スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

相撲のネットLive中継!SoftBankの「スポナビライブ」がサービス開始 プレミア/リーガも全試合ライブ

スポーツ好きの方達必見のサービスがSoftBankから始まっています。

3月17日から国内・国外のメジャースポーツのライブ中継がスマホやタブレットで楽しめる月額サービス「スポナビライブ」が提供開始中です。

 

「スポナビライブ」ではプロ野球を始め、MLB/相撲/なでしこリーグ/海外サッカー/EURO2016/テニス/B.LEAGUEの一部ライブ配信やハイライト映像、過去1週間分の試合のアーカイブ配信などが楽します。

このラインナップでありながらSoftBankユーザーならば月額わずか500円でサービスの利用を開始できる安さになっており、スポーツ好きにはたまらないサービスになっています。

 

自分も早速契約してみたのですが、初日から大満足なサービスに出会えて感動しているので、このスポナビライブの素晴らしさを伝えておこうと思います。



相撲のライブ中継に対応!

今回のこの「スポナビライブ」、個人的にそのサービス内容に大興奮しているのですが、その一番の理由が大相撲のライブ中継に対応しているからです。

大相撲のネット配信/ライブ中継は賭博八百長問題があった時にUstreamでの視聴に対応することによって割と早く実施されていましたが、テレビ中継が復活した今では一場所あたり12,000円という結構高額な料金が視聴するのにかかってしまうようになりました。

sumo

職場や出先で相撲の取り組みを見たいと願っている相撲ファンにとっては、いくら好きなスポーツといっても負担の強い出費になっていたはずです。

suponavilive

それがこの「スポナビライブ」なら月額500円!

まずこの料金面でこれまで以上に視聴がしやすくなったという点において相撲ファンにとっては革命的なサービスになっています。

そしてこのライブ中継は安いだけじゃなく、なんと序の口の取り組みから対応してくれており、本来ならNHK-BSですら視聴できない取り組みがネットからでも見ることができます。

sumolive

幕内上位の取り組みはNHK放送分になるためワンセグで見ることもできるのですが、幕内下位や十両になるとNHKの放送スケジュールによってはBS送りにされてしまうため、ワンセグでは視聴できませんでした。

これがNHKに左右されず毎日見ることができるというところも満足感を高めてくれるサービスとなっています。特に今場所は十両に遠藤や大砂嵐のような幕内で人気だった力士や幕下の宇良のような若い期待の力士もいるため注目度も高いでしょうから、これが視聴できるのはファン感涙ものでしょう。

 

音声・動画の質

音声、というよりも実況解説はなんとスポナビライブ独自の実況です。解説もちゃんと元力士勢が行ってくれます。先日は元高見盛・振分親方、元琴欧州成人親方が解説をしていました。

動画の質は「低画質・標準・高画質」から選べます。スマホなら標準、タブレットなら高画質で大変見やすくなる感じで画質は全体的に良いです。

視聴に困るような画質ではありません。

 

まだ初日しか試してないものの、この大相撲中継が出先からでも楽しめたことでこの「スポナビライブ」は神サービス認定させていただきます。無知なだけでもっと簡単にネットで相撲中継を楽しめる方法はあるかもしれませんが、他スポーツと合わせてこの価格でライブ中継が楽しめるのは確実に神でしょう。

キャリアのコンテンツ型サービスは数多くありますが、その中でも群を抜いての神っぷりを感じています。

SoftBankユーザーで大相撲ファンなら絶対加入しましょう。わずか500円で世界が変わります。

相撲に興味ない方でも1ヶ月は無料なんでお試しで加入してみてはどうでしょうか。帰宅中の電車の中で何もすることが無い時なんかに視聴してみて欲しいです。今場所は序盤から3横綱に黒星が付き、最後まで展開が面白くなってきそうですから。

今場所ここまでの見どころは琴勇輝関連が多いでしょうか。6日目までに1横綱2大関を相手に星を得ています。

苦言を呈したにも関わらず目の前でパフォーマンスをされた後の白鵬の顔の変わり様、日馬富士に初金星をあげた後の所作などこちらに訴えかけるものがあります。

白鵬vs琴勇輝

日馬富士vs琴勇輝 初金星

ぜひ身近になったこの機会に興味を持っていただければと思います。

 

プレミアリーグ/リーガエスパニョーラも全試合ライブ

kaisaka

そしてもう一つ、来シーズンからの放送ではありますが、ファンにとって見逃すことのできないサービスが海外サッカーのライブ中継でしょう。

まだ詳細は出ていませんが予定ではイングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガエスパニョーラの全試合をライブ中継してくれるということです。

プレミアリーグはJsportsでのライブ中継数やチームが限られているため、その対象から外れたチームのサポーターは生視聴出来る手段が黒いネット配信を見るしかありませんでした。それを考えると全試合がライブというのは本当だったらかなりうれしい対応でしょう。

リーガエスパニョーラはJsportsやJリーグパックに加入していると追加契約をさらにするには費用がかかりすぎるという問題があるため、それが500円で視聴できるようになるのは喜ばしいことです。時間帯的にも生視聴するのが難しい試合も多く、オンデマンド対応をしているスポナビライブは空いた時間で試合を確認するのにも適しています。

来シーズンからにはなりますが、サッカー好きにも安くて最高峰の試合が見れるという神サービスになってくれることでしょう。

 

