スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

docomoガラケーとiPhone6,6Plusとの2台持ちは大画面化に対応した最適な持ち方。2台目プラスなどの運用プランもドコモは用意

今回のiPhone6,6plusは従来のサイズよりもかなり大型化した端末になりました。
見やすい大型の画面サイズを選択したのは、どちらも通話よりもWebサイトの閲覧の快適さを重視した結果なのでしょう。

iPhone6は4.7インチで、男性ならばギリギリ通話とWebの閲覧どちらも両立できるサイズだとおもいますが、5.5インチのiPhone6plusでは、ちょっと通話はしづらい大きさなのは否定できないとおもいます。
完全に通話よりもインターネットを中心に使う用途になっているとおもいます。

こうした流れは、Androidでは顕著でしたが、いよいよiPhoneでもそれに続くようになってしまいました。
従来型のケータイ電話に慣れ親しんでいた方には、通話のしづらさに恐らく戸惑うかとおもいます。このままガラケーを使い続けたいという思いもあるでしょう。
一方でいまやコミュニケーションツールとしてのスマートフォンは必須です。メールやLINEのチェックからちょっとした探し事もスマートフォンに頼らざるを得ない時代です。

これに最もうまく対応できるのは、ガラケーとiPhoneの2台持ちという今ではポピュラーな方法が該当するとおもいます。
大画面になったことでiPhone6,6plusは2台持ち運用に適しているとおもいます。
今回もその話題の一つなのですが、今回はただの2台持ちではなくdocomoの料金プランを利用した2台持ちの運用方法について考えてみたいとおもいます。

スポンサードリンク

2台持ちに適したdocomoの新料金プラン

今回は、docomoの新料金プランである「カケホーダイ」で、運用する方法を紹介したいとおもいます。

docomoではカケホーダイのプランに、2台持ちでネット用の回線を作った場合に、「シェアオプション」/「2台目プラス」という料金プランを用意しています。これは通話はできないものの、低い基本料金でネット用のデータ回線が作れるというものです。
このデータ回線とカケホーダイの2回線を持つことで、それほど大きな料金の増額なしに2台持ちをすることができるのです。

ガラケーとiPhone6の2台持ち試算

それでは実際にガラケーとiPhone6をカケホーダイの2台持ちプランで組み合わせた場合にどのようになるのかを計算してみましょう。
iPhoneはiPhone6の16GBで、プランはデータSパックを想定してみましょう。データSパックで使えるデータ量は2GBですが、iPhoneボーナスで1GB追加して使うことができます。購入方法は2台目なので、機種変更ではなく新規かMNPになるパターンが多いとおもいます。
まずはガラケーのプランがどうなるのかです。

ガラケーは、

  • カケホーダイ(ケータイ)
  • データSパック
  • SPモード

という組み合わせになります。もしも月々サポートがある場合は、割引としてここに追加されることになります。

 

もう一つ、2台持ちの回線としてiPhoneを付け加えた場合、1700円のデータ回線と、500円のシェアオプションというプランに変更になって、このような組み合わせになります。

  • データプラン(スマホ)
  • シェアオプション
  • SPモード
  • 月々サポート
  • (iPhoneの分割支払い)

これが2台目のiPhoneに支払うプランの内容になります。
これらをまとめると以下のプランの表のようになります。

カケホーダイ(ケータイ) 2376
データプラン(スマホ) 1836
SPモード×2 648
データSパック 3780
シェアオプション 540
月々サポート 3078
(iPhoneの24回分割支払い) 3078
2台合計 6104円(一括)/9182円(分割)

 

一括でiPhoneを契約した場合は6104円と中々の安さだとおもわれます。分割でも1万円を越さずに使うことが出来るでしょう。
若干毎月の料金は増えてしまいますが、ガラケーでメールや通話も定額で使い放題になり、iPhone6の大画面でネットも使えるという形で、効果的な役割分担ができる利用方法になるとおもいます。

同じ方法でSIMフリーiPhoneとMVNOという運用の仕方もあるとおもいますが、iPhoneについてはdocomoが用意している補償サービスが非常に手厚いため、この補償目的でdocomoでカケホーダイを組んで2台持ちをしたほうが安心感は高いとおもいます。

[browser-shot width=”200″ url=”http://smaho-dictionary.net/2014/09/hosyou-iphone/”]
補償サービスから見るiPhone6,6plusの選び方

また、MNPを使って2台目にiPhoneを契約できるようならば、一括で買いやすくなるキャンペーンをしていますので、そちらを使えれば6104円で2台持ちも難しいやり方ではないでしょう。

[browser-shot width=”200″ url=”http://smaho-dictionary.net/2014/09/iphone6-mnp-docomo-cp/”]
iPhone6のMNPはdocomoが一番!最大6万4800円の値引きでiPhone6を一括9072円で買えるキャンペーンが揃う

大画面になってネットはしやすく、通話はしにくくなってしまいましたが、このような2台持ちとそれにあったピッタリのプランがdocomoから用意されています。
これを利用することで、ストレスのない使い方を両方の端末ですることが出来るのではないでしょうか。

どうやらキャリア版のiPhone6,6plusは、当日在庫含めて結構流通するようです。
ただ購入までの待ち時間はかなり時間がかかりそうなので、空いている店舗や郊外の家電量販店を使うか、ドコモオンラインショップで自宅配送をしてもらいましょう。

https://www.mydocomo.com/onlineshop/home/index.html

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. とても参考になりました。

    親(私)ガラケー、子どもスマホです。
    スマホを機種変でiphone6にしますが、新料金プランに機種代を加えると
    8000円は覚悟せねばならぬとわかり、困っています。
    (これまでのXiでは学割もあり5000円以内でした。)

    2台持ちの考えでいけば、多少出費がおさえられそう!と
    喜びましたが
    いざというときに通話がないと困りますよね。
    子どもはいらないといいますが。。。

    同じキャリアを親子でもつには、この高い通信費は仕方ないのでしょうか。

    • 安売りを買ったりMNPをしない限りは難しいとおもいます
      通話も災害時にはお子さんには絶対に必要ですので、分割だともう1000円追加して毎月1万円以上が新プランだとかかるのは仕方ないかとおもいます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top