでiPhone SEを契約したユーザーに対して「ライトプラン」を用意しました。

期間中にiPhone SEを指定の方法で契約すると、最安での月額が1,980円(税込み2,138円)になる「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」が始まります。

Y!mobileを意識したと思われる今回のキャンペーン、iPhone SE限定ながらも維持費の部分が格安SIM級に一応はなっているため、特にガラケーからスマホへの乗り換えに躊躇していた方はチェックして良いかもしれません。

スポンサードリンク

「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」の内容

まずは「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」の内容を確認しておきましょう。

「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」は契約時に「スーパーカケホ」+「データ定額1」へと加入することを条件に適用されるキャンペーンです。

キャンペーンが適用されると毎月1,986円(税込み2,144円)の割引が2年間に渡って適用されることになります。

この割引金額はほぼiPhone SEの16/64GBそれぞれの毎月割にほぼ近い金額となっており、本来毎月割が適用されないはずの「データ定額1」へ毎月割相当が適用されている状態になります。このキャンペーンを適用した場合のiPhone SEの実質価格は5,424円となります。

なおキャンペーンページなどで連呼されている1,980円はauスマートバリュー(固定回線との割引施策)込みでの料金になっているため、auスマバリュに対応した固定回線と契約している必要があります。これが無い場合は毎月2,914円(税込み3,147円)になるので注意してください。

条件・維持費等をまとめると以下のようになります。

  • 新規/MNPで契約
  • iPhone SEのみ対象
  • 契約時「スーパーカケホ」「データ定額1」への加入が必須
  • 「イチキュッパ」にはauスマートバリューが必要

維持費は税抜き時1,980円。以下の表は税込みで計算

スーパーカケホ 1836
LTEプラン 324
データ定額1 3132
イチキュッパCP ▲2144
(auスマートバリュー) (▲1008)
一括時合計 3,147円

(2,138円)

iPhone SE 16GB分割 2370円×24回
分割時合計 5,517円

(4,508円)

「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」の割引は解約や休止、そして機種変更でも適用が終了してしまいますのでご注意を。ただし「データ定額 2/3/5/8/10/13」への変更の場合は継続とあるため、初月だけデータ定額1で契約後に変更することで別の大容量データプランでも割引を継続させることが出来るようです。もしもiPhone SEの16GBを契約する場合は、普通に毎月割を適用する(1,920円/月)よりも「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」の割引適用(2,144円/月)をしたほうがお得になる可能性があります。これはちょっと面白い内容になりそうです。

データ定額1では通信容量が少なすぎるという方でも、まず契約時には「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」を適用してみるのも場合によっては良いかもしれません(実行する場合はショップやセンター等で再度条件確認の上でお願いします)。

 

機種変更の場合は「データ定額1割引」の463円引きと3G機種変更特典あり

「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」は新規とMNPのキャンペーンですが、機種変更でも何か用意されていないか気になるauユーザーも多いと思いますのでそちらも紹介しておきましょう。

機種変更では割引額が4分の1にはなるものの一応データ定額1契約向けの割引が用意されています。「データ定額1割引」と呼ばれるもので、内容や適用条件などは「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」に近いものになっています。

条件

  • iPhone SEへ機種変更と同時に「データ定額1」へ加入
  • 期間内の機種変更で適用終了
  • 「データ定額 2/3/5/8/10/13」への変更は適用継続
  • 割引額は毎月463円(税込み)

割引額が500円以下になってしまうため、「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」に比べるとやはり見劣り感は大きく感じられます。「データ定額 2/3/5/8/10/13」への変更でも割引は継続されますが、「iPhone SE イチキュッパキャンペーン」と違って本来の毎月割なんかよりも大きく下回ってしまうこの金額では全く恩恵はないでしょう。

一括支払い時のデータ定額3と比較してみましたが、これならデータ定額3を契約して毎月割を適用したほうがむしろ安くなるので、紹介しといてあれですがあえて選ぶべき内容ではないでしょう。

iPhone SE 16GB データ定額1(イチキュッパ適用) データ定額3(毎月割適用)
一括維持費 4,829円 4,776円

もう一つの機種変更向けの割引は、16ヶ月以上3Gスマホ/3Gガラケー利用者がiPhone SEへ機種変更した場合に420円/月の割引が24ヶ月追加されるものがあります。こちらは毎月割に追加されるために単純にお得です。

特に今回のiPhone SEはガラケーからの乗り換えでもとっつきやすい端末なので、割と有効に使えるキャンペーンとなっています。

 

Y!mobile対抗も、端末価格と在庫の少なさがネック?

「イチキュッパ」と名付けるあたり今回のキャンペーンは確実にY!mobileを意識していると思いますが、Y!mobileがほぼ端末を実質0円級にして1,980円を実現しているのに対して、auはスマートバリュー込み・端末代は別途という形になっているので、対抗という意味では十分ではないのがキャンペーンを見ての印象でしょうか。

どうせならUQ mobileでもauの型落ちAndroid機種を用意して同等のキャンペーンを展開出来てればもっとインパクトが強かったと思うのですが、総務省のパブコメでmineoがうるさい中ではあまり積極的に動けなかったのでしょうか。

またau Onlineshopではまだ在庫が常備確保できるレベルには至らず予約してからの在庫搬入待ちの状態、実店舗でも同じく在庫がすくない状態であるため、そもそもキャンペーンをやってもすぐには契約できない可能性が高いというのも問題になりそうです。

面白い割引施策で、ガラケーユーザーのスマホ移行の助けにもなってくれそうですが、在庫や端末代が考慮されていない料金提示などネックとなる部分が目立ちます。

その辺りを考慮しながらキャンペーンを使った契約を検討してみてください。

 

今後一括0円+キャッシュバックのMNP案件が出てくることがあれば、維持費の安さもあるので回線乗り換えの定番にもなりそうなので、そちらのアンテナも張っておくと良いでしょう。

au機種変更、auオンラインショップ中心に契約の流れや予約の方法について お得に安く購入するための157クーポンも
今回はauの機種変更における契約をよりスムーズに行う方法やお得にスマートフォンを契約するコツというものを紹介してみたいと思います。

スマートフォンの契約には時間や手間がかかっ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top