スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

ドコモが機種変更/新規一括0円~スマホを追加! 年度末セール最後の激安特価セールが開催中

ドコモが機種変更/新規一括0円~スマホを追加! 年度末セール最後の激安特価セールが開催中

ドコモが年度末が終わりに近づいてきたこの時期に、機種変更や新規契約が安くなるセール端末を大幅に追加してきました。

中には新規や機種変更で一括0円の契約ができるスマートフォンも含まれており、携帯電話が最も安くなると言われる年度末に恥じないラストセールとなっています。

去年一昨年のように3月が終わったら4月以降セールらしきものはなくなってしまうのは、このサイトの過去記事からも明らかですので、わずかにでも機種変更や新規契約の予定を考えていた方は、3月中での機種変更をできるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

Xperia Z5、AQUOS ZETA/Compact、ARROWS NXが値下げ

3月18日から端末購入サポートに追加機種が加わり、4種類のスマートフォンと1種類のタブレットの一部契約方法で一括価格が大幅に値下がりしました。

端末購入サポートは、端末契約後14ヶ月以内に機種変更や解約をした際に購入補助費に近い違約金を契約解除料として取られる注意点がありますが、14ヶ月以上継続利用する予定ならばスマホを非常に安く契約できるようになっています。

今回の値下げはこの端末購入サポートの力と、春のおとりかえ割を併用したもの、またU25スマホ割適用によって維持費が安くなる可能性のある端末があります。その辺りは個別の契約解説のところで触れていきます。

Xperia Z5は純新規で一括10,368円

so-01h

非常に人気の高いXperia Z5 SO-01Hが18日からの割引追加対象機種に含まれています。

残念なことに機種変更は対象外で、機種変更は従来通り25歳以下のみが格安機種変更の対象になっています(こちらも3月31日までなので注意)。

ドコモの『Xperia Z5 SO-01H(compact SO-02H,Premium SO-03H)』、機種変更が大幅値下げ中
今回はドコモにおいて人気のXperiaシリーズが安い、という話題を扱ってみようかと思います。

ドコモでは現在Xperia Z5 SO-01H、Xperia Z5 compac

対象は新規とMNPで一括価格は10,368円となっています。新規とMNPのみといってもXperia Z5が新規でもこの安さというのは結構衝撃的な価格なのではないでしょうか。

特にまだ新学期、新入学向けに子供のスマートフォンを用意していないという方でドコモユーザーな家族は、このXperia Z5を買い与えておけば3年間は余裕で使えますし、シェア子回線に入れれば維持費も大きな負担にはなりません。スマホ端末で馬鹿にされることもないでしょう。

もちろんMNPでも良案件です。キャッシュバックをしなくなったドコモの中で、今後のリセールバリューなどを考えたときには良い選択肢かと思います。

春めいた空気にもなってきましたし新色のピンクも季節にあったカラーリングですので、これからスマホを持ったりドコモにMNPしてくるユーザーには適した、それでいて安いスマートフォンになるでしょう。

14ヶ月以内の端末購入サポートの契約解除料は41,472円です。

ドコモオンラインショップ:Xperia Z5 SO-01H

機種変更ならAQUOS ZETA SH-01H/Compact SH-02H、ARROWS NX F-04G

sh-02h機種変更で安くなっているのは、最新モデルのAQUOS2機種と夏モデルのARROWSです。

発熱や基盤不具合で回収問題のあったSnapdragon 810採用のARROWS NXは候補から外すとして、選べるのはAQUOS2種になるでしょう。どちらもSnapdragon 808なのでARROWSに比べれば発熱問題をそこまで心配する必要はありません。

何もしなくても機種変更で安いのは小型モデルのAQUOS Compact SH-02Hのほうです。一括価格は10,368円です。

元々2月から実質10,368円と同程度の安さになっていたため、2年間の支払総額には変更はないのですが、実質価格での契約が2年間の利用を前提とする一方、端末サポの一括価格の契約は14ヶ月の利用で契約解除料が消えるため、次の機種変更ができるまでの期間が短縮されるという改善が起きています。

あえて1年ちょっとで機種変更する必要性のないスマホですが、新しいスマホに目移りしてしまうような方は今回の端末購入サポート契約は、安さでは変化はないものの縛りが短くなったという点において嬉しい内容になるのではないでしょうか。

14ヶ月以内の端末購入サポートの契約解除料は24,300円です。

個人的にも姉妹機のSHV33を使っていますが、特に不便なく使えているため小型のスマホが欲しい方には価格の安さと共におすすめできる機種変更スマホです。

ドコモオンラインショップ:AQUOS Compact SH-02H

 

端末購入サポート対象の中でもちょっと特殊なのがAQUOS ZETA SH-01Hです。

こちらは価格が一括で25,920円。これでも性能や発売時期を考えたなら十分安いですが、他の端末と比べると若干気になる価格です。端末購入サポートの他に春のおとりかえ割を適用した価格となります。

AQUOS ZETA SH-01Hの場合、この価格から更に25歳以下を対象にしたU25スマホ割によって更に割引を増額する仕組みになっており、25歳以下を優遇した端末となっています。25歳以下なら割引分が高く、実質的な価格は10,368円とその他のスマホと同じ価格まで下がります。

14ヶ月以内の端末購入サポートの契約解除料は23,328円です。

大画面スマホとしてはこちらもXperia Z5同様に候補になる安さかと思います。機種変更ではAQUOS ZETAのほうが実質価格/一括価格ともに安いため、第一候補になるでしょうか。

ドコモオンラインショップ:AQUOS ZETA SH-01H

 

