スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

新規一括0円、月2241円のWi-Fiルーター「305ZT」レビュー、高速/無制限/格安のモバイル回線

データ容量が無制限で使えるプランというのがMVNOの格安SIMを中心に増えてきています。
ぷららモバイルLTEから始まり、U-mobileや日本通信が無制限プランの提供を始めました。
スマートフォンで直接無制限プランで通信をしたい場合には、こうしたSIMカード契約で提供されるMVNOのプランを選ぶしか選択肢はありません。

[browser-shot width=”200″ url=”http://smaho-dictionary.net/2014/11/nolimit-mvnosim/”]
「無制限プラン」、ぷららモバイルとU-mobile、日本通信 b-mobileどれがいい?

一方でモバイルWi-Fiルーター経由での通信をしようとした場合ならば、わざわざdocomo系MVNOの無制限プランを選ばなくても選択肢は用意されています。
WiMAX2+のルーターセットならば、解約金が発生してしまう、docomo網よりも通信エリアが狭い、移動中は繋がりにくいというデメリットもありますが、データ容量が無制限かつ高速で通信できるメリットがあります。
最近はキャッシュバックや割引によって毎月の料金もぷららモバイルLTEなどの無制限プランとほぼ変わらない金額になっていますので、高速で快適に無制限通信をしたいのならば速度にバラつきのあるdocomo系MVNOの無制限プランよりもおすすめ出来るモバイルWi-Fiルーター運用の回線です。

今までですと無制限通信が出来るモバイルWi-Fiルーター系の契約は、WiMAX2+か2世代ぐらい古い旧イーモバイルのルーターしかなかったのですが、最近の無制限プランブームに倣ってか、Y!mobileでも無制限通信が可能なプランが登場しました。
それが「305ZT」というルーターの特別キャンペーン「CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン」を適用した無制限プランです。
本来ですと月7GBで通信量制限という制約があるのですが、WiMAX2+などの無制限プランの対抗キャンペーンとして、この制限を「通信量追加を無料」という方法をとることで実質的な無制限通信を実現しているのです。
これによってY!mobileでもdocomo系MVNOやWiMAX2+のように無制限プランを提供できるようになったということになります。

今回はこの305ZTで契約が可能な無制限プランについて実際に使ってみてのレビューとその魅力的な料金について紹介したいとおもいます。モバイルWi-Fiルーター経由での通信でも問題無いという方には、かなりおすすめしたい無制限契約です。

スポンサードリンク

利用状況

現在のこの305ZTの利用状況としては、以下の様な使い方を実験的にしています。

  • 動画視聴
  • 毎朝2GB程度のデータダウンロード
  • PS3でネットゲーム

規制や制限があるかどうかを試したいので、結構負荷をかけた使い方をしています。

動画を中心にダウンロード系コンテンツは今のところこの305ZTに集中させています。
そして日課として900MBほどのファイルをダウンロードしては削除、再ダウンロードしては削除といった感じで、無駄に通信量の負荷をつけてから利用を開始しています。
あとは無線LAN経由でPS3でネットゲームをしています。すぐ飽きてしまうので1時間程度ですが、バトルフィールド4という対戦式のゲームを遊ぶのに利用しています。

こうした利用をしながら通常のネット利用も普通に使っています。その中で感じたこの305ZTの使い勝手や規制の有無なんかをレビューしていきます。

 

まずはデメリットから

この305ZTは結論としてはおすすめなモバイルWi-Fiルーターです。ただそのおすすめな部分を語る前にまずはデメリットとなる部分を先に片付けてしまいたいとおもいます。

電池の持ちはそれほど良くない

最近のルーターとしては305ZTは結構サイズが大きめです。WiMAX2+のNAD11と比べても厚みが相当違います、2倍ぐらい違うでしょうか。重さもずっしりと感じます。

305nad11

その割にと言いますか、これだけの大きさのルーターにも関わらず意外と電池の消費はゴリゴリと使われる印象です。
常にパケットを流しているという最低な環境なので無理もないとおもいますが、公称9時間の連続通信に耐えられるとしていますが、感覚的にはもう少し短い時間しか持たないバッテリーの使用量を感じます。
大体連続通信で7時間ぐらいで厳しくなるというようなバッテリー実力といった感じです。

またバッテリー表示が初期設定では10%間隔なので、凄い曖昧な量しか残量を把握できません。残量が多い時はいいのですが、40%,30%あたりにくると不安を感じさせる残量表示だと個人的には感じています。

 

解除が面倒

この305ZTは「実質無制限」という内容になっています。
無条件で無制限で使えるわけではありません。

7GBの既定のデータ容量を超えてからは、500MBごとに通信量の制限解除を行わなくてはいけません。
これは本来500円で行えるのですが、キャンペーンで2年間は無料になっているので、毎回500MBごとに無料解除をすることで実質的な無制限回線として利用することが出来ます。

ということで無制限で使い続けるには毎回規制ごとに解除する操作をしなければなりません。
解除は今のところ2つ方法があります。

  • 305ZTの本体からタッチパネルで直接操作
  • スマホやPCからMy Y!mobileへアクセスして解除操作

305zt

どちらかの方法で500MB分の高速通信データ容量が追加されます。
これが結構面倒です。
今の時期ですとコタツに入ってまどろみながらスマホを弄っていることがよくあるのですが、その時に速度制限にかかって解除をしなければいけない場合、わざわざ別のとこに置いてあるルーターのところまで行きたくないですし、My Y!mobileへログインするための入力すらしたくない、と感じることもあります。とにかく解除のひと手間が面倒です。

 

速度制限の解除には解除操作をしてから約5分ほど時間がかかるとしています。ただ体感としては2分ぐらいあれば速度は復活します。
また制限が始まるまでの通信料が残り200MBを切ると、メッセージが表示されて速度制限の解除予約をすることが出来ます。この状態で予約を申請しておけば、ほぼ規制落ちすることなく、そのまま高速回線で使うことが出来ます。
この200MB前の通告時に予約をしておけば、2分~5分の待ち時間もないので、ある程度意識しておくと楽です。

でもこの解除操作はやはり面倒と言わざるを得ません。

 

アップロードが弱い

ダウンロードの速度は速いのですが、アップロードの速度は良いものではありません。
ファイルの頻繁な出し入れをするような方には、例え無制限と言ってもストレスを感じてしまう可能性があります。

 

*追記:3日制限が始まる・・・

契約時には示されていませんでしたが、残念ながら3月の中旬頃から3日1GB(?)の制限が始まりました。これまで3日制限はないとしていたヨドバシカメラの宣伝表などでも明記され始めたので、Y!mobileが公式的に始めたものかと思われます。

制限がかかると速度が落ちます。この速度の落ちる時間は限られているようで、お昼の12時から深夜1時頃までです。大容量ファイルのダウンロードは午前中にやっておかないとダメということになりそうです。

制限速度は128kbpsのような超低速ではありません。最低限ネットをするのに困らない速度は出ます。大体0.9Mbps~1.3Mbpsぐらいの速度が規制速度となっているようです。これは恐らくWiMAX2の規制速度に合わせているのでしょう。これぐらいの速度があると、普通のネットはもちろん画質の低い動画ならばある程度見ることは出来ます。ファイルのダウンロードには時間がかかってしまいますが、スマホと接続する分にはなんとかなる速度です。

ついに恐れていた規制が始まってしまいましたが、使いやすいレベルの速度は規制されても出ているため、ある程度許容できる範囲になっています。ただ完全な無制限回線では無くなってしまったので、そこは注意して下さい。

 

メリット

解除操作とバッテリーという、この305ZTのルーターとしての根幹に関わる部分にデメリットというか不満を感じてしまうという状態ですが、それを踏まえても満足できるメリットがこの305ZTにはあります。

確実に無制限、3日1GB制限も無し(今のところ)

305ZTのメリットは確実に無制限であることが言えます。

今のところ制限解除をしなかった時以外では、速度制限などの扱いを受けたことというのはありません。初日で8GBまで通信、その後も数GBを1日で利用していますが、3日1GB規制も今のところ発生していません

WiMAX2+同様の完全に無制限なプランになっています。

 

通信速度は非常に速い

そしてdocomo系のMVNOでは感じられなかった非常に高速な通信環境も手に入ります。
ぷららもU-mobileも日本通信も、どれも3Mbps以上の速度を「安定して」出すことは出来ませんが、この305ZTは悪くても10Mbps以上は出してくれるので、快適すぎるモバイルWi-Fiルーター回線になっています。

ymolte

 

ネットゲームも意外に遊べる

真面目にやっている方には無線環境、ましてやモバイルルーターで遊ぶなと言われそうですが、ネットゲームも割と遊べてしまいます。
たまに息抜きでPS3のバトルフィールド4という戦争ゲームを遊んでいますが、意外と何とか戦えてしまいます。
結果を拘ってしまうと微妙なズレを感じますが、息抜き程度でゲームを遊ぶ場合ならば、普通にプレイ自体はできるルーターです。

 

動画の劣化はなさそう・・・今のところ

SoftBankグループということで、画像や動画ファイルに対してファイルサイズを圧縮してダウンロードする、などの規制が当然発生しているものだとおもっていたのですが、とりあえず現状実験してみても特に画質が劣化したりDLしたファイルサイズが変化するようなことは起きてません。

ぷららやU-mobile、日本通信との比較で利用した動画でも特に劣化らしき点は感じられませんでした。劣化は日本通信だけという感じです。
これは「Y!mobile 4G」、「Y!mobile LTE」どちらの通信表記でも同様です。(305ZTには「Y!mobile 4G」、「Y!mobile LTE」というSoftBankとY!mobileの高速通信網での接続が可能になっています。)

5sya

もうちょっと色々な画像や動画で調べてみないとわかりませんが、今のところは大きな影響はなさそうです。

ただこちらのサイトさんの検証では305ZTでも画像の劣化が確認されているというようですので、こちらも確認しておいて下さい。
参照:ソフトバンクグループの画像圧縮の実態を検証してみた。 | かえざくらのつぶやき

*追記:使って1ヶ月、使用量18GBを超えた頃から動画の劣化が確実に見てわかるようになりました。動画の劣化、画像の劣化は残念ながら存在するのが305ZTということになりそうです。

 

新規一括0円、2241円/月で使える高コスパルーター

そして何よりもこのルーターの良いところは、これだけの通信速度で無制限で使えるというメリットがありながら、現在新規一括0円という特価販売がされており、月2241円で利用できてしまうという点にあります。
ただしこの販売は全ての店で一括0円ではなく、一部の店に限られています。しかも探すのは結構大変です。

本体代4万2000円で分割支払い運用で月3991円というのが本来の形なのですが、これが一括で本体代を支払うことで、月額割引が本体代に相殺されること無く直接通信費の値引きに繋がるため、月2241円(税込み)で使えるようになります。

Pocket WiFiプラン+(にねん) 3991円
月額割引 -1750円
500MB追加料金 0円(キャンペーンで2年間)
合計 2241円

 

税込みで2241円というと、docomo系MVNO最安の日本通信が2138円ですので、103円毎月の料金が高くなってルーター運用のみという制約がかかってしまいますが、たったこれだけの障壁で高速での無制限通信が出来る契約へとアップグレードすることが可能になります。

ルーター運用が苦でない、SIMを差しての運用でなくてもいいという場合は、2年縛りこそついてしまいますが(解約金1万260円)、圧倒的にこちらの305ZTのほうが快適すぎる環境を整備することが出来ます。
お近くのY!mobileショップなどで新規一括0円での契約が可能であれば、必須な加入オプションなどの契約に注意しながらも、迷わず契約を結んでおきたいルーターかとおもいます。

100円PC市場では単体一括4980円

ただ何処のY!mobileショップやケータイショップでも一括0円はやっているわけではありません。
場合によっては契約のために遠出してショップを探さないといけません。
そんな方のためにネット上での手続きだけで契約できるのに一括4980円で契約できる店があります。
それが100円PC市場というショップです。

100円PC市場

こちらならば近場に一括0円店が無くても、納得行く金額での契約が出来るでしょう。
実は私もこちらでパパッと契約してしまいました。
近場で一括0円で契約できるところがなく、年末ということで0円のために遠出する時間もなかったので、交通費やロスする時間を天秤にかけて4980円での購入で決めてしまいました。

ネットの申込みフォームから登録後、FAXで免許証のコピーを送るだけで受付してくれます。FAXはコンビニから送りました。
FAX送信後しばらく自動送信メール以外の返信がなく不安でしたが、1日後にちゃんとしたメールが来たのでまあいいでしょう。
登録から3日後に代引きで今回の305ZTが届いたので、契約商品にしては早い対応なのではないでしょうか。
一括0円を探す時間が無い方にはこちらのショップをおすすめしておきます。

 

 

今のところ3日1GB制限がなく、動画等の劣化なども感じられないため、制限解除の煩わしささえ我慢すれば、最高の無制限プランのルーターなのではないでしょうか。
WiMAX2+と比較しても、外出時にエリアの心配がいらないことや電車などの移動時でも繋がるという点において明らかに上回っていますので、現状の各種無制限プランにおけるルーター運用の中ではベストチョイスになると感じています。解約金もWiMAX2+が19000円からなのに対して、9500円で済むのが305ZTです。

ただ唯一の不安が「3日1GB制限が今のところ無い」という点で、これが制限として発生してしまった場合には正直使いにくいルーターになってしまいます。
もしもこうした規制が発生してしまった時のために、我慢して使えるか、あるいはすぐに解約出来るだけの予算はあるかなど、ある程度の覚悟をしておかないと、305ZTは高い契約に変化してしまうかもしれません。
追加で今後規制が発生しても、対処できる心の準備をしてから契約に踏み切って下さい。

「今のところは」という制限付きですが、個人的にはおすすめ過ぎるモバイルWi-Fiルーター契約です。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつも楽しく拝見しております。
    私も現在wimaxを使っていますが、近々速度が遅くなるとのことで
    乗り換えを検討しております。
    Pocket Wifiか、最近ではsoftbankairなるものに注目していますがどうなんでしょうか?
    悪い噂とかありますかね?

    • モバイル回線として305ZTはほんとにいいです
      ただ3日制限がいつかかかる可能性もあるので、そこはほんとに怖いです。
      Softbank airも検討しているということは固定回線のように使おうと考えているのでしょうか?それだと規制や動画の圧縮をしかねないSoftbankグループは危険かもしれません。
      ネットゲームで実験しておいて言うのもなんですが、Softbankグループの回線はモバイル用途以外だといざ規制が入った時に仕事や作業に支障をきたすので、強くおすすめできません。

      • アドバイスありがとうございます。
        動画の圧縮なんてことがあるんですね。知りませんでした。

        モバイルルータよりホームアンテナタイプが安定するという不確かな情報でwimaxもUroadHomeを使っていますので、ホームアンテナタイプのsoftbankairが魅力的に見えて飛び付きそうになっていました。

        もう一度検討しなおそうと思います。
        ありがとうございました。

  2. WiMAX2+も春以降3日で1G制限がある可能性を示唆しています。
    どっちにしても二年契約も一緒ですしね。
    その時には諦める鹿内とおもいながら305ZTを契約しました。
    現状はかなり快適ですね。
    携帯のLTEより早い感じですし。

    • WiMAX2+もどうなるか気になりますよね
      3日1GB制限は可能性の「示唆」という点に希望を持ちたいです。
      305ZTも速くて今のところ規制も無いので、自分も快適に使っています。これが本当に2年間続いてくれると助かるんですが。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top