スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

SoftBankの2015年学割は26歳まで継続割引する「家族の学割」

2016年の学割についてまとめました。2016年版はこちらをご覧ください。

docomo/au/SoftBankの2016年学割のまとめ
2016年も各社学割が発表されました。今年は例年に比べると割引重視ではなくパケット通信量のほうが焦点になったことで、あまり盛り上がっているような雰囲気はありませんが、学生または25

SoftBankが1月17日から学割の受付を開始します。2015年度は「家族の学割」という名称でサービスを開始するようです。

これまでは学割適用ならば放送大学などの学割対象校に入る事で30代以上の方でも受けることが出来ました。その反面18歳以上の社会人では対象外という形にされてしまっていましたが、この2015年度の学割からは学生であることが条件ではなく、25歳以下であることを条件として実質的に対象範囲を広めています。

学割特典は「スマ放題」と「ホワイトプラン」の2つのプランに用意されています。
どうやらホワイトプランが無くなることは暫くなさそうな気配ですね。
他の2社よりも予想よりも1日早い発表で牽制してきた感じで、これからのdocomoとauの出方によっては修正してくるかもしれませんが、とりあえず発表された内容についてまとめておきましょう。

スポンサードリンク

「家族の学割」概要

sofgaku

特典条件

2015年「家族の学割」の適用条件については以下の2つを満たす必要があります。

  • 新規もしくはMNPでの契約
  • 25歳以下の契約者が含まれる

この2つを満たした場合、「家族の学割」の特典を受けることが出来ます。もしも本人が26歳以上でも、家族内に25歳以下の方がいる場合には、新規もしくはMNPをすることで家族用の「家族の学割」特典を受けられます。
MNPでは学割適用者本人と同等の特典が、新規では25歳以下の学割適用者本人が受けられる特典よりも期間や内容が落ちますが、家族でも同じような形で割引を受けられます。

SoftBankの場合は赤ん坊の時点で家族割登録を行えます。
対象となる端末はiPhoneやAndroidスマートフォン、3Gケータイのみとなります。(iPadなどのタブレット、Wi-Fiルーターやみまもりケータイは対象外です。)

特典内容

特典内容は契約するプラン、そして25歳以下の利用者本人かその家族によって違います。
ここでは表にしてその内容を出しておきます。

家族の学割 特典内容
スマ放題 540円/月の通信費からの値引き
1GB/月のデータ通信量増量
ホワイトプラン 1080円/月の通信費からの値引き

 

特典範囲:スマ放題

対象者 対象期間 データパック
加入プラン
適用可能特典内容
540円引き データ量増量
25歳以下の学割適用者
またはMNP契約の家族
学割適用者が
26歳になるまで
小容量以上
3Gケータイ
シェアプラン、
パケット定額無し
学割適用者の家族
(新規契約限定)
最大2年間 小容量以上
3Gケータイ
シェアプラン、
パケット定額無し

 

特典範囲:ホワイトプラン

対象者 対象期間 パケット定額 適用可能特典内容
1080円引き
25歳以下の学割適用者
またはMNP契約の家族
2年間 フラット/2段階
パケット定額無し
学割適用者の家族
(新規契約限定)
1年間 フラット/2段階
パケット定額無し

 

 

スマ放題

smahogaku

今回の注目はスマ放題の特典内容でしょう。
なんと学割対象本人及びMNP転入の家族であれば、26歳の誕生月まで割引が継続するという内容になっています。
現実的ではないものの、理論上は十数年に渡って学割の恩恵を受けられるということになります。

ただスマ放題の場合は特典を受けるための契約内容の条件が、家族全員で組むことを考えるとあまり魅力がありません。
というのも、スマ放題を家族で組む時にオトクに使えるシェアプラン(家族データシェア、2台目データシェア含む)に加入している回線は、学割の特典対象外になってしまうのです。
学割の割引特典を受けるためには、家族全員で個別のデータパックへ加入しないといけません。その対象範囲については上の表にある通りです。

シェアが学割対象外だと、例え割引やデータ容量の追加という特典が発生しても、家族が多い場合は学割を使わずにシェアしたほうが安くなるという可能性もあるかとおもいます。
ちょっとこのシェア対象外はかなり痛い部分なので、スマ放題で学割を組む場合実際の料金節約という面において恩恵はそれほど受けられないでしょう。

この後説明するホワイトプランのほうが、ネット中心ならば安くて使いやすくなるかもしれません。

家族の学割/スマ放題:iPhone 6具体例

スマ放題を本人が学割適用した場合の具体的な通信費用について計算してみます。
契約するスマートフォンはiPhone 6 16GBをMNPで、月月割が2920円の状態として考えてみます。データパックは最安の小容量・2GBにしてみます。

時期的にMNPだと一括0円で契約出来る可能性を考えて、最初の合計金額は一括で契約した場合を考えています。

スマ放題 2916
S!ベーシックパック 324
データパック小容量 3780
月月割 -2920
家族の学割 -540
合計 3560円
分割合計 6480円

 

ホワイトプラン

ホワイトプランではスマ放題のように26歳まで割引継続、というようなことはなく、学割適用者本人で最大2年間までの割引になります。
ホワイトプランの学割特典はこれまでとほとんど変わらないでしょう。最大2年間、基本料金が無料以上(1080円割引)ということになります。

あまり代わり映えしない内容ではありますが、スマ放題がシェアプランに特典を対象外としたことで、ネットを中心に使うことが前提ならばホワイトプランのほうが料金も安く使いやすさは上かもしれません。
今回はパケット定額を2段階プランにもしてもホワイトプランの1080円引き特典が継続しますので、月月割次第ではとても安い維持費用になる可能性が高いです。

家族の学割/ホワイトプラン:iPhone6具体例

こちらもiPhone 6へのMNPでホワイトプラン特典を選択した場合の通信費用を計算してみました。

ホワイトプラン 1008
S!ベーシックパック 324
パケットし放題 5616
月月割 -2920
家族の学割 -1080
合計 2948円
分割合計 5868円

 

割引期間こそスマ放題よりは短くなりますが、コストはホワイトプランのほうが安くなります。しかもデータ容量がホワイトプランは7GB、スマ放題は2+1GBしか使えないので、通話定額が不要・ネット重視の利用方法ならばホワイトプランで学割を組んだほうがいいでしょう。

 

去年は3社とも牽制しあった中で学割の内容を発表していましたが、今年はSoftBankがいち早く発表してきました。
iPhone 6の料金内容やスマ放題のプラン内容のように、良くも悪くも他社の発表内容によってキャンペーン内容を変えるのがSoftBankですから、他社の動向次第で柔軟に特典の追加や修正が行われることでしょう。
そのためここでの特典内容も場合によっては変更が入るかも知れませんので、詳細については随時公式ページにて確認をしていただければとおもいます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top