スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

au機種変更、auオンラインショップ中心に契約の流れや予約の方法について お得に安く購入するための157クーポンも

au機種変更、auオンラインショップ中心に契約の流れや予約の方法について お得に安く購入するための157クーポンも

今回はauの機種変更における契約をよりスムーズに行う方法やお得にスマートフォンを契約するコツというものを紹介してみたいと思います。

スマートフォンの契約には時間や手間がかかってきます。特にauでは2016年夏モデルのGalaxy S7 edge SCV33発売以降は、機種変更という比較的すぐに手続きが可能な契約方法でも契約事項をよりしっかりと確認する方針に切り替わり、契約開始から実際に手元にきて使えるようになるまでに時間がかかるようになってしまいました。待ち時間や開通センターの混雑具合によっては、スマートフォンへの機種変更という手続きに対して2時間以上の時間がかかってしまう可能性もあり、契約をするだけなのに時間を無駄にし「機会損失」に繋がってしまいます。

今回はまずその契約に関わる無駄な時間を省くための契約前の事前手続きの流れや、オンラインショップの活用法を紹介して、契約をよりスムーズに行う方法を確認していきたいと思います。

それに加えて、auスマホの機種変更に使えるお得な割引裏ワザなどを、少ないですが紹介していきより安く契約できる方法というのも一緒に実践できるよう紹介します。これからauで機種変更を計画している方に読んでいただければと思います。

au online shopの契約方法とメリット

まずはスムーズな契約が可能であり、機種変更という点では通常の店頭契約よりも安くなる可能性のあるau online shopでの契約の流れ、そしてそのメリットについて確認してみたいと思います。

流れ

まずオンラインショップでの契約の流れですが、機種変更となるためau IDを利用した非常に簡単に契約を進めることが出来ます。

まずau IDを使ってau online shopにログインをします。
この時点で名義や住所情報が加えられているため、入力する事項はほとんどなくて済みます。

入力事項は連絡先となるメールアドレスと、任意で勤務先ぐらいです。送り先の住所は以下のように選べ、住所が変わっていないようならば特に何も入力せず選択するだけで大丈夫です。

受け取り住所

むしろ面倒なのは確認事項のチェックくらいでしょう。

契約事項

この時点で名義も住所も記入が終了しています。次に行うのはプランの選択です。

プランを継続する場合は特に操作は必要なく次に進めます。オプションも任意で選べますし、勝手に追加されているということもないのでそこは店頭ショップのように警戒する必要はないでしょう。

プラン選択

次の入力項目はau walletポイントを使用するかどうか。ポイントが貯まっている場合はここで使う分の金額を指定できます。

最後に決済方法の選択です。
分割支払いの場合はそのまま請求に合算されるため追加で登録する情報等は無いようです(クレジットカード支払い時のみ確認)。一括の場合はクレジットカードの決済のためにそのクレカ情報の入力が求められます。

決済情報

以上の流れをもって最後に注文内容の確認を行うと、無事au online shopでの手続きが終了します。

機種変更だと回線と紐づいたau IDを利用することで本当に5分もかからずに手続きが済んでしまいます。

au online shopで契約するメリット

頭金0円

ドコモオンラインショップのメリットについてでも説明したように、通常実店舗での契約は多くのauショップを中心に頭金を追加でかけてきます。

この頭金は、auが定めるスマートフォンの販売価格の定価の上から更に追加される形で支払いが必要になるもので、本来であればなくても良いはずの追加料金です。近年キャリア本体からショップ経営をしている各代理店への手数料が減ってきているということもあるため、各ショップがこれからも生き残るにはショップに丸々と利益の出る収入が必要ということで頭金が設定されています。

店頭ショップの苦しい台所事情も理解できますが契約するユーザー側にとってもそれは同じで、頭金がある分だけスマートフォンの金額が高くなってしまい負担が強くなってしまいます。キャッシュバックなどがあるMNPならともかく、機種変更においてはそういった類のものもありませんから、頭金によって単純に値上げがされてしまうも同義です。頭金は大体3,240円前後ですが、高額なスマホによってはこの頭金によって価格帯が変わったり桁が変わったりしかねないので、より安く買いたいなら頭金0円のショップのほうが絶対にいいでしょう。

こうした頭金の無いショップというのがまさにau online shopです。au online shopでは機種変更にかかる頭金は0円となっており、店頭よりも安く普通の機種変更が出来るようになっています。普通の契約が出来るということであり、その反動としてMNPのキャッシュバックがないデメリットもありますが、機種変更ユーザーにとっては非常に助かる特典が用意されているショップになります。

