スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

DTIが半年お試し格安SIMの受付を再開 3GBが無料、10GBデータプランが980円引きのキャンペーン

MNOと違って4月もMVNOは元気がありそうです。

3月が終わってキャリアのキャンペーンでは終了するものや内容が悪くなったものが多く、繁忙期を過ぎた印象がありますが、MVNOに関しては4月になっても攻勢なところはキャンペーンに積極的です。

BIGLOBEやmineoの紹介キャンペーンなど一部キャンペーンが継続中の中で、3月までかなり好評らしかったDTIの半年間基本料無料データプランが、4月4日から受付を再開しています。

DTI SIM 半年間無料キャンペーン

3GBが半年間無料もしくは10GBが980円引き

今回のキャンペーンは3月末までの従来の内容だけでなく、新たに大容量プラン向けのキャンペーンも始まって2種類のCP回線が契約できます。

まず一つは格安SIMが実質半年間無料で試せるというもの。

MVNO格安SIMは通信費を簡単に節約することができる一方、従来のキャリア回線よりも通信の品質が劣ってしまい通信速度等で不便を感じる場面というのが目立ちます。

この回線品質については実際にMVNO格安SIMを使ってみないと実感としてわかりにくいわけですが、それを気軽にお試しできるのが基本料無料SIMです。

今回のDTIでは半年間もMVNO格安SIMをお試しすることが可能になっており、MVNOにありがちなスピードが速い時期や遅い時期という不安定な通信環境を実際に試すことができるでしょう。

いきなりMVNO格安SIMに現在使っている通信環境を移行するのは不安があるかと思いますが、このお試し無料SIMを使えば長期間その「MVNO格安SIM品質」というものを実際に感じることができます。

格安SIM移行の前にこうした無料系SIMからまずは始めてみることが賢明なわけですが、その役目に最適な契約にDTI SIMのこのキャンペーンはなるでしょう。

 

無料となるのはデータ通信専用プランはもちろん、音声通話が可能なプランも今回は無料になっています。データ容量は3GBです。

  • 3GB データプラン 840円/月 → 0円/月
  • 3GB データSMSプラン 990円/月 → 0円/月
  • 3GB 音声プラン 1,490円月 → 0円/月

データプランが無料になるのは他社でもよくありましたが、今回の音声通話が付帯したプランが無料というのはこれまでにないキャンペーンの形です。

前回の半年無料キャンペーンを契約している場合には適用外です。また1名義1回線しかキャンペーン適用にはならないのでご注意を。

 

もう一つは10GBもの大容量プランを格安に運用できるというものです。

10GBのデータプランそして音声付帯プランが、全て半年間980円引きという特典を受けることが出来、最も安いもので1,220円/月での10GBデータ回線の運用が可能になります

  • 10GB データプラン 2,200円/月 → 1,220円/月
  • 10GB データSMSプラン 2,350円/月 → 1,370円/月
  • 10GB 音声プラン 2,900円/月 → 1,920円/月

音声プランは3GBの無料と比べると若干高く感じてしまいますが、データプランに関しては相当にお得度を感じられる料金になっているのではないでしょうか。

複数のスマホやタブレットを、メイン回線からのテザリング運用なんかをしている方は、出費は増えてしまいますがこちらなら格安にデータ量を気にしないで自由に運用できる環境が整うでしょう。

 

去年は4月以降MVNOもキャンペーンが渋くなっていた印象があるのですが、今年は各社そんなことを感じさせない内容のものがいくつも出てきています。

その中でもこのDTI SIMのキャンペーンは契約しないほうが損になりそうなレベルのお得なキャンペーンになっています。

ちょうどmineoの半年800円引きキャンペーンが切れたという方も大勢いると思いますが、その切替先にベストでしょう。

半年間無料で格安SIMを試すことが出来るので、ぜひこの機会に契約してみてはいかがでしょうか。

 

一応これでも公式なキャンペーンページはこちら↓

「DTI SIM」を半年間おトクに使える“どっちもおトク!キャンペーン”

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top