スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

MNPから新規で買う時代!auの第4世代iPad RetinaやiPad miniが新規一括で安売りされている

MNPによるキャッシュバックが、4月に入ってから沈静化しているというニュースが出ています。
実際に販売店のツイッターだとauとほんの一部のSoftBank以外のスマートフォンではMNPにキャッシュバックがついてくるという契約内容は出てきていません。
近所の携帯ショップや家電量販店の携帯コーナーも、全然人がいないのを感じています。もしかしらこれから小さな携帯ショップは閉店していってしまうかもしれません。

MNPでたくさんの客を集めていた店はこれからどうやって生き残っていくのでしょうか。
その一つの解決策となりそう契約内容が出てきました。
それが、MNPではなくて新規で安く売るというものです。
今回は、人気のiPadが新規一括でとても安く買えるようになっているので、それを紹介したいとおもいます。

スポンサードリンク

 

iPad miniが新規で一括1万円、第4世代iPad Retinaが2万円〜

新規だと普通、古い端末が安売りされるイメージです。この契約内容も古い型落ちの端末なのですが、型落ちといってもiPadの安売りです。
iPadの安売りというのは、それが型落ちだとしても結構珍しいとおもいます。
安いのはiPad miniと第4世代のiPad Retinaです。重いですが性能は確かなiPad Retinaはちょっと高い新規の価格です。2万円〜という感じで、店によっては1万円以下という話も出ています。解像度が低い初代iPad miniは、1万円ぐらいで新規でも買えます。こちらは結構見かけますね。

 

 

au使いなら維持費用も高くない

気になる維持費用ですが、ツイッターでの契約条件にはLTEフラット for Tabかデータシェアプランが必要と書いてあります。まずこの2つのプランで維持費用を計算しましょう。

  • 5616:LTEフラット for Tab(i)
  • 324:LTEネット
  • 5940円:合計

LTEフラット for Tabだけで契約すると、このように維持費用は高くなってしまいます。これだとWi-Fi版を買って格安ルーターとかで使ったほうがいいかもしれません。
次に紹介するように、auのスマートフォンをフラットプランで使っていない方には、高い買い物になってしまいます。

  • LTEフラット for Tab(i)
  • 先取り!データシェアキャンペーン適用
  • 1080円:合計

データシェアだと1080円で毎月使えます。これなら安いと感じられるとおもいます。
データシェアには、auのスマートフォンでフラットプランに加入していることが条件です。auを今使っている方は、1080円毎月料金が高くなってしまいますが、それでiPadを運用できるなら良い方法だとおもいます。

  • 0~5122:LTEダブル定額 for Tab(i)
  • 0または324:LTEネット
  • 504:auWi-Fiスポット
  • 504円:合計

一応ゼロから定額の方も紹介しておきます。これは最低維持費用のためのプランです。auのスマートフォンでフラットプランに加入している方は、データシェアでの格安運用かゼロから定額の最低維持が使えます。
ゼロから定額の維持費用は、基本料が無料ですが、Wi-Fiスポット料金が必須なため、0円ではなく500円です。これがiPadの最低維持費用になります。
ゼロから定額をするぐらいなら、数百円足して普通にデータシェアでプランを組んだ方が、フラット回線が自由に使えて良いのではと感じます。

auを使っていて、タブレットの購入を検討していた方は、iPadが新規契約で一括1,2万円で買えて、1080円の追加料金で運用できるのでとてもオトクな契約内容だとおもいます。

MNPでは安売りも無くなってしまいましたが、こういう新規でも安いスマートフォンやタブレットが今後出て来るかもしれません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top