スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

3月からXperia Z1 SOL23がMNP一括0円端末に!キャッシュバックも平均1万円

ついに始まったようです。人気が高いスマートフォン、SONYのXperia Z1ですが、ついにau版のほうの「Xperia Z1 SOL21」がMNP一括0円という売られ方をするようになりました。
これは3月から始まったもので、これまではMNP一括1万7000円ぐらいでした。それが3月に入ってから、auがインセンティブをあげたのでしょう、MNP一括0円で売られ始め、結構多くの携帯ショップでさらにキャッシュバックがつくようになりました。
MNPで安くなりましたが、別に値段や毎月割などの割引額が下がったというわけではありません。
毎月割の額がそのままで、MNPだけに安売りのテコ入れが入ったようです。

今回はついに安売りが始まったXperia Z1のMNP一括0円情報と毎月割付きの運用費用を紹介したいとおもいます。

スポンサードリンク

 

冬モデル2台目のMNP一括0円

auの冬モデルとしては、これが2台目のMNP一括0円端末となりました。
LGL22 isaiの次に安売り用端末となったようです。その他の冬モデルは、まだまだMNP一括0円になっておらず、一括1万5000円ぐらいになっています。
docomoのXperia Z1もまだMNPでは3万円以上は確実にします。
こうした中では人気端末なのに早い安売りとなりました。しかもMNP一括0円ではなく、そこにさらに1万円のキャッシュバックがつく形でスタートしました。

このキャッシュバック1万円は、コンテンツなしの平均額です。コンテンツやU25割を合わせれば、もっと高いキャッシュバックになるでしょう。
安くなったとおもったら、いきなりのキャッシュバックつきです。

 

 

毎月割は1680円

安くなったといっても、今回の安売りでは毎月割の変更はありませんでした。
今まで通りの値引額のまま、安く使えるということになります。
毎月割は1680円です。スマートパスをつけての値です。 スマートパスをつけた状態での、毎月の運用費用はこうなります。

  • 980:LTEプラン
  • 315:LTEネット
  • 5985:LTEフラット
  • 390:auスマートパス
  • -980:auにかえる割
  • -1680:毎月割
  • 5010円:合計

運用費用は5010円となります。スマートバリューが付けられれば3500円ぐらいです。
運用費用はお世辞にも安いとはいえません。MNP一括0円でキャッシュバックつきだから我慢できる料金という感じです。
最低維持費用は、980円です。フラットとかを全部解除すればこの料金で毎月最低維持になります。

 

今auは2台同時、3台同時だとキャッシュバックが増えるキャンペーンをしていますので、もしもauへMNPするならば、2台同時でMNPするとオトクになります。今回のXperia Z1 SOL23とセットで、HTL22やLGL22、iPhone5sとセットで購入すれば0円で複数のスマートフォンを買えて、キャッシュバックもついてくるので、普通に1台づつ買うよりも何倍もオトクになるでしょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top