強制加入オプションなし

もう一つ安心できる要素としてはオプションなどの追加加入が必須ではなく自分で選べるという点です。

auショップではスマートフォンで使えるコンテンツサービスのオプションはもちろんのこと、最近力を入れている生活関連の契約(ウォーターサーバーやauでんき、au保険など)を勧められることが多くあります。

携帯ショップにきていきなりウォーターサーバーや保険を契約する人なんてほとんどいないと思いますが、ノルマなどが一定はあるようで勧められるのは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

このオプションやその他の勧誘商品について、au online shopでは任意で契約することが出来ます。ショップの言われるがままにオプションに加入してしまい、毎月使わないのに料金が引き落とされてしまうという事態も頻繁に起きていますので、このリスクを回避できる点もオンラインショップ契約のメリットでしょう。

店員にウォーターサーバーや保険を勧められるという時間の無駄を回避できるという点でも良いところであり、嫌な思いをしなくて済むところです。

au online shop公式は↓
http://auonlineshop.kddi.com/top

携帯ショップでの予約から契約の流れ

続いては携帯ショップでの契約をよりスムーズに行う方法です。携帯ショップ店頭だとオンラインショップの項目で触れている通り、オプションやその他契約商品などを勧めるために、単純な機種変更を一つするにしても時間を取られてしまいます。

契約の際にはauの公式HPから購入ショップを選択し、契約予約をした上で購入手続きなどを行うとある程度上記の無駄な時間を減らすことができます。その方法を以下では紹介していきましょう。

流れ

まず携帯ショップ店頭で契約または予約をする場合、すぐに店頭へ行くのではなく一旦公式HPから予約や事前購入手続きをしておくと良いでしょう。

店頭契約の予約や事前手続きはまずau公式HPから行ける予約ページに行きましょう。

予約店舗指定

https://online-yoyaku.kddi.com/

ここでは地域を選択することで、その地域でau契約可能な代理店のほぼ全てが表示されるので、その中から契約したいショップを選んで手続きを進めます。

事前準備2

ここから予約までの流れは比較的簡単で、指示通りに入力事項を入れておけば端末の予約と契約店の予約は完了です。予約番号がメール等で通知されるのでそちらを控えておきましょう。発売前のスマホだとキャンペーンに利用できる可能性があります。

予約完了画面

次はこの予約を実際に契約する際によりスムーズにさせるために事前購入手続きをします。これをしないとせっかく予約したのにほとんど端末予約や店舗予約の意味がありません。

事前購入手続きでは契約するプランやオプションを決めておくことで、プラン説明や無駄なオプションを一々勧められるという面倒な手続きを回避できる可能性が上がります。

事前準備

事前購入手続きは先ほどの予約番号とパスワードが必要です。

デフォルトでは現在の契約プランが選択されています。プランをそのままにしたい場合は安心ケータイサポートLTEプラスなどの保証サービスなどを追加するだけでいいでしょう。

プラン決定

最も安い形になるプランはスーパーカケホ+データ定額3GBの組み合わせです。これなら基本料がLTEネット合わせて6500円からで、ここに毎月割も適用可能となっています。

安いプランにしたい場合はこちらを選ぶと良いでしょう。

プラン2

この事前購入手続きをしておけば、契約時に説明される各項目の短縮が出来る可能性が高くなります。予約だけでなくプランやオプションの確認をこの時点で行っておきましょう。

 

しかしこちらの方法の予約と事前購入手続きについては、後述にはなりますがあまり洗練はされていないので注意が必要です。

 

機種変更をお得にする方法

以上の流れがauにおける機種変更をスムーズに行う方法です。au online shopは基本流れに沿って必須事項を入力することで、各種安くなるメリットはもちろん郵送で受け取れるというシンプルで素早い契約が可能です。

店頭契約でも予約や事前購入手続きをすることで、普段よりは多少マシなスピード感で契約することも可能性が高くなってくるでしょう。

次はこの機種変更の契約を更にお得に安く契約できる方法について紹介しましょう。全ての方に適用できるようなものではありませんが、知っておくと実際に機種変更するときに便利になるかもしれませんので、覚えておいて下さい。

MNP引き止めポイント

まず一つ機種変更時に端末価格の値引きとして使えるのがポイントの充当です。どのキャリアでも貯まっているポイントを利用することで購入時の負担は減りますので、ポイント利用はスマホを安くするのに欠かせない方法でしょう。