Wi-Fiタブレットではログインできず、SoftBank回線経由でアプリを開く必要あり

さてこのスポナビライブ、対応しているのはスマホとタブレットのみで、PCでの視聴は対応しておりません。

またWi-Fiタブレットなどでの視聴も不可となっており、いったんアプリをSoftBankのスポナビライブ契約回線で認証してからでないとWi-Fiでの視聴ができません。このため大画面のWi-Fiタブレットでサービスを利用しようと考えている方は注意が必要です。

一方でSIMフリースマートフォンでもSoftBank向けのAPNを設定して通信させればスポナビライブを視聴できるため、SIMフリータブレットなどならば大画面での視聴が今のところ可能です(SoftBank側が規制しなければ、ですが)。

一度認証すればWi-Fiでもストリーミング出来るようになるため、SoftBankのタブレットやSIMフリータブレット、それか5インチ以上のスマートフォンを使えば見やすい視聴環境を作ることができるでしょう。

ログイン式のサービスになってくれれば非常に便利になるのですが、それは非SoftBankユーザー向けのサービスが始まってからでしょうか。ただSoftBankなのでそこまで優しい視聴環境ができるサービスにはしてくれないかもしれません。

 

追記:SIMフリータブレットでiPhoneSIMを利用して大画面視聴中

この記事を書いてからしばらく経ちますが、相変わらずの神サービスっぷりに満足しながら使わせてもらっています。

現在このスポナビライブは、8インチのSIMフリータブレット(Xperia Z3 Tablet Compact)で出先などで視聴する使い方をしています。やはり8インチクラスになると中継が快適に見ることが出来るので、このコンテンツサービスを利用するならば用意しておきたいサイズです。

スポナビライブを契約しているのはiPhoneの回線です。これ以外の回線では現状利用できません。Androidの契約SIMはIMEIロックがかかっているので、SoftBankから販売されたスマートフォンやタブレットでないと通信が不可能な状態になります。マルチSIMと呼ばれるSIMフリースマホ向けのSIMもありますが、こちらはIMEIロックがかかっていない代わりにスポナビライブを始めとして各種コンテンツサービスの契約が不可能となっているため、こちらもスポナビライブを見ることが出来ません。

SIMフリータブレットを使ってスポナビライブを見るには現状ではIMEI制限がされていないiPhone契約のSIMカードを用意する必要があります。

このiPhone回線と、エクスパンシスで購入した8インチのXperia Z3 Tablet Compactを組み合わせることで、現在スポナビライブを大画面でどこでも見れる環境を作っています。このようにもしも大画面でスポナビライブを見たい場合にはiPhone回線を使ってSIMフリー端末にAPN等の入力を行い利用するのが一番良いでしょう。

追記:My SoftBankからWi-Fi経由で認証が可能に Wi-Fiタブレットや他社端末でも利用可能に

一般ユーザー(3,000円プラン)へスポナビライブが解禁されたことによって、SoftBank版のスポナビライブでも認証方法が大きく緩和されており、My SoftBankへのログインをすればWi-Fiオンリーのタブレットや他社スマホでもスポナビライブを視聴できるようになりました。

これにより上記で書いた複雑なプロセスが不要となり、500円で好きな端末から各種スポーツを視聴できる物凄いコンテンツに変化しています。

Jスポーツがプレミアリーグの放映権を十分に獲得出来なかったことで、プレミアリーグの全試合生中継がスポナビライブ独占になるなど、このコンテンツの価値も上がってきていますし、ぜひ気軽に加入して視聴をしてほしいものになっています。

追記:ついにパソコンとテレビでの視聴にも対応!!

2016年11月からこれまで対応していなかったパソコンからの視聴やテレビでの視聴というものに対応し始めました。

PCは専用のサイトから、テレビはGoogle Cast対応のクロームキャストから視聴する形になります。これによりスマホやタブレットのような画面サイズの小さい画面での視聴だけでなく、大画面で迫力のスポーツ観戦ができるようになりました。

これに伴い割引キャンペーンも実施されるようになりますから、かなり視聴のしやすさがパワーアップしています。詳しくは以下の記事を確認してください。

スポナビライブがパソコンでの視聴、Google Cast対応でテレビでの視聴に対応!
大相撲のネット中継、プレミアリーグ・リーガエスパニョーラの全試合生中継、プロ野球・Bリーグ中継と、日本での人気スポーツをスマホ・タブレットから楽しめるソフトバンクのコンテンツサービ

 

このように回線との紐付けを定期的に確認する必要のあるサービスですが、内容・料金共に神がかっているのでSoftBankユーザーそしてスポーツ好きは加入することを自信をもっておすすめしたいです。

初月に無料期間もあるのでぜひ体験していただければと思います。



COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも楽しく拝見しています。
    スポナビライブにはかなり興味があり、加入を検討している段階です。

    本文にありました、Simフリーのタブレットで、ソフトバンクのapnを設定すれば視聴可能とのことてすが、
    具体的に、何をどう設定するのでしょうか?
    現在、ソフトバンクのiphoneを使用していますが、画面が小さいため、
    simフリーのipad(simは未装着)で視聴できればと思いまして、、。
    ご存知でしたら、ぜひお教えください。
    よろしくお願いします。

    • iPadならAPN構成プロファイルをPC経由で作成すればiPhone用黒SIMのAPN(sirobit)で動作するかと思います。
      恐らくこの流れで設定出来ればスポナビライブも問題なく視聴が可能かと。
      ただその場合だとiPhone側の通話がSIMをさしてる間出来なくなってしまうので注意が必要ですが。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top