スマホ辞典

スマートフォンの契約、MVNO格安SIMや格安スマホの使い方を徹底解説!

Kindle Paperwhiteを定価以上の1万1000円で買取してくれる白ロムショップ

Kindle paperwhiteの2013年度版モデルが、9980円で10月22日から発売されます。
このKindle paperwhiteですが、どうやら日本では海外の価格よりも安く手に入るのか、そもそも海外では発売されていないのかわかりませんが、海外へ白ロムを卸している業者で、買取価格が定価よりも安くなっているという状態になっています。
つまり、このKindle paperwhiteを買えば買うほど、わずかながらにお金が儲けられるという状況なのです。

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

新品価格
¥9,980から
(2013/10/21 19:31時点)

今回は、このKindlepaperwhiteを定価である9980円以上で買い取ってくれる白ロムショップをご紹介したいとおもいます。

 

スポンサードリンク

Kindle paperwhiteは、Amazonで9980円になっています。これは普通の家電量販店や、Amazonでもこの価格です。アップル製品のように値下げをしない形で販売されることでしょう。
このおよそ1万円で買えるKindle paperwhiteですが、一部の白ロムショップが買取額を1万1000円で買ってくれます。

今回はそうした定価超え買取を見せるショップを紹介しましょう。

モバイル一番(通称:海峡)

http://haixiatongxin.sakura.ne.jp/

赤羽駅前にある白ロムショップです。比較的入りやすいお店でもあります。
中国人オーナーのお店ですが、日本人もいるのでそれほどアングラな雰囲気はありません。
郵送買取りを行っているので、地方の方も気軽に売却できるとおもいます。ただし、Kindle paperwhiteのみの場合は10台からの発送に限るようです。
こちらの買取額は1万1000円です。

携帯商店(通称:コリアン)

http://www.keitaikaitori.info/

こちらは新大久保に店舗を構える白ロムショップです。
コリアンタウンに位置することから、ネット上ではコリアンという愛称で呼ばれていますが、位置的にコリアンタウンの外れ側、どちらかという東南アジア系のお店が多いところにお店が有ります。
こちらはマンションの一室なので、少し入りづらいとおもいます。ですが、絶え間なく人が出入りしているので、それほど危険な目に合う、というリスクはないかとおもいます。
こちらも郵送では10台から、ただし他の端末と一緒なら1台からでも平気のようです。

 

 

まだ、発売前ということもあって、この2店舗しか買取額を発表していませんが、今後他のお店でもどんどん発表してくるとおもわれます。とりあえず、「トゥインクルモバイル」、「モバイルヘッド」といった秋葉原にある白ロムショップでも今後はKindle paperwhiteを取り扱いとおもうので、お近くの店を探して買取額を調べてみてください。
この中のお店はほとんど中国人が経営しているので、買取してもらうのが怖いと考えている方は、モバイルヘッドにいくことをおすすめします。こちらは古くから営業しており、日本人の方が経営しているので少しは安全だとおもいます。ただ、こちらのお店はちょっと買取額が低い時があり、たまに端末の状態に関してうるさい時があります。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top