このポイントを更に追加する方法があります。

それがMNP引き止めポイントです。

MNP引き止めポイントはその名の通りMNPをしようと157へ電話すると、MNPを考え直してくれればポイントをあげます、というauからの提案です。

このMNP引き止めポイントは全てのユーザーが貰えるわけではありません。au側のポイント贈呈ラインに適応する契約期間や支払い料金などの一定の基準に達しているユーザーしかもらえません。またポイント金額ではSoftBankの場合には3万円分は得られるものの、今回のauの場合はポイントは1~1.5万ポイントが今のところSNSなどで見る限りの上限のようになっています。

それでも1万円前後の値引きに変わるこのポイントは、機種変更するならばぜひとも貰っておきたい特典になるでしょう。

クーポン

もう一つ利用してみたい値引きの方法としては、auが配布しているクーポンを利用することです。

auのクーポン、特に機種変更のクーポンは中々手に入りませんが、オークションなどを利用すれば自分宛てに来なかったクーポンでも値引き額分以下で購入することができるので、こちらを利用すれば更に安い契約が可能になるでしょう。

ただこのクーポンについては色々と注意点があります。

まず機種変更向けのクーポンはオークション相場が高く、購入費用からの割引金額というところの実質額が手間の割に少ないです。

またクーポンの一部には電話番号が指定されているものがあり、受け取った人専用のクーポンも多く出回っています。これでは番号をもっていないオークション利用者では割引は受けられないので注意しましょう。

狙い目となるのは一部の人気機種に配られている機種限定クーポンです。GalaxyやXperia、isaiといった新作機種に限り1~2万円引きが出来る機種限定クーポンならば、取引金額が安い上に電話番号指定の可能性も低いため、こうしたクーポンを利用するといいでしょう。こちらを使えれば機種変更でも安くすることが出来ます。ただしくれぐれもクーポン利用者の指定の有無は確認しておきましょう。

 

契約者全員が確実にお得になれるものではありませんが、現状はこうした方法がauの機種変更をお得に契約できる内容になっています。

 

Android契約にはauスマートパス

直接の契約のスムーズさやお得さには繋がらないものの知っておきたい知識としては、auスマートパス契約と毎月割の関係です。

iPhoneの契約には今のところ関係ありませんが、Androidのスマートフォンを契約する時にはauスマートパスの契約をしないとオンラインショップなどの価格表に出ている毎月割が全額適用されないという問題があります。

auスマートパス非加入時の毎月割は大体324円ほど毎月の割引金額が減ってしまうようになっています。auスマートパスの月額が401円なので、実際には割引が減ってもauスマートパスに加入しないほうがお得なのですが、100円以下で各種コンビニ商品や映画、外食チェーン店などの割引クーポンが貰え、設定をすればいつも使う路線の遅延情報などもリアルタイムで送ってくれる便利な機能があるため、加入しといて損することはありません。

割引減額分を考えると実質100円以下でこのサービスが使えるようになるため、多少の出費は出ると言っても加入しておくといいでしょう。

加入をしない場合は324円の減額があることを理解しておきましょう。若干の維持費の計算違いが出てくると思います。

 

おすすめはポイント獲得を試してonline shop契約

さて今回はお得な契約が出来るようになる方法と契約するショップのそれぞれの特徴を示してきましたが、最後にauで機種変更をするのにおすすめな方法についてまとめてみたいと思います。

もしもauで機種変更をするならば「157でMNP引き止めポイント」を獲得した上で、「au online shop」を利用するのがおすすめです。この2つについては既にメリットを書いていますが、更におすすめな理由を書いていこうと思います。

クーポンは番号指定が不安

auをお得に機種変更するもう一つの方法としてオークションなどでクーポンを購入する方法を挙げました。この方法ももちろんうまく活用すればお得にはなるのですが、最近目立つ番号指定のクーポンの存在によって、適当に購入できる気楽さというものがなくなってしまいました。

オークションなどで購入する場合はちゃんと商品説明の欄からクーポンのタイプを確認した上で買わなければいけません。

その点のわずかではありますがリスクとなる部分が、157ポイントのノーリスクさに比べると若干おすすめしにくいポイントです。手間もかかってしまうため、オンラインなどですぐに機種変更手続きをしたいときにもスピード感が足りません。