ARROWS NXを除いた上記の3機種はどれも新規/機種変更に本当におすすめです。いずれも価格コムの平均点で4.0を超えていることからわかるように、かなり安心して使えるスマートフォンです。実質価格と比べても約10ヶ月早く次の機種変更の準備が可能になるなど条件も良くなっていると見れますし、年度末のセールに相応しい内容となっています。ぜひこの機会での機種変更をおすすめします。

またいずれも家族まとめて割の対象となっており、こちらを適用すれば10,368円端末は実質0円での契約が可能となっていますので、家族と一緒に機種変更をするなどの工夫をするとより安く契約できます。

 

iPad mini4が新規一括0円~

またタブレットではiPad mini4が端末購入サポートの対象となっています。

機種変更では対象になっていませんが(それでも16GB実質0円から)、新規契約では端末購入サポートによって一括648円からとなっています。16GBの場合には更にここにiPad特別割引が適用となり、新規一括価格は0円から選べるようになっています。64GBおよび128GBではこのiPad特別割引は対象外のため、端末購入サポートの割引のみになっています。

容量別の価格および端末購入サポートの契約解除料については以下の通りです。

iPad mini4 16GB 64GB 128GB
一括価格 648円 14040円 25920円
iPad特別割引 ▲648円 適用外 適用外
端末購入サポート 31104円 32580円 32580円

iPad mini4は2台目プラスおよびシェアパックの子回線としてシェアオプション契約で組み合わせることが出来ます。一括購入時の維持費は税込みで2,700円。14ヶ月以降に回線を解約した後もMVNOのデータプランで運用が可能ですし、悪い契約内容ではありません。

リセールバリューの高さもあるため、価格や維持費以上に実際にはお得な契約になるでしょう。

ドコモオンラインショップ:iPad mini4

維持費

維持費については25歳以下で安くなるAQUOS ZETA SH-01Hがちょっと異なる点があるものの、いずれも月々サポートがないためにほぼ共通の維持費と見てよい状態になっています。

そのため以下の計算表が各スマホで契約したプランに適用される維持費として見れます。

端末購入サポ維持費 データM シェア10 シェアオプション
カケホライト/データプラン(タブ) 1836
spモード 324
パケットパック 5400 10260 540
一括時合計 7560円 12420円 2700円

 

年度末最後の値下げ?

年度末は2月の春のおとりかえ割開始から、ドコモはかなり積極的にセールを行ってきました。いずれも機種変更や新規でお得な契約が可能な内容でしたが、今回はXperia Z5 SO-01Hもセール対象にしてきたことで、いよいよ最後の追い込みにかかった印象を受けます。

3月も残りわずかですが、冒頭でも触れたよう3月と4月に入ってからではスマホの安売り傾向というものが一気に変わってしまうため、残り10日あまりの内に機種変更なり新規契約をドコモユーザーはしておいたほうがこの後に後悔する可能性は低くなりそうです。

割賦の支払いが残り4,5ヶ月ぐらいであれば、ちょっと新たに今回追加された機種を含む、3月までのセール価格が設定されている他機種を考えても良いかと思います。特に今年はMNPキャッシュバックが沈静化したこともあってか、ドコモは珍しく機種変更への優遇を強めたキャンペーンを実施しているため、この機会を逃さないようにしましょう。

Xperia Z5の機種変更情報などは以下の記事から

ドコモの『Xperia Z5 SO-01H(compact SO-02H,Premium SO-03H)』、機種変更が大幅値下げ中
今回はドコモにおいて人気のXperiaシリーズが安い、という話題を扱ってみようかと思います。

ドコモでは現在Xperia Z5 SO-01H、Xperia Z5 compac

ドコモGalaxy S6、Nexus 5X、DM-01G等が『機種変更』で一括0円~の大値下げ!年度末セール価格始まる
2月26日よりドコモの一部スマートフォンが一括価格を大幅に値下げすることになりました。

既に実質10,368円~の格安な機種変更価格で販売している機種が出てきていますが、今回

ドコモは機種変更を「値下げ」!iPhone 6s/AQUOS Compact SH-02Hが実質11,016円の低価格に
※こちらは2月の記事ですが、4月現在ほぼ条件的には変わらずに低価格を維持しており、安く買える状況は変わっていません。

2月には実質0円がなくなる・値上げだ!、なんて騒がれてい

機種変更にはオンラインショップを

それとこれは毎回言っていますが、特に機種変更を行う際にはドコモオンラインショップを利用するようにしたほうが損をしなくて済みます。

ドコモオンラインショップについての詳しいメリットは以下の記事にありますが、

ドコモオンラインショップでの機種変更のススメ 3つの大きなメリットと契約手順について
※iPhone 7の契約方法や流れ、よりお得に機種変更するための方法について記事下部に追記しました。そちらもドコモオンラインショップのメリットと共に確認していただければ、より安くて
  • 頭金が無料
  • 機種変更事務手数料が無料
  • 必須加入オプションが無い
  • 待ち時間や説明の時間で消耗しない

というメリットがあります。この内頭金と事務手数料は、店頭で契約した際にとられる可能性が高く、本来の定価よりも高額な支払いが必要になって損する可能性が高いです。

その損をしない契約をできるのがドコモオンラインショップとなるため、特に新規やMNPと比べて追加値引きやキャッシュバックが皆無な機種変更をする場合には利用してもらいたいショップです。

特に今回の端末はどれも一括価格が低いため、量販店ポイントも事務手数料以下のポイント還元しかされないでしょう。待ち時間やテンプレ説明、光回線の勧誘を断る手間などを考えてもオンライン経由のほうが金銭的にも精神的にも負担が少ないでしょう。

もちろん新規でも利用する価値はありますが、機種変更だとほぼ確実に損をしない契約が出来るため、そちらの契約を検討している方はオンラインショップを利用してみてください。

今なら春のめちゃトク祭りも実施されています。

ドコモオンラインショップ

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top