スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

docomoがシェア特割を開始 & iPhone 6 16GBのMNP月々サポートが3510円に

docomoがシェア特割を開始 & iPhone 6 16GBのMNP月々サポートが3510円に

端末購入サポートやドコモポイントの改悪など、段々とSoftBank的な手法に染まっているdocomoですが、5月26日よりこれまたSoftbankで行われていた割引手法を取り入れて、実験的ではあるものの一部の端末に対して適用するようです。

今回のdocomoのキャンペーンは、「シェア特割」と呼ばれるもので、月々サポートの増額されるキャンペーンです。
このキャンペーンでは月々サポートの増額は一律の一定額ではなく、加入しているグループのシェアパック容量において割引が増額される仕組みになっています。

キャンペーン:シェア特割

過去にはSoftBankがiPhone 5sを契約した場合にデータ定額パックの容量によって月月割が大きく変動する形を一時期試していましたが、今回のシェア特割もそれと似たような内容になります。

スポンサードリンク

対象端末はARROWS NX F-04Gのみから

具体的な増額金額は以下の表のとおりです。

シェア特割 シェアパック10 シェアパック15以降
増額月サポ額 540円×24ヶ月 1080円×24ヶ月

SoftBankではデータ定額パック・小容量(2GB)プランにするとベースとなる月月割が減額されるような仕組みでしたが、docomoでは減額などをせずに増量される金額だけが変わる仕組みになっています(これを前提として端末の月々サポート自体を減らしているかもしれませんが)。

シェアパック優遇はこれまでの傾向通りです。単価の低いデータパックはそもそもキャンペーンの対象外となっています。
家族まとめて割の特典2同様に、シェアパック15以上になると更に優遇は増して割引が強くなる形です。

シェア特割のこの優遇は全てのスマートフォンで始まるわけではありません。今のところ実験的な要素も強いのか、夏モデルで早期に発売される3端末の中でもARROWS NX F-04Gのみがその対象になっています。まずはこの端末を使ってどれだけキャンペーンの訴求が出来るのかを試すのでしょうか。

ARROWS NX F-04Gの月々サポートは5月28日発売時点で新規もMNPも機種変更も同額で1566円/月しかないため、今回のシェア特割をうまく活かさないと維持費が高額になってしまいそうです。

条件としてはシェアパック10以上のファミ割グループに入っていることになるので、シェアオプション回線においてもこのキャンペーンの適用による月々サポートの増額は受けることが出来ます。ただし2台目プラスのシェアオプションは当然の事ながら対象外です。

シェア特割がF-04Gのみの適用になるか、もしくは今後の夏モデルへと適用され恒常化するようになるキャンペーンかはわかりませんが、docomoにおけるシェア運用というものがますます大事になると伝わってくるキャンペーンのような気がします。

※追記:現在Xperia A4 SO-04G,AQUOS ZETA SH-03Gが追加されて、3機種で適用可能になっています。

iPhone 6 16GBの月々サポートがMNP限定で増額

そしてそんなシェア回線運用にとって必需品とも言える高額な月々サポートを持った回線というものが再びiPhoneで実現可能になりました。

5月26日からiPhone 6 16GBのみがMNP限定というピンポイントな契約において月々サポートが増額、実質0円契約が可能になりました。月々サポート単体で見ると実に3510円/月という金額が割引金額として利用できるということになります。

これをデータプランに利用してシェアパックを契約する代表回線の割引として使う場合に、いくらの割引が余るかというと以下のようになります。一括購入時の計算なので端末代金は含まれていません。

iPhone 6 16GB MNP一括時
データプラン(ルーター) 1296
シェアオプション 540
月々サポート 3510円
回線維持費 0円(ユニバ2円)
代表回線に割り当てられる割引 ▲1674円

一括価格84240円は高額ではありますが、家族まとめて割の10800円割引を始めとした各種割引を駆使すれば、リセール時に損の少ない金額で契約できるでしょう。
1回線につき1674円という相当高額な割引を代表回線に充てることが出来るため、家族名義のMVNO回線からMNP契約、その後にデータ化などをする方法でファミリー割引20回線の中に入れて割引の恩恵を受ける方法が賢いやり方かと思います。

シェア特割とは共通点のないニュースですが、今後シェア回線を活かしてdocomo回線を運用していこうという方には重大な変更の1つかと思われます。家族まとめて割が使える2台以上を前提に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモオンラインショップ:iPhone 6 16GB

docomo iPhone 6 機種変更/維持費/2台目プラスによる2回線保有時の節約方法
5月10日に一部キャンペーンが終了し、実質価格の値上げ、月々サポートの適用価格の減少が起きたdocomoのiPhone 6について、過去記事では情報が古くなってきたので改めて維持費

http://smaho-dictionary.net/2015/05/d-iphone-kisyuhen/

docomoデータプラン、iPhone 6での利用や最低維持費、余った月々サポートの代表回線活用方法についてまとめ
携帯キャリア各社には、通話プラン以外にも多様なプランが用意されています。Apple Watch、は関係ありませんが同様のウェアラブルデバイス・Android Wear向けのデバイス

http://smaho-dictionary.net/2015/05/docomo-dataplan/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top