しっかりと注意すべき問題を把握しているのならばクーポンを使って機種変更をしたほうが良いでしょうが、不確かな出品ばかりのようならば避けたほうが良いでしょう。

オンラインショップは待ち時間がゼロ

オンラインショップと通常の店頭契約についてですが、やはり契約に関する待ち時間がゼロという点は非常に大きなメリットです。

特に2016年5月21日からの電気通信事業法の改正に合わせて、契約の注意点などを書いた書類を店員と契約者が口頭で読み合わせを行うという非常に時間のかかる作業が厳重化されているようで、これに非常に時間を取られます。

今回店頭ショップ契約の流れを説明するためにGalaxy S7 edge SCV33の購入をヨドバシカメラで実践しましたが、その際に「ご契約にあたっての確認事項」という3ページのレ点書類について長々と読み合わせを行ったために、事前に予約かつ事前購入手続きをしたにも関わらず、実際に契約/支払いが完了して手元に使えるようになるまで1時間以上かかりました。

この時間はかなり無駄だと感じます。店頭ショップ予約かつ事前購入手続きという作業をしてもこれほど時間がかかっては、そもそものその予約や手続き自体があまり意味のないものになってしまいます。

この読み合わせによる確認の厳重化はどうやら全国的な傾向のようですから、契約にかかる時間というのは減ることはないと考えていいでしょう。1時間以上の時間で出来ることの多さを考えると、オンラインショップでの時間の節約というのは大きな魅力の一つです。

 

デメリットは早期予約などをしないとそれほど在庫が与えられていない

このようにau online shopは頭金やオプションがかからないメリットや、時間がかからないというメリットがある故におすすめの契約方法ということになるのですが、一応オンラインショップ特有のデメリットもあるためそこは確認しておきましょう。

au online shopのデメリットとしては、早期に予約をしないとすぐに手元へやってこないということです。あまり多くの在庫が与えられていないようで、オンラインショップでは発売前のスマホを早い段階で予約しておかないと発売日に手元へ届かない可能性があります。人気のiPhoneはもちろんXperiaやGalaxyシリーズあたりはその傾向が顕著にみられます。

発売日を迎えても予約が必要な状態であることも珍しくなく、店頭ではカラーによっては在庫がある中でオンラインショップは予約中になっており契約をすぐに出来ないことがあります。

頭金もなくオプションも自分の意志で付けられ、時間もかからないというメリットがあるのですが、行動が遅いと契約したいと思ったときにすぐには契約できないというデメリットがあります。

 

今おすすめの安く買えるキャンペーン:「auスマホ交換プログラム」

さてauオンラインショップでの契約がお得なのはある程度伝わったかと思いますが、より具体的にこのオンラインショップでお得に契約で契約できるスマホというものを紹介してみようと思います。

実際に機種変更で価格が安いスマートフォンとなると、特定の条件を満たしていることで実質価格の安いスマートフォンというものを契約できるようになります。

条件とはキャンペーンを適用しての契約です。そのキャンペーンは16ヶ月以上の既存の機種を使い続けているユーザーが適用できる「auスマホ交換プログラム」というものです。16ヶ月間機種変更を経験していない回線であれば、特別な割引を受けての契約が出来るようになっています。

具体的な機種は次の6つです。(8月2日現在の機種)

  • AQUOS SERIE mini SHV31
  • AQUOS SERIE mini SHV32
  • Qua Phone
  • HTC J butterfly HTV31
  • Galaxy S6 edge SCV31
  • isai Vivid LGV32

これらの機種ならば現在キャンペーン込みでの実質価格は10,800円と機種変更価格としてはかなりの破格値となっていますから、よりお得に機種変更を最新モデルで行いたい場合に狙うべきスマホになっています(といってもこれらの機種は今元値が大分値下げされ、キャンペーン無しでも2万円ちょっとで買えるようになっているのですが・・・)。

どれも安いですがこの中から一つ選ぶとすると下3つのスマホでしょう。上3つのスマホはスペックがこの6つの中では低めで、何よりもあまり良い評判がありません。特にSHARP機はタッチパネルの不正確さや、バッテリーが減ってくると動きが悪くなってくるなどの問題点が報告されています。Qua Phoneは同じ価格を払うならばわざわざ購入する必要性はあまり感じません。

一方で下の3つはGalaxyにLG/HTCといったこれまで良いスマホを作ってきたメーカーの準最新モデルですから、機種変更後にその動作や使い勝手に不満を持つことが少ない機種になっています。

防水が必要ならばisaiやHTV31、より性能面を重視したいならSCV31がベストの選択になるでしょう。16ヶ月間機種変更していないだけで、これらのスマホを実質10,800円で契約できるようになります。価格もお得な契約をしたいならばこの3つから選ぶといいでしょう。

問題点は販売時期が昔ということとこの価格ということが重なり、在庫が既に一部機種では僅少となっている点です。これまで機種変更してこなかったユーザーにとっては性能面でも価格面でも満足できる契約内容となっているため、もしかしたら下3つのスマホが在庫がなくて契約できないカラー・機種が増えていくかもしれません。その点だけは注意して、なるべく早く機種変更するようにしましょう。

ガラケーからスマホを考えているならiPhone SE

ガラケーからスマートフォンへの機種変更を考えているならばiPhone SEがおすすめです。

こちらは上記のauスマホ交換プログラムの機種よりも割引がより高くなっており、実質価格がほぼ0円での契約も可能になっています。

iPhone SE自体は小型のモデルではありますが、ガラケーからの乗り換えには適したサイズ感となっていますし、何よりもiPhoneシリーズということでOSの取り扱いやすさなどはガラケーに非常に近いものになっています。簡単スマホのように操作がシンプルになっているので、ガラケーからはじめてスマホに移るのによく適した機種です。

もしも今ガラケーを使っているようならば、iPhone SEへの機種変更をオンラインショップ経由で行うことで、各種特別な割引と安心して損なく契約が可能になってきます。

ガラケーからスマホへ キャンペーンのまとめとおすすめ機種変更端末をピックアップ
ガラケーからスマホへといよいよ変更を考えている方向けに今回はどういった機種へと機種変更するのがいいのか、またガラケーユーザー向けにどんなキャンペーンが現在実施されているのかというこ

追記:単純に機種変更で安いiPhone 7 32GBもおすすめ

もう一つ追記で新たに追加された機種変更で安いスマートフォンについて紹介を。

9月から新しく格安なスマホがauの仲間入りになりました。その機種はiPhone 7です。

なんと発売したばかりのiPhone 7において一部モデルが機種変更の実質価格としてはかなりの低価格でスタートしています。本来であれば「型落ちしたAndroidスマホに付けられる価格、もしくはキャンペーン込での価格」という値段になるのですが、円高の影響もあってかそういった価格が設定されています。

安いと言えるのはiPhone 7の32GBモデル。こちらがなんと機種変更でいきなり20,520円という価格の安さに。この価格は先ほどのauスマホ交換プログラムからわずか1万円ほどしか差がない金額で、最新のモデルに付けられるものとしては非常に安価な価格設定になっています。

今auで安いスマートフォンというものを契約したかったら、このiPhone 7の32GBが一番おすすめです。低価格かつ高性能なこのスマホならば価格面でも機能性の面でも満足できるのは間違いありません。

 

というわけで以上のようにauで行う機種変更におけるよりスムーズに行う方法と少しお得に機種変更する方法についてをまとめてみました。

やはりスムーズさについてはドコモオンラインショップ同様にauでもオンラインショップを使うのが一番良いです。特に機種変更ではMNPなどとは違って割引がまず入らず、それでいて頭金などの「値上げ」を店頭ではされてしまう可能性が高くなっています。それを避けることが出来るという点においてオンラインショップを使うのは頭金0円のショップを利用できると同義であるため、非常に有効的な方法です。

それに契約が開通するまでの1時間以上かかるのが当たり前な待ち時間もいらない点は本当に大きなメリットかと思います。契約にかかる時間だけでなくショップによっては「契約を始めるまでの待ち時間」も必要になってくるため、それを合わせると数時間をスマートフォンの契約に費やすことになります。それを考えたらオンラインショップのスムーズさは時間を無駄にしないのでとても快適です。

割引に関してはポイントとクーポンが利用できますが、初期費用が必要なく電話するだけで確認が可能なMNP引き止めポイントは試してみるべきでしょう。Softbankのような3万ポイントまではいかないものの、1万ポイント前後が得られるため、機種変更の際には確実に割引の足しになってくれます。

クーポンのほうは散々説明した注意点にさえ気を付ければ普通にお得な方法として使えますが、実質的な割引額が低めになってしまうので、労力とコストを考えた上で実施したほうが良いでしょう。

一番シンプルかつ労力をかけずにスムーズかつお得な機種変更をしようとするならば、先におすすめとして挙げた157ポイントとオンラインショップの利用という組み合わせが一番確実かと思われます。

au onlineshop

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top