スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

「みおふぉん」にMNPしてdocomoやSoftBankの高いプランから逃げるという選択

docomoの新プランが高いという話が出てきています。
新しいカケホーダイとパケあえるというプランでは、通話が定額になるという、電話を利用する方にとっては大変なメリットが生まれています。ですが、この影響によって、約1900円以上の値上げが基本料のプランにおいて行われてしまいました。
電話をする方にはとてもいいプランのようにおもえますが、電話をしない方には不要なものが増やされた上で、値上げということになってしまいました。

この値上げによって、別会社へのMNPなどを考えている方もいるかもしれません。
そんな方に一つの選択肢として紹介したいのが、MVNOの格安SIMの音声通話付きのプランです。
docomoからMNPをするとなると、auやSoftBankになりますが、auは通話品質が、SoftBankは通信品質がdocomoと比べると時に見劣りしてしまい、MNPには抵抗のある方もいるかもしれません。
ですが、音声通話付きのMVNOの格安SIMは、docomoの回線を利用していますので、通話や通信については今までのdocomo網を利用できます。それでいて、docomoの料金プランとは別の料金プランを用意していますので、docomoの料金に不満な方には選択肢としてありだとおもいます。

今回はこの音声通話つきの格安SIMを、docomoの新プランと比較して、格安SIMのほうが安く持てるということを紹介してみます。

スポンサードリンク

高いdocomoの新プラン

docomoの新しいプランは、高いです。
特に電話をしない方には本当に高いです。電話が定額になる代わりに、基本料のプランで2000円の値上げをしています。
電話をする方には嬉しいですが、しない方には余計なプランになっています。

docomoのカケホーダイ&パケあえるの概要と新プランで高くなる人安くなる人 | スマホ辞典

一番安いプランでも、これだけの金額がかかります。

  • 2700:カケホーダイ
  • 300:SPモード
  • 3500:データsパック
  • 6500:合計

このプランは、電話代がかからず、2GBまで高速通信ができるプランです。それで6500円が毎月の料金になっています。ここにキャンペーンを受けられる方は割引が発生しますが、大きく料金が変わるわけではありません。
電話が定額で実質無料のように、新しいプランではなりましたが、その分はしっかりと値上げされています。
電話をしない方で、ネットが中心の方は、たったの2GBで6500円も取られるということになります。

 

IIJmioのみおふぉん

iijmio

こうした高いプランからののりかえ先として、今回選択肢として紹介したいのが、IIJmioが提供しているdocomoのMVNOサービスです。いわゆる格安SIMというやつです。
これまで格安SIMのサービスは、ネットだけができるものしか揃っていませんでしたが、IIJmioは電話もできる音声通話サービス「みおふぉん」を格安SIMのオプションとして提供し始めています。
このみおふぉんは、docomoの回線をつかっているので、docomoの音声通話とdocomoのネット回線を、IIJmio経由で使うことができます。そのため、今docomoを使っている方でも、auやSoftBankにのりかえるよりも使い勝手は変わりません。

回線が同じdocomoなので、電話や通信エリアはこれまで通り使えます。違うところはネットの速度規制の強さとdocomoメールが使えないことぐらいです。
これだけの違いで、毎月の料金はIIJmioのみおふぉんのほうが安いです。試しにさっきのdocomoの2GBのプランと、みおふぉんの2GBのプランを比較してみましょう。
みおふぉんの料金はこうです。

  • 1000:みおふぉんオプション
  • 1520:ライトスタートプラン
  • 2520円:合計

高速通信の容量がdocomoと同じ2GBで2520円です。音声通話は通話時間で料金がかかります。30秒/20円です。
docomoのプランが6500円、IIJmioでネットの利用を同じ容量に合わせたプランで2520円、約4000円違います。ネットが中心の方は、この4000円の差よりも通話料金が少なければ、docomoのプランよりもIIJmioのプランを選んだほうがはるかに安くなります。
ちなみに、4000円分の通話料とは、100分間/1時間40分の毎月の通話時間です。1ヶ月に100分間電話しないという方は、docomoの新プランを選ぶよりも、ネット中心のプランとして持てるみおふぉんのほうがいいでしょう。
着信中心の生活ならばみおふぉんで、docomoの新プランで持つよりも4000円丸々節約できるのです。

 

*追記:みおふぉんの月額料金がこの記事を書いた当初よりも大幅に値下げされ、なおかつサービスも広がったので追記修正しておきます。

2014年10月から、みおふぉんおよびIIJの料金プラン内容に変更が入り、データ容量と毎月の通信費が上に書いた内容よりも良くなっています。

上記では2520円から音声電話と2GBのデータ通信が可能と書いてありますが、2014年10月以降は月額1600円で全く同じ内容のプランを契約することが出来ます。およそ1000円近く値下げされたということになります。

IIJに限らずこうした料金やプラン内容の改善は各MVNO事業者で起きている現象で、音声プランとデータ容量2GBという組み合わせではほとんどの格安SIMが2000円以下で利用できるようになっています。しかも大体のところがデータ容量を増加させており、IIJを見れば2GBの他に4GBや7GBといった大容量プランを用意していて、高くても4000円ほどで使うことが出来ます。

しかもサービスも充実しており、MNOにもないバースト転送と呼ばれる通信方法を使っていて、低速回線に万が一落ちてしまった場合でも、最初の数秒は高速通信と同じ速度が出るため、ネットなども低速ながらサクサク読み込めるMVNO回線になっています。

 

みおふぉんはdocomoからのMNPに対応

4月15日から、IIJmioのみおふぉんではMNPに対応しているため、今の電話番号を引き継いだままみおふぉんのプランへ変更することができます。
今回のdocomoもそうですし、SoftBankの「スマ放題」に不満を持っている方にも、みおふぉんへのMNPというのは、選択肢としてありかとおもいます。

電話を使わない方、LINE電話などで済ませられる方は、同じようなネットのプランでみおふぉんなら4000円の節約ができるので、全体的にスマホの利用量が少ない方には、節約方法としておすすめです